Now Loading...

いまどこまで復活?2022年の雪ヶ谷八幡神社「秋の祭礼」に密着12時間!

いまどこまで復活?2022年の雪ヶ谷八幡神社「秋の祭礼」に密着12時間!

こんにちは。お祭りライターのカワグチです。蝉の鳴き声がコオロギの声に変わり、季節は次第に秋へと移り変わってきましたが、読者諸兄姉におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。令和4年(2022年)9月17日(土)〜18日(日)の両日、「雪ヶ谷八幡神」において秋の祭礼が執り行われました。

思い起こせば、コロナ禍前の令和元年(2019年)には、盛大に氏子地域6町会による連合渡御が行われていました。昨年の令和3年(2021年)には、コロナ禍の中で新たな形のお祭りも模索されます。コロナ禍前の華やかだった祭りが苦しい時代を切り抜け、いまどこまで復活したのかをこの記事でご紹介します。

雪ヶ谷八幡神社のお祭り

東京都大田区の西北部に鎮座する雪ヶ谷八幡神社。創建は永禄年中と誌され、太田道灌の曾孫・太田新六郎が管内を巡視した際、当所に於いて法華経曼荼羅の古碑を発掘したことにより、めでたい事の前兆として八幡大菩薩を創祀したと伝わります。

雪ヶ谷囃子保存会

雪ヶ谷八幡神社の祭礼日は9月中旬。境内では連日、雪ヶ谷囃子保存会による奉納祭囃子が鳴り響き、焼きそばや綿あめ等の露店も出店、多くの参拝者が訪れます。

希望ヶ丘商店街に設営された御神酒所

氏子地域の町会では、それぞれ御神酒所や御仮宮が設けられ、神職による降霊(御霊入れ)により、各町会のお祭りも始まります。今年は6町会中5町会が御神酒所を設置。3町会が神輿を展示しました。

3年ぶりに露店が復活

新型コロナウイルス感染症に伴い、行事を縮小しての斎行となりましたが、今年は3年ぶりに境内の露店が復活しました。

午前中はまばらだった参拝者も、午後になると次第に境内は賑わってきます。

日が暮れるころには、更に賑わいを見せ、ゲームやヨーヨーの露店からは子ども達の歓声が沸き起こります。

どの屋台も長蛇の列。焼きそばの露店から漂うソースの香りに、思わず足が止まってしまう方も多いのではないでしょうか。年に一度の氏神様のお祭りに、大人も子どもも楽しんでいました。

八幡さまの御神徳を町内へ〜御幣渡御〜

昨年と同様、コロナ禍により御神輿渡御を執り行うことができないため、雪ヶ谷八幡神社宮司による御幣渡御が行われました。

御幣(おんべい)とは、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、「神様の依代」あるいは「御神体」と考えるとわかりやすいかもしれません。

御幣渡御は、お神輿に代わって、氏子地域への御神徳と、新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を願い、二日に分けて町内を巡ります。氏子地域を練り歩き、地域の皆様に八幡さまの御神徳をお授けいただきました。

宵宮祭

17日は午後4時より「宵宮祭」の祭典が執り行われました。

神社の神職を始め氏子総代の皆さまがご参列。ご一行は、一の鳥居からスタート。二の鳥居を経て、手水舎でお清めをしたあと、三の鳥居をくぐり社殿へと昇段されます。

境内からは「なんだ!この人達は……」と、驚きの声も上がっていました。

奉納演芸大会

午後6時になると、地元有志による「奉納演芸大会」が始まります。「奉納演芸大会」も3年ぶりの開催となります。

長唄神楽舞をはじめとする「奉納演芸大会」と、翌日の区立雪谷中学校吹奏楽部ゆきがや太鼓の皆さまによる「奉納演奏」が、一番盛り上がる時間帯。

雪ヶ谷八幡神社「秋の祭礼」(2022)

午後の9時くらいまで、境内は拍手に包まれます。通年ですと筆者は、お神輿を担いでいるため、「奉納演芸大会」を拝見させて頂いたのは今回が初めて。普段とはひと味違う楽しみができました。

まとめ

この記事では、雪ヶ谷八幡神社の「秋の祭礼」をご紹介しました。関係者に取材したところ、翌日18日の予定は東中地区が11時30分に神輿の宮入り(トラックで神輿を運ぶため渡御は無し)、希望ヶ丘地区が12時に神輿出御、12時30分に宮入り、その後商店街を渡御と伺っていました。しかし、18日は台風から遠く離れた東京でも警報が出るほどの大雨。残念ながら二日目の取材は見送りとさせていただきました。

長く続くコロナ禍ですが、来年は全ての町会で神輿の宮入り、2年後には6町会揃っての連合渡御を盛大に執り行えるこことを願っています。

最後となりましたが、台風14号の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事