Now Loading...

豊田駅開業120周年記念 -豊田南第一公園でのお祝い- 【速報】

更新日:2021/2/21 ちゃそっこ
豊田駅開業120周年記念 -豊田南第一公園でのお祝い- 【速報】

2月20日(土)、開業120周年を迎える豊田駅の開業記念花火に参加して来ました。1901年当時はお祝いとして、21発の花火を打ち上げたとのことですが、新型コロナ禍においても、みんなが楽しめるカタチで記念イベントを行っており、とても良かったなと思いました。今回はその様子をレポートいたします。

【日野市】花火が日野市の夜空を彩ります。豊田駅開業120年記念花火が2月20日に!

豊田駅開業120周年記念

掲示されているポスターの通りですが「豊田駅は地域の寄付金等で建設。明治34(1901)年2月22日に開業しました、地元ではお祝いに21発の花火を打上げたそうです」とあり、安田財閥の「豊田駅」プレートは今でも残っているようです。

豊田駅を降りると、後2日で120周年というカウントダウンの案内が出ておりました。手作りで、丁寧に運営されていることが伝わってきます。

ステンドグラス風のデザイン作品。豊田駅120周年を盛り上げるよう掲示されております。

駅の南口には120周年の「豊田むかし写真展」が行われておりました。昔の写真と今の写真の比較がされていたり、昔から豊田駅付近に住んでいた方には、一般の来訪者以上に感慨深いものがあるのではないかと思いました。

豊田駅の周辺の様子は?

花火まで時間があったので、北口付近を散歩しておりました。イオンモールがあり、休憩がてら中を見ましたが、沢山の人がおり、豊田駅のイメージが変わりました。イオンモールの中は完全に区部のお洒落スポットと同じで、綺麗なお店や沢山の人で賑わっています。周辺の飲み屋は結構盛ってました。

多摩の森を意識した可愛らしいポスターが掲示されておりました。日も暮れて来たので、そろそろ花火会場の豊田南第一公園に向かおうと思った時に目に入ったので、正に「おたのしみ、モリモリ」といった感じでテンションが上がりました笑

花火会場 豊田南第一公園の様子

暫く歩くと会場に着きました。写真撮るの下手だなと思われる方も多いかとは思いますが、本当に真っ暗で何も見えません。東京都内でも都心部を除く他の地域の夜は本当に暗いところが多いです。

会場に設置された花火がありました。このような打上設備のようです。思ったよりシンプルでTVで見るのとは違うなと思いました。防御シールドのようなものもありました。

点火スイッチか何かのようです。黒・赤・グレーと配線が見え、それぞれに役割が違うようです。

花火の打ち上げの様子

早速花火の打ち上げがはじまりました。25発ということで、スターマイン等の沢山の花火を豪華絢爛に打ち上げるような花火大会とは違いますが、新型コロナ禍で殆ど打ち上げ花火が見られない中、豊田駅開業120周年のお祝いとして、1発1発丁寧に打ち上げられていく様子を見ることが出来て、皆さん興奮しておりました。動画では子ども達がはしゃいでいて、このような花火は本当に良いものだなと思いました。終わった後は、拍手喝采で、皆さん満足して帰路についていました。

何万発という感動の花火もありますが、新型コロナで花火がない中、記念として120年ぶりの花火打ち上げという話もあり、25発の花火が効果的で、とても味わい深いものとなりました。株式会社オマツリジャパンでは花火専門ライターさんもおり、今後も読者の皆さんの参考になる情報をお届け出来ると思いますし、これからのJR豊田駅と花火業界が益々楽しみです。

 

ちゃそっこ
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
東京を中心にお祭り巡りをしている、ちゃそっこです。町内のお祭りから建国記念パレードまで楽しそうなお祭りであれば、大体何処にでも出現します。悩みは夏祭りの予定かぶり。※2021年5月ライター契約終了。2021年6月~フリーライター

あわせて読みたい記事