Now Loading...

戎大黒祭が高浜神社で開催!縁起物を手に見る巫女の神楽奉納

更新日:2022/1/20 obaq
戎大黒祭が高浜神社で開催!縁起物を手に見る巫女の神楽奉納

吹田市の高浜神社で開催される「戎大黒祭」

日本の政治の中心は江戸時代に東京に移りましたが、天下の台所は変わることなく大阪が経済をリードし続けています。無数の商人が商売を競う関西地方では各地で、年始に商売繁盛を願う行事が行われています。1月9日から3日間行われる「十日戎」では、軽やかなお囃子に合わせて、「商売繁盛で笹持って来い」と歌われるのです。大阪府吹田市に社殿を構える高浜神社では、「戎大黒祭」が開催されています。

高浜神社の「戎大黒祭」の幟

高浜神社の創立年代はつまびらかにはなっていませんが、5世紀前後の大和朝廷の時代に、河内の国で権勢を誇った豪族の次田連(すきたむらじ)の一族がこの地に移り住んだ際に、氏神神社を造営したのが始まりとされています。

高浜神社の本殿

本殿前の参拝者の行列

鳥居

戎殿での巫女による神楽の奉納

「戎大黒祭」の3日間、本殿の西には戎殿に向かって、縁起物がずらりと並びます。ここで縁起物を求めると、巫女による神楽の奉納をして頂けます。きっと、商売繫盛や家内安全がもたらされることでしょう。

本殿から西の戎殿に向かってずらりと並ぶ縁起物

本殿から西の戎殿に向かってずらりと並ぶ縁起物

巫女による神楽の奉納

巫女による神楽の奉納

巫女による神楽の奉納

バラエティー豊富な縁起物

神社では本殿の西や境内の特設テントには、バラエティー豊富な縁起物が溢れます。福笹をはじめ、熊手、福箕などに恵比寿様、お多福、大判小判、鯛などがデザインされます。熊手を使えば福をかき込むことができるでしょう。福箕では福をすくいとることができるでしょう。

縁起物を授与してくれる福娘

福笹

福笹

熊手

福箕

福箕

福箕

例年企画される多彩な催し物

「戎大黒祭」では例年、多彩な催し物が企画されています。2022年は新型コロナウイルス感染防止のため、カラオケ大会、民謡大会、昆布茶と甘酒の振る舞いは中止となりました。ところが、参拝者に人気の新春大福引は実施されました。9、10日に2000円以上の縁起物を求めると、豪華賞品が当たる福引券を頂くことができます。

「戎大黒祭」の催し物案内

2022年の福引出玉表

2022年の福引会場

高浜神社はJR東海道線の吹田駅の南約500メートル、阪急線の相川駅の西約600メートルのところに社殿を構えています。JR東海道線の吹田駅からは高浜神社までは、旭通商店街が一本道で繋いでいます。

JR東海道線の吹田駅

旭通商店街

大阪府吹田市の高浜神社では、例年1月9~11日に「戎大黒祭」が開催されています。祭の3日間には本殿から戎殿に向かって縁起物がずらりと並び、ここで縁起物を求めると、巫女が神楽の奉納をしてくれます。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事