Now Loading...

東京エクストリームウォーク 42.195 OVERNIGHT -究極のお散歩イベント-

更新日:2020/12/11 ちゃそっこ
東京エクストリームウォーク 42.195 OVERNIGHT -究極のお散歩イベント-

秋と言えば、スポーツ!ということで、日々お祭り巡りなどの散歩を楽しんでいるライターは、散歩祭だと思い「東京エクストリームウォーク42.195 OVERNIGHT」にチャレンジしてみました。最初のうちは楽勝で、徹夜になるのが嫌だから、早く歩き終えて終電で帰ろうと思っていましたが、意外とゴールまでギリギリの時間設定で、しかもラストの方は足に来ます。という感じで、結果は完歩できず撃沈しましたが、沢山の思い出ができ、途中リタイア前提で参加しても深夜の東京を楽しめる面白いイベントとなりました。

東京エクストリームウォーク 42.195 OVERNIGHTとは?

「東京エクストリームウォーク 42.195 OVERNIGHT」とは、朝日新聞社と株式会社アールビーズが主催する秋の夜の東京を10時間以内に42.195km歩ききるイベントです。体力と気力が問われる「エクストリーム(過激)」なウォーキング! 3密を避けるために、2020年9月18日(金) 19時 ~ 11月1日(日) の開催期間中、好きな日、好きな時間(19時以降)にスタートし、翌5時までにゴールすることを目指します。アプリ上に設定されたマラソンコースを楽しむことが出来るウォーキングイベントです。途中までは終電で帰ることしか考えていませんでしたが、結果は名前通りエクストリームなウォーキングとなりました笑

■東京エクストリームウォーク 42.195 OVERNIGHT
https://www.asahi.com/sports/events/tokyoxtremewalk42195/

【S】 明治神宮外苑いちょう並木⇒① 日本橋⇒ ② 雷門⇒ ➂銀座 ⇒ ④ 芝公園⇒ ⑤二重橋⇒【F】 明治神宮外苑いちょう並木 といったコースを順番にまわって行きます。行き帰りで重複する部分もあり、コースに慣れていなかったので迷いました。昼間の散歩やコースのロスが終盤に大きく響いてくるので要注意でした。

スタートから浅草雷門まで

19時に明治神宮外苑いちょう並木からスタートしました。アプリ上のコースだと、ざっくりとした道しか記されていないので、最初は道の右なのか、左なのか、信号はどこを渡ったらいいのか等、勝手が分からず、枝葉末節の部分で戸惑いながらスタートしました。他にも参加者らしき人がいたので、最悪でも分からないところはついていけばいいかと思い少し安心しました。

①の日本橋までの間にチェックポイントが何もなく、信号や横断歩道で時間をロスしながらひたすら長い道のりを突き進みました。途中、⑤の皇居の方を通過して①まで進むのか良く分からず、他の参加者について行きましたが、①に直接行けばよかったようで、他の参加者の間違いにつられてロスしたのが痛かったです。

神田駅の炭治郎と禰豆子的な銅像

丁度フジテレビで『鬼滅の刃』をやっているぐらいの時間だったので、終電に間に合いそうもないし、どうしてこんな辛いイベントに参加してしまったのだろうかと後悔の念を感じはじめた時間でもありました。神田駅にあった『鬼滅の刃』っぽい銅像が思い出されます。

①の日本橋を通過し、②の浅草雷門へ。この道のりもまた長く、静かで大変でした。終電にも間に合いそうにないし、何故参加してしまったのか後悔してましたが、雷門付近の景色が綺麗でやる気が戻って来ました。

浅草雷門から芝公園まで

深夜の静けさの中、孤独な闘いです。応援してくれるのは、浜町付近のしょうべん小僧だけ。
ちゃっかりマスクを付けてましたが、もっと他にマスク付けた方が良い場所があるのではないかと思いました。

江戸の食文化をはじめ芸能・工芸・文化論等を学べる江戸文化道場。夜も光に当たり、おしゃれな雰囲気がしています。ここから少し歩くと、茅場町あたりに入ります。少し前まで証券図書館が入っていた東京証券会館を通り過ぎて、また日本橋付近に戻って来ました。

日本橋~八重洲~京橋~銀座~新橋と長い道程を通過して行きます。長い道程ではありますが、とても綺麗な景色でした。人がおらず、綺麗なイルミネーションを独占できる、とても豪華なひと時でした。新橋あたりになると、人が増えてきて生活感が戻ってきましたが、このあたりから足に違和感を感じるようになってきました。そんな状態の中、東京タワー近くの芝公園まで到着することが出来ました。

芝公園からラストまで

芝公園からはひたすら新橋~銀座~日本橋~神田と来た道を折り返す状態で、半分来たかという達成感と同時に足に負担が感じられるようになってました。道路の黄色の点字ブロックや段差が気になり、踏むと痛く感じるようになりました。昼間の散歩が悔やまれます。それでも、前へ前へと突き進み、皇居付近のチェックポイント二重橋に到着。チェックポイント付近には砂利道の部分があり、そこを通らないといけないので足へのダメージが結構きました。他の参加者と思われる人はチェックポイントを完全にスルーしてました笑 チェックポイントで写真を撮らないといけないのですが、一体どうしたのでしょうか笑

二重橋からいよいよラストの新国立競技場、明治神宮外苑いちょう並木へと戻ります。
竹橋の毎日新聞社付近のトイレに休憩がてら立ち寄りましたが、そこで足がつってしまい事態が急変。
これはゴール自体が難しいのではという状態になってしまいましたが、行けるところまでを目標に進みました。

27時ぐらいの小学館。名前は小学館ですが、大人の下校は遅いようでした。お疲れ様です。

そのまま何とか飯田橋を越えるところぐらいまでは頑張って行けました。何度もレンタル自転車に乗ろうか、タクシーでゴールに行こうかと誘惑がありましたが、徒歩で頑張れるところまで粘りました。『鬼滅の刃』ではピンチの時、全集中の呼吸とか、ヒノカミ神楽とか覚醒して乗り切るのでしょうが、こちらは特に鬼と戦うイベントでもないので、市ヶ谷駅でリタイヤしました。それでもかなりのダメージを負いましたが、また次回に向けて日々の鍛錬を行い、再チャレンジしたいと思いました。

「東京エクストリームウォーク 42.195 OVERNIGHT」の様子をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
夜の東京を楽しめますので、体力づくりも兼ねて次の機会にチャレンジしてみませんか?また、実はこのイベント更に上があります。。。。(遠い目)

「東京エクストリームウォーク100」
小田原城址公園をスタートし、東京・築地にある朝日新聞東京本社にゴールする100kmウォーク。
制限時間は26時間。
https://www.asahi.com/sports/events/tokyoxtremewalk100/

ちゃそっこ
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
東京を中心にお祭り巡りをしている、ちゃそっこです。町内のお祭りから建国記念パレードまで楽しそうなお祭りであれば、大体何処にでも出現します。悩みは夏祭りの予定かぶり。※2021年5月ライター契約終了。2021年6月~フリーライター

あわせて読みたい記事