Now Loading...

【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】ここは盆踊りのテーマパーク!同時多発踊りに驚愕せよ!

【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】ここは盆踊りのテーマパーク!同時多発踊りに驚愕せよ!

東京では9月に入っても、盆踊りが週末を中心に開催される。多くは神社の秋祭りと関連して行われることから『奉納踊り』の名で親しまれているのだ。
9月の敬老の日に近い三連休の前日である金曜日から日曜日の3日間、墨田区の牛嶋神社では毎年恒例の祭礼が行われる。ところがここでは49ある氏子町会が独自に祭礼を行い、なんと30以上の町会で独自の奉納踊りが行われるのだ。
開催日時は各々異なるものの、これほど同時多発で踊りが開催されるのは、都内下町でも祭りの盛んな墨田区だけ。否、日本でもここだけだろう!
この三日間、いまだかつてない興奮と驚愕の体験があなたを待ち構えている。

旧町名である氏子町会の一つ、小梅一丁目町会

※2020年は開催中止が決定しました

東京スカイツリーのお膝元が盆踊り一色に染まる!3日間開催の【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】

隅田川の東岸にある桜の名所・隅田公園。この公園に隣接して社殿を構える牛嶋神社は、平安時代前期の貞観2年(860年)にまで歴史を遡ることができ、本所地区の総鎮守として祀られている。

5年に一度の開催となる大祭。神幸祭(じんこうさい)鳳輦行列(ほうれんぎょうれつ)の様子

牛嶋神社の氏子町会は、北は花街の面影を残す向島や小梅、東京スカイツリーのすぐ近くである押上・中之郷から、南は両国や錦糸、西は隅田川沿いの吾妻橋・東駒形・本所・石原・横網・亀沢、東は太平・横川・業平と、およそ1.6キロ四方に計49を数える。

神幸祭鳳輦行列の神牛

毎年9月の祭礼時には、各々が独自に町会単位、すなわち『〇〇一丁目』『〇〇二丁目』という単位での祭礼行事を行う。町中に神輿や提灯が見られ、半纏や神輿の装束・浴衣姿に身を包んだ住民たちの姿で賑わうのだ。
祭り一色に染まる下町らしい光景に、祭り好きでなくとも胸が高まることは避けられない。

2017年大祭の際に発行された、墨田区観光協会による『牛嶋神社大祭ガイドブック』

5年に一度の大祭には、総勢150名による神幸祭(じんこうさい)鳳輦行列(ほうれんぎょうれつ)が行われ、まるで歴史絵巻の中にタイムスリップしたかの様だ。
この記事を執筆している2020年の時点で、次回は2022年の開催が予定されている。

東駒形二丁目町会。年によっては21時過ぎまで踊りが開催されることから、ここで踊り終わりとするハシゴ盆オドラーも多い

祭礼行事は町会神輿のほか、演芸大会やショーなどが行われるが、いちばん多いのが奉納踊り、すなわち盆踊りだ。

町会によってはマンションのロビーなど、雨をしのげる場所で開催することもある。業平一丁目町会

以下便宜上『盆踊り』で統一するが、実に30以上の町会が、この3日間に盆踊りを開催する。各町会が踊り場となる同時多発盆踊りは、まさに『盆踊りのテーマパーク』!
同じ通りに複数の櫓が並び、音の合間には隣の盆踊りの曲や太鼓も聴こえてくるほどだ。

牛嶋神社と江東亀戸天祖神社、双方の氏子となっている町会もある。横川二丁目町会

さらに『神明さま』の名で親しまれる江東亀戸天祖神社でも、牛嶋神社と同時期に祭礼を行い、同様に町会単位で盆踊りを行うところがある。加えて、二社双方の氏子となっている町会もあるのだ。

横川三丁目の交差点からの光景。南側には太平三丁目町会、西側は横川二丁目町会、北側は横川三丁目町会…と三か所の櫓を眺めることができる

この体験は他ではできぬ!町中盆踊りだらけという驚異の真実!

牛嶋神社氏子町会と江東亀戸天祖神社の踊り場を記した地図。Googleマップ上で筆者が編集したもの

2011年9月、はじめて【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】に参加したボクは、目的の踊り場からすぐ近所の町会でも盆踊りが行われていることを知る。そこへの移動中にも、別の町会に櫓がある様子、通りのあちこちに提灯が灯る姿に興奮し、終始アドレナリンが止まらなかった。

隅田川沿い、桜橋の東詰が踊り場となる。向島五丁目町西町会

小梅児童遊園を踊り場として開催。小梅一丁目町会(旧町名)

接近している踊り場は、互いの距離がわずか100メートルほど。同じ通りに4 箇所もの櫓が並ぶ『ゴールデンロード(筆者称)』では2つ先の櫓も見え、場所によっては三方向全てに櫓が見えることもある。

路上の雰囲気にも心あたたまる小梅二丁目町会(旧町名)

小梅二丁目町会の子ども神輿

はじめてこの洗礼を受けた者は、間違いなく盆オドラーとして開眼してしまうはずだ。

東京スカイツリーを間近に見上げる踊り場。中之郷町会(旧町名)

路上で太鼓を囲んで踊る。押上一丁目町会

さて、しばらくボクは毎年1箇所をベースに、あわよくば他の踊り場で踊れたら、という軽いノリで踊りを楽しんでいた。しかし、できることなら効率よく多くの踊り場を回りたい、他の踊り場ではどんな曲がかかるのか知りたい、という好奇心から、事前に全ての町会の情報をリサーチする様になる。

墨田区役所と同じ敷地内が踊り場となる。吾妻橋一丁目町会

東京スカイツリーの絶景を見ながら踊りを楽しめる。吾妻橋二丁目町会

下町風情漂う路上で踊る。吾妻橋三丁目町会

そして、踊り仲間とともに、3日間はこの踊り場巡りに命をかけることを決意。通称『牛嶋心中』!
ある年には一晩で10箇所の踊り場を回ることもあった。

ご縁があって、毎年最終日には筆者も櫓で踊らせていただく踊り場。東駒形一丁目町会

盆オドラーが必ず流れ着く場所。東駒形二丁目町会

やがて全ての踊り場を制覇するのだが、今では特にご縁ができて親しくなったところや、自分が行きたい踊り場を厳選する様にしている。いわゆる『荒らし』的にならない様心がけているつもりだ。

セットリストも魅力的。東駒形三丁目町会

横川公園を舞台に、フラダンスの披露も行われる。東駒形四丁目町会

だが、しかし。目当ての踊りが始まる前にここでは20分踊れる、移動中に踊りの誘惑に負け、ちょっと立ち寄って踊ってみる、そして踊り終わった後でも、あそこはまだ踊れるかも知れないから行ってみよう…といった欲求に逆らえず、毎年一晩で5、6箇所はハシゴしてしまうのだ。

一晩で複数のハシゴ盆踊りが可能!この楽しさを知ったらやめられない!

多くの盆オドラーで賑わう人気の踊り場。本所一丁目町会

ボク同様、ここでの楽しさを知れば、誰もがハシゴせざるを得なくなるだろう【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】。
各町会では、それぞれの櫓や装飾に手作り感や独自のアイデアが溢れており、踊り場を見て回るだけでも楽しい。
そしてもちろん、曲にも独自性がある。

摂社若宮牛嶋神社のある若宮公園は、大祭時に神牛が泊まる場所にもなる若宮公園。本所二丁目町会

子どもたちによる太鼓の演奏も楽しみ。本所三丁目町会

本四三ツ目児童遊園で開催となる。本所四丁目町会

その年のヒット曲や子どもたちに人気の曲が多くかかるところもあれば、《おしなりくん あい愛おんど》《言ちゃん音頭》といった、ご当地ゆるキャラにちなんだ音頭に親しむ踊り場も多い。

毎年早い時間から開催となる。石原一丁目町会

太鼓櫓を囲んで路上で踊る。石原二丁目町会

ご当地曲の《すみだ音頭》や《桜橋おどり》、東京スカイツリーにちなんだ《東京スカイツリー音頭》《TOKYOスカイツリーおどり》、メジャー曲の《東京音頭》《炭坑節》《大東京音頭》《八木節》といった曲はどの踊り場でも定番だ。

セットリストが多く、ハシゴのハブ拠点でもある。石原三丁目町会

定番曲からヒット曲まで、選曲センスも魅力。石原四丁目町会

また、《新二十一世紀音頭》や《花笠太鼓》といった昭和の名曲、《バハマ・ママ》も人気のナンバーとしてセットリスト化されている。

亀沢一丁目町会・二丁目町会の共同開催となる踊り場・緑町公園

《新二十一世紀音頭》と《ジェンカ》がキラーチューンとなる。亀沢三丁目町会

《夏まつり》《花まつり》で盛り上がり、子どもたちのパワーが激しい。亀沢四丁目町会

公園や通りに移動式の櫓を建てる町会、ジャングルジムを櫓がわりにする町会、シンプルに輪踊りのみ楽しむ町会、マンションの吹き抜けで踊る町会など、不思議なことに、同じ曲でも違う雰囲気の中踊ると、全く印象が異なるのだ。

雨降る路上で《新二十一世紀音頭》が踊られる櫓の脇を、コミュニティバスが通り過ぎるシュールな光景。亀沢三丁目町会

他所では普通に踊られるだけなのに、この踊り場ではやたらと盛り上がる、という曲もある。

竪川親水公園が踊り場となる。錦糸一丁目町会

錦糸三和町会(錦糸二丁目・三丁目・四丁目) 共催となる錦糸二丁目の路上。こちらは江東亀戸天祖神社の氏子町会となる

これだから盆踊りは面白い。
しかも一晩に何度も、様々な趣向で楽しめるのは、牛嶋神社の氏子町会ならでは。
まさに唯一無二、墨田区が誇る文化遺産といっても過言ではないだろう。

【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】に参加するなら、知っておきたいワンポイント情報

報恩寺境内が踊り場となる。太平一丁目町会

【牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り】は牛嶋神社の氏子町会が、各々独自に開催する盆踊りであって、すべての情報がまとめて公開されている訳ではない。しかも、A町会は金曜日と土曜日、B町会は土曜日と日曜日、C町会は土曜日のみ…というように、開催日も異なれば、時間も異なる。そのため事前のリサーチが欠かせない。

太平二丁目町会。こちらは江東亀戸天祖神社の氏子町会となる

太平三丁目町会。こちらも江東亀戸天祖神社の氏子町会となる

ただし公園や寺などの大きな踊り場の情報はネットでも調べることができる。
ハシゴしても空振りとならないよう、ぜひあらかじめ確認しておこう。

太平四丁目町会。こちらは江東亀戸天祖神社の氏子町会となる

遠くから見た太平四丁目の踊り場。日常生活の中に祭りがあることを実感する光景

それぞれの盆踊りは町会のものであり、町会の運営費や寄付を元に、地元の住民の方のために開催されている。参加の際には、そのことを念頭におき、謙虚な気持ちを忘れない様にしよう。

子どもたちが櫓のそばで花火を楽しむ光景も微笑ましい。横川一丁目

筆者が毎年欠かさず立ち寄る横川二丁目町会。牛嶋神社と江東亀戸天祖神社、二社の氏子町会である

多くの踊り場では快く受け入れてくれるはずだ。その際はぜひ盛り上げ役にひと役買うことに務めよう。

太鼓の櫓に秋の風情を感じる。牛嶋神社と江東亀戸天祖神社、二社の氏子町会である、横川三丁目町会

マンションに囲まれる路上が踊り場となる。江東亀戸天祖神社の氏子町会である横川五丁目北部町会

駅から離れた踊り場も多く、自転車等の移動手段を使うのが便利だが、交通ルールを遵守し、無断駐輪等で迷惑をかけない様に注意すべし。

マンションの吹き抜けに提灯を灯して櫓を組む。業平一丁目町会

移動式の太鼓櫓が印象的な業平四丁目南部町会。牛嶋神社、江東亀戸天祖神社、そして押上天祖神社、計三社の氏子町会である

下町には銭湯や隠れた名店も多い。
踊りの後は汗を流してサッパリし、一杯引っ掛けて締めくくる、という楽しみ方もオススメだ。

色々なご縁があり、筆者は神輿を担がせていただくこともある業平五丁目北部町会。江東亀戸天祖神社の氏子町会である

今の子どもたちが大人になっても、墨田の町は祭りが盛んであることを祈る(業平五丁目北部町会)

ちょっとした心がけで、地元の方と心を通わせながら楽しむ盆踊りは、きっと他では味わえない経験となることだろう。そして翌年もまたその町会の踊り場へと足を運ぶことになるのだ。
下町らしい雰囲気を存分に楽しみ、この特別な3日間を思い出に刻もうではないか。

この地域で踊ると、どこからも東京スカイツリーの姿を眺めることができる。昭和の町並みとモダンなタワーとのコントラストも下町ならでは

いざ、盆踊りのテーマパークへ!

盆ボヤージュ!

名称:牛嶋神社祭礼氏子町会奉納踊り(通称)
開催場所:東京都墨田区内、牛嶋神社氏子の各町会
開催日:毎年9月敬老の日に近い金曜日から日曜日の3日間
主催:牛嶋神社氏子の各町会
アクセス:
東武スカイツリーライン・東武亀戸線「曳舟」、
東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」、
京成押上線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線「押上」、
都営浅草線「本所吾妻橋」、
JR総武線・都営大江戸線「両国」、
JR総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」下車
関連サイト:なし

大ちゃん/佐藤智彦
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
盆バサダー®︎
(盆踊りアンバサダー)/
踊り子/
着道楽/
大食漢/
大酒呑み

https://www.instagram.com/tomohikos/

あわせて読みたい記事