Now Loading...

今が見頃♪遅咲き牡丹も美しい!上野東照宮ぼたん苑の「春のぼたん祭」

今が見頃♪遅咲き牡丹も美しい!上野東照宮ぼたん苑の「春のぼたん祭」

もうすぐゴールデンウィークですね。この記事では、東京にいながら日本庭園の美しさを楽しめる「上野東照宮ぼたん苑」をご紹介します。江戸情緒を感じながら、春の花の癒しを満喫できる穴場スポットです。現在、「上野東照宮ぼたん苑」では、110品種500株以上の牡丹が咲き誇る春のぼたん祭が開催中。混雑を避けて東京に残るという方も、東京観光にいらっしゃる方も、花舞う庭園でリラックスしませんか。

上野東照宮ぼたん苑とその道のり

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑について
「上野東照宮ぼたん苑」は、徳川家康公を御祭神とする上野東照宮の敷地内に位置する、回遊形式の日本庭園。昭和55年(1980年)4月、日中友好を記念し開苑しました。春は110品種500株、冬は40品種160株の牡丹が栽培されています。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑・案内板
「上野東照宮ぼたん苑」への道のりは、JR上野駅公園口より徒歩で約5分。「上野動物園」のとなり。大きな看板が出ていますので、初めての方でも迷わず「上野東照宮ぼたん苑」に着けるかと思います。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮の鳥居
「上野東照宮ぼたん苑」はこの先にあります。鳥居の右手には「東照宮第一売店」。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

東照宮第一売店
「東照宮第一売店」では食事をとることも可能。焼きそば450円、ラーメン500円とリーズナブル。上野名物「もんじゃまん」や「パンダそうめん」のポスターが気になりますね。でも、今回は食レポ取材ではないため断念。プライベートで来たときは、迷わず650円のカレーライスを注文しようと心に決めました。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑・入口
鳥居をくぐって少しすると、「上野東照宮ぼたん苑」の入口。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

券売機
入口には、入苑券用の券売機が設置されています。現金のほか交通系ICカードが利用可能。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

「春のぼたん祭」開催中
新緑に囲まれた苑内では、遅咲きの牡丹が見頃!中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹があでやかに咲き誇り、5月上旬からは芍薬も見頃を迎えるとのこと。

今が見頃!咲き誇る牡丹の花々

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

ボタンの花は「富貴」の象徴とされ、日本には奈良時代に中国から薬用植物として伝わりました。江戸時代以降、栽培が盛んになり数多くの品種が作り出され、季語として多くの俳句で詠まれたり、絵画や文様、家紋としても親しまれたりしてきた花です。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

レタスのように見えますが「まりも」というれっきとした牡丹。中国品種と日本品種の自然交配によるもので、緑色の花が咲く珍しい品種。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

ありさんと ありさんと こっつんこ

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

春の草花にも酔いしれよう!

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

苑内にはボタンの他に、シャクナゲやスミレ、アヤメなどの草花も楽しむことができます。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

春紅葉。春の短い時期にだけみられる自然現象。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

妖精さんが姿を現しそうな世界観を感じます。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

雅ですね……。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

日本庭園の魅力に酔いしれる

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

苑内からは旧寛永寺五重塔や東照宮の参道に並ぶ石灯籠を見る事ができ、季節感のある写真が撮影できるフォトスポットも多数。苑内の随所で苔玉や盆栽などを楽しむことができます。皆様も素敵な写真を残してくださいね。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

旧寛永寺五重塔と枯山水の日本庭園。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

苑内は回遊形式の日本庭園になっており、ゆっくり廻ると1時間半ほど。途中所々に休憩所が備わっています。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

穀雨とは二十四節気の一つ。4月20日の頃。田畑の準備が整いそれに合わせて降る雨のことで、穀物の成長を助けると言われています。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

旧寛永寺五重塔と鯉のぼり。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

パンダが戯れる盆栽。上野といえばパンダですね。ちなみに筆者は「カンカン」「ランラン」の世代です。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

ここにもパンダが。お子様やお孫さんとパンダを探すのも楽しそう……。

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

まとめ

上野東照宮ぼたん苑(春のぼたん祭・2023)

この記事では、「上野東照宮ぼたん苑」をご紹介しました。花舞う風情溢れる庭園は、都会の喧騒を忘れさせてくれます。日本の伝統文化を感じながら、都心でのほんのひとときの癒しと安らぎの時間を過ごしてみませんか。最後までご覧いただきありがとうございました。

春のぼたん祭
開苑期間:2023年4月8日(土) ~ 5月7日(日)
※天候や情勢により会期が変更となる場合がございます。
開苑時間:午前9時00分~午後5時00分(入苑締切)
入苑料 :大人(中学生以上)1000円
団体 (15名以上) 800円
小学生以下無料

上野東照宮ぼたん苑
住所  :〒110-0007 東京都台東区上野公園9-88
アクセス:JR上野駅 公園口より徒歩5分
京成電鉄京成上野駅 池之端口より徒歩5分
東京メトロ根津駅 2番出口より徒歩10分
上野東照宮ぼたん苑 公式サイト

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1969年,東京生まれ。ライター。写真家。美術家。masART STUDIO主宰。東京の郊外を拠点に活動。Webメディアで執筆の傍ら,人工構造物をモチーフとしたフォトモンタージュ作品を制作する。目標は,ダイエットと,ITリテラシーを高めること。

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事