Now Loading...

ゑびす祭が神戸市の海神社で開催!七福神が勢揃いする境内に溢れる縁起物

更新日:2022/1/20 obaq
ゑびす祭が神戸市の海神社で開催!七福神が勢揃いする境内に溢れる縁起物

「ゑびす祭」が開催される海神社

日本の政治の中心は江戸時代に東京に移りましたが、天下の台所は変わることなく大阪が経済をリードし続けています。無数の商人が商売を競う関西地方では各地で、年始に商売繁盛を願う行事が行われています。1月9日から3日間行われる「十日戎」では、軽やかなお囃子に合わせて、「商売繁盛で笹持って来い」と歌われるのです。兵庫県神戸市に社殿を構える海神社(わたつみじんじゃ)でも、「ゑびす祭」が開催されています。

2022年の「ゑびす祭」の開催案内

海神社の新春の行事案内

約1800年の歴史をもつ神功皇后ゆかりの神社

海神社の創建は今から約1800年前に遡ることができるようです。神功皇后が三韓征伐からの帰路の垂水沖で暴風雨のため身動きがとれなくなりました。そのとき綿津見三神を祀り航海の安全を祈願すると風波がおさまったのです。そこに社殿を建立したことに始まると伝わります。以来、航海安全、漁業繁栄の神として地域の人々の信仰を集めました。

垂水の海岸線に建つ鳥居

本殿

バラエティー豊富な縁起物

「ゑびす祭」が開催される3日間は、神社の境内にバラエティー豊富な縁起物が溢れます。福笹をはじめ、熊手、福箕、宝船、福俵、稲穂などに恵比寿様、お多福、大判小判、鯛などがデザインされます。熊手を使えば福をかき込むことができるでしょう。福箕では福をすくいとることができるでしょう。

境内に溢れるバラエティー豊富な縁起物

境内に溢れるバラエティー豊富な縁起物

境内に溢れるバラエティー豊富な縁起物

福笹

熊手

熊手

福箕

福箕

宝船

福俵

稲穂

七福神が勢揃いする境内を取り囲む露店

縁起物の授与所の他にも数々の露店が境内を取り囲みます。本殿の西にはえびす様を含む七福神が勢揃いしています。穏やかな笑顔からは福が滲み出ているようです。

境内を取り囲む露店

境内を取り囲む露店

境内を取り囲む露店

本殿の西に勢揃いする七福神

本殿の北では、「かわらけ割」の祈願をすることができます。竹の棒に挟んだ「かわらけ」に息を吹きかけ、鬼の像で割るのです。赤鬼には諸願成就、青鬼には厄除けのご利益があると言われています。

本殿の北面の「かわらけ割」

「かわらけ割」のための赤鬼と青鬼

「ゑびす祭」と同時開催される「とんど祭」

海神社では「ゑびす祭」の中日に「とんど祭」が行われます。10日に訪れると一日で2つの季節行事を体験することができます。

「とんど祭」の開催を知らせる立看板

「とんど祭」の会場

海神社は、JR山陽本線と山陽電鉄の垂水駅の南に隣接しています。JRの垂水駅のホームからでも社殿を確認することができます。

JRの垂水駅のホームからでも確認することができる海神社の社殿

垂水駅の南口

海神社の西入口

兵庫県神戸市の海神社では、例年1月9~11日に「ゑびす祭」が開催されています。七福神が勢揃いする神社の境内は、バラエティー豊富な縁起物で溢れます。期間中には「とんど祭」も行われ、一日で2つの新春行事を体験することができます。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事