Now Loading...

<大人の豆知識>ローマ教皇(Pope)と「パパ」の語源は一緒だった!?

更新日:2022/6/15 マサ
<大人の豆知識>ローマ教皇(Pope)と「パパ」の語源は一緒だった!?

2022年の6月19日は「父の日」です。そこで今回は、父の日にまつわるトリビアをご紹介したいと思います!

みなさん、子どもの頃に、お父さんのことを「パパ」と呼んでいた時期がありませんでしたか? ちなみに筆者の育った家庭では、厳格でもないのに両親を「パパ」「ママ」と呼ぷことは禁止され、「お父さん」「お母さん」と呼ばねばなりませんでした。

この「パパ」の語源・由来ですが、赤ちゃんにとって「パ・マ・バ」は発音しやすいからということもあるみたいですが、有力なのはギリシャ語の「pappas(父という意味)」が語源であるという説です。これは、ローマ教皇という意味の英語「Pope」と同じ語源です(諸説あり)。

余談ですが、日本では、以前まではローマ法王という呼び方が一般的でしたが、2019年、日本政府が教皇フランシスコ訪日に合わせて「教皇」という呼称に統一すると発表しました。

また、ローマ教皇つながりで、ここでキリスト教にまつわるトリビアを。

「神父」と「牧師」という2つの言葉があります。同じように捉えている方も多いかも知れませんが、これら2つには明確な違いがあるそうです。

「神父」はカトリック教会での聖職者の呼び方であり、「牧師」はプロテスタント教会での呼び方となります。

なお、筆者は「香取慎吾はプロボクサー」として覚えるようにしております。
→カトリ(カトリック)シン(神父)ゴは、プロ(プロテスタント)ボク(牧師)サー

さて、ここまで「パパ」「父」にまつわる話をしてきましたが、今回は「父」にちなんで、「秩父」で行われる、おすすめのお祭りをご紹介したいと思います!

参考記事:
【パパ 】4つの語源・由来/中国語との意外な関係と何語なのかも解説」(言葉の名人)
神父と牧師、結婚式でお世話になるのはどちら?」(マイナビニュース)

秩父の祭りといえば、「秩父川瀬祭」!

毎年7月19日、20日に行われる「秩父川瀬祭」は、秩父神社の夏祭りであり、冬の秩父夜祭と対比するお祭りといわれ、夜祭に対して昼の祭り、大人に対して子供のお祭りとなります。よって、主役は子どもたちが務める、子どもが中心のお祭りです。絢爛豪華な山車も曳き廻され、夜には花火も打ち上げられます。

20日の大祭では、重量約400kgもの白木造りの神社神輿が荒川の清流の中へと入る「神輿洗いの儀式」が行われます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

祭り魂(@banana_sennin)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

まつりとりっぷ(@matsuritrip)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野 和彦(@kiyonokazuhiko)がシェアした投稿

かわいらしい面と荒々しい面を備える秩父川瀬祭ですが、秩父市観光課によりますと、2022年度は開催する方向で準備しているとのこと(詳細は秩父市観光課にご確認ください)。

去年と一昨年は中止となった分、今年は大いに盛り上がること必至と思われますので、ぜひ皆さんも奮ってご参加を!

参考記事:
秩父川瀬祭」(秩父観光なび)

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 秩父川瀬祭
開催場所 埼玉県秩父市番場町1-3
埼玉県秩父市 秩父神社
開催日 2022年7月19日(火)、2022年7月20日(水)
アクセス 秩父鉄道秩父駅から徒歩3分(秩父神社)
関連サイト http://www.chichibuji.gr.jp/2022kawase/
https://www.mapple.net/spot/11000408/
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
雑学大好き、人間大好き男です!
異文化交流という名目の下、週末は色んな人と飲んでおります。

あわせて読みたい記事