Now Loading...

【東京クリスマスマーケット2020】日比谷公園で12月10日(木)から開催

【東京クリスマスマーケット2020】日比谷公園で12月10日(木)から開催

2015年、クリスマスマーケット発祥の地、ドイツ-ドレスデンのクリスマスマーケットをモチーフに、日比谷公園で初開催。昨年度、芝公園での開催では20日間で20万人以上が来場した。今年は日比谷公園に戻り12月10日(木)~25日(金)までの16日間、開催を決定。飲食20店舗、雑貨10店舗が並ぶ予定で、楽団によるライブ演奏やワークショップなどもあり、ヨーロッパさながらのクリスマススタイルを満喫できる。

クリスマスマーケットとは

クリスマスマーケットの様子

「クリスマスマーケット」は、ドイツをはじめヨーロッパ各地にある、中世から続く伝統的なお祭りである。

どこの街でも、中心部の広場では特徴的なクリスマスのデコレーションに、イルミネーション、そして伝統的なお菓子やグリューワイン(ホットワイン)、雑貨などが屋台で売られ、11月末から12月25日までのクリスマス・シーズンには欠かせない風物詩となっている。ロマンティックな雰囲気の中、仲間とグリューワイン(ホットワイン)を飲み交わしながら、クリスマス用の飾りやプレゼントを選んだりするのも、「クリスマスマーケット」ならではの楽しみ。

東京クリスマスマーケット2020の楽しみ方

東京クリスマスマーケット2020の様子

1. ドイツからやってきた巨大な木工芸品『クリスマスピラミッド』は世界最大級の高さ14m以上、都会のビル街にそびえる姿は圧巻!インスタ映えするリースのフォトスポットやクリスマスリースの壁も設置される。

2. 2020オリジナルカップ
クリスマスマーケットには欠かせない「グリューワイン」(ホットワイン)を、オリジナルマグカップで提供。

3. 寒い冬にぴったりな「スープ、シチュー」で心も体もポカポカ。

4. 会場には様々なヨーロピアンスイーツも!
ドイツのクリスマスの定番「シュトーレン」は1カット売りでも販売!
有名パティシエ辻口博啓さんの「シュトーレン」は要チェック!
ノイシュヴァンシュタイン城の「王様の揚げドーナッツ」の新食感はくせになる。

5. ドイツ・エルツ地方にあるザイフェン村は、
くるみ割り人形など、木のおもちゃ作りで有名。そのザイフェン村からクリスマスオーナメントや木工芸品が300種類以上!国内ではどこよりも安く販売される。

6. キャンドルやスノードームを作るワークショップは毎年人気!
ウェブから予約が可能。

7. 日本を代表するゴスペルグループ、オペラなど、ライブが毎日楽しめる。

実施概要

名称:東京クリスマスマーケット2020 in 日比谷公園

日時:2020年12月10日(木)~25日(金)
11:00~22:00(L.O.21:30) ※初日:16:00~22:00

会場:日比谷公園 噴水広場

主催:東京クリスマスマーケット実行委員会

後援:ドイツ連邦共和国大使館/ドイツ観光局/バイエルン州 駐日代表部/ザクセン州観光局/ザイフェン村/東京都/千代田区(予定)

協力:SKWイーストアジア

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事