Now Loading...

【とちぎ山車会館】一年中館内に満ち溢れる「とちぎ秋まつり」の迫力と熱気

更新日:2020/11/12 obaq
【とちぎ山車会館】一年中館内に満ち溢れる「とちぎ秋まつり」の迫力と熱気

栃木県栃木市の蔵の街大通り沿いに建つ「とちぎ山車会館」

全国各地で開催されるオマツリは、毎年定期的に行われるのが一般的ですが、栃木県栃木市の「とちぎ秋まつり」は2年に1度のサイクルで実施されています。ところが、市内の蔵の街大通り沿いに1995年にオープンした「とちぎ山車会館」では、一年を通して「とちぎ秋まつり」の雰囲気で満ち溢れています。

蔵の街大通り沿いに1995年にオープンした「とちぎ山車会館」

「とちぎ山車会館」の外観

2年サイクルのオマツリの欲求不満を解消する「とちぎ山車会館」

「とちぎ秋まつり」は偶数年の11月中旬の土、日曜日を中心に行われています。

偶数年の11月中旬に行われる「とちぎ秋まつり」

偶数年の11月中旬に行われる「とちぎ秋まつり」

2年サイクルのオマツリが物足りなく感じる人の欲求不満を解消してくれるのが、「とちぎ山車会館」です。

「とちぎ山車会館」のエントランス

「とちぎ山車会館」のエントランス

「とちぎ山車会館」のエントランスのフォトパネル

一年を通して「とちぎ秋まつり」の熱気が漲るホール

1階のホールでは、県指定有形民俗文化財の山車の保存も兼ね、定期的に入れ替えをしながら3台の山車を常時展示しています。

ホールで展示する山車の案内

山車は、「とちぎ秋まつり」の当日は遠くからしか見ることができないものでしょう。ところがホールに展示されていれば、間近で細部まで観察することができます。

山車が常時展示される1階ホール

ホールに展示される万町三丁目の「素戔嗚尊」の山車

ホールに展示される万町一丁目の「天照大神」の山車

ホールに展示される万町二丁目の「日本武尊」の山車

1階のホールでは山車が展示されるばかりでなく巨大なディスプレイが設けられ、実際の「とちぎ秋まつり」の様子が映し出されます。等身大の画像には迫力が漲り、これにデジタルサウンドが加わり、ホール内には熱気が漲ります。

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

1階ホールのディスプレイに映し出される「とちぎ秋まつり」の様子

伝統行事の意義を再確認することができる資料展示室

館内の2階は資料展示室となっています。室内には「とちぎ秋まつり」で巡行する山車の模型をはじめ、様々な資料が展示されているので、伝統行事の意義を再確認することもできるでしょう。

2階の資料展示室

2階の資料展示室

2階の資料展示室

2階の資料展示室

2階の資料展示室

隔年に開催される「とちぎ秋まつり」ですが、2020年は新型コロナウイルス感染防止のため中止となってしまいました。通常のサイクルが適用されると次は2022年となるのですが、館内に掲示されるポスターを見ると、次回の日程は2021年の11月12、13、14日で既に決定しているようです。

館内に掲示される次回の「とちぎ秋まつり」のポスター

栃木県栃木市の「とちぎ山車会館」では、一年を通して「とちぎ秋まつり」の迫力と熱気が満ち溢れています。1階のホールでは、巨大なディスプレイに「とちぎ秋まつり」の様子が毎日映し出されているので、次回の開催が待ちきれない人の欲求不満を解消してくれることでしょう。

祭り開催情報

名称 とちぎ秋まつり
開催場所 栃木県栃木市
とちぎ蔵の街大通
開催日 2020年11月6日(金)~2020年11月8日(日)
主催者 栃木市産業振興部観光振興課
アクセス 【電車】
JR両毛線栃木駅・東武日光線栃木駅から徒歩約15分

【車】東北自動車道栃木ICから約10分
関連サイト https://www.tochigiji.or.jp/event/8263/
https://www.tochigi-kankou.or.jp/news...
obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事