Now Loading...

まだ見頃に間に合う!関東の紫陽花スポット10選と2022年「あじさい祭り」情報

まだ見頃に間に合う!関東の紫陽花スポット10選と2022年「あじさい祭り」情報

6月から7月にかけて、じめじめと雨の日が続く梅雨のこの時期は、どうしても気分まで塞ぎこんでしまいがち。そんな中、雨露にしっとり濡れるあじさいの紫や青、ピンクの花は清涼感とともに和の風情も感じさせてくれます。

全国にはあじさいの名所が多くあり、例年各地で「あじさい祭り」が催されます。会場によってはライトアップやライブ演奏などを行っていて、雨で下がり気味のテンションを盛り上げてくれることも。

そこでこの記事では、関東のあじさいの名所を10か所ご紹介。2022年の今年は祭りを開催する所もグッと増え、いよいよ今週末から開幕ラッシュとなりそうです。一方であじさいの開花が今年は遅れ気味のため、見頃はまだまだこれからという場所がほとんど。
過去の現地レポートをまじえつつ今年のお祭り開催情報をお伝えしますので、ぜひ行先を吟味して、この時期ならではの景色を見に足を運んでみてください!

①水戸のあじさいまつり(茨城県水戸市)

「水戸のあじさいまつり」では、日本庭園「保和苑」や「水戸八幡宮」を会場に、様々な催しが行われます。保和苑では、西洋あじさい・がくあじさいなど約100種6,000株、水戸八幡宮では山あじさいを中心に約60種5,000株のあじさいを見ることができます。

今年は6月11日 ~7月3日まで開催。地元の学生による演奏やいけばなの実演、ハーバリウムや提灯作りの体験会のほか、写真コンテストなども行われます。6月25日~7月3日の19時〜21時のは夜間ライトアップが行われ、昼間とは異なるあじさいの幻想的な雰囲気を味わえます。イベントに関する詳細は公式ページにてご確認ください。

また、こちらでは開花状況を発信しており、案内ページによると、保和苑のあじさいは6月6日の時点で2分咲きとのことです。

②大宝八幡宮あじさい祭り(茨城県下妻市)

茨城県下妻市に社殿を構える大宝八幡宮は、関東地方で最古の八幡宮といわれています。境内には社殿の他にあじさい神苑が設けられており、例年6月中旬から7月上旬に「大宝八幡宮あじさい祭り」が開催されます。あじさい神苑は拝殿の北東に広がり、苑内には約300種、約400株のあじさいが育っています。

今年のあじさい祭りは6月18日~7月3日の2週間開催。お祭りの開始とともに風鈴の頒布も始まります。 例年行われている流鏑馬神事や奉納演舞、野点による抹茶のふるまい、草花の無料抽選会は6月26日に開催予定ですが、天候や新型コロナウイルス感染症の影響により変更・中止となる可能性もありますので、詳細は行事カレンダーなどでご確認ください。

あじさいの開花状況も公式サイトのお知らせで確認できます。6月9日現在、3分咲きとのことです。

③太平山とちぎあじさいまつり(栃木県栃木市)

栃木市西部にそびえる太平山にある太平山神社。麓の六角堂から太平山神社の随神門までの坂道はあじさい坂と呼ばれ、約1000段の石段でできた坂の両側には数種のアジサイが約2500株も色鮮やかに咲き誇ります。また、太平山神社の境内では多彩なご当地グルメを楽しむことができ、「玉子焼、焼き鳥、だんご」は太平山の三大名物として有名です。

例年6月中旬から7月下旬には「太平山とちぎあじさいまつり」が開催され、今年は6月17日~7月3日まで開催予定です。まつりでは、あじさい俳句コンクールやぶどうの試食配布、栃木駅北口「蔵なび」にてピアノコンサートなどが催されます。イベントに関する詳細は栃木市観光協会公式サイトの案内ページにてご確認ください。

④渋川あじさいまつり(群馬県渋川市)

あじさいを市の花にしている群馬県渋川市。市の西部の平沢川に沿って整備されているのが「小野池あじさい公園」です。江戸時代の天保年間、小野沢平左衛門が築いた農業用貯水池の小野池を中心とした園内には、例年6月下旬から7月下旬にかけて約20種・約8,000株のあじさいが咲き誇ります。

開花期に合わせて行われる「渋川あじさいまつり」が、今年は6月13日~30日まで開催されます。期間中は折り紙体験ブースや、毎週土日に地元の飲食店ブースも出店。毎夕、午後7時~午後9時までライトアップも行われます。イベントの詳細などは渋川市公式サイトの案内ページなどでご確認ください。

⑤ふるさと多古町あじさい祭り(千葉県多古町)

千葉県香取郡多古町を流れる栗山川沿いに整備された遊歩道では、6月になると約1万株のあじさいが咲き誇ります。例年、開花時期に合わせて開かれるのが「ふるさと多古町あじさい祭り」。江戸時代さながらの衣装を着た約500人が、米俵や大八車とともにあじさい公園から中心商店街まで練り歩いて特産品の「多古米コシヒカリ」を無料で振舞う行列が最大の見ものです。

今年は残念ながら「多古米振舞行列」は実施されませんが、6月11日~6月19日を「あじさいウイーク」と題してイベントを開催。「さっぱ舟」で川沿いのあじさいを観ながら遊覧できたり、レンタサイクルを無料で借りられたり、日本寺参道に咲くあじさいをライトアップするなど盛りだくさんです。イベントに関する詳細は公式ページにてご確認ください。

⇒次のページでは、埼玉・東京・神奈川のあじさいの名所をご紹介!

  • 1
  • 2
いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事