Now Loading...

【赤城山の紅葉】高原の秋の彩りに包まれるカルデラ湖の大沼や神社の境内

更新日:2020/11/19 obaq
【赤城山の紅葉】高原の秋の彩りに包まれるカルデラ湖の大沼や神社の境内

日本百名山、日本百景の一つにも選ばれる赤城山

群馬県のほぼ中央に聳える赤城山は、裾野に広く緩やかな高原台地をもち、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれています。多種多様の樹木が育つ山は、例年10月中旬から11月下旬にかけて紅葉で包まれます。

広く緩やかな高原台地をもつ日本百名山の一つ赤城山

車窓に紅葉が流れる路線バス

赤城山に公共交通機関を利用して訪れる場合には、JR前橋駅から赤城ビジターセンター行きの路線バスに約70分、乗車するのが便利です。

JR前橋駅のバスターミナル

赤城ビジターセンターのバス停

赤城山を登り始めると、バスからは窓越しに紅葉が流れていきます。

赤城山を登るバスの車窓を流れる紅葉

赤城山を登るバスの車窓を流れる紅葉

赤城山を登るバスの車窓を流れる紅葉

バスを下車し赤城ビジターセンターに入ると、館内では赤城山の地質や動植物についての展示が行われています。

赤城ビジターセンター

赤城山に潤いを施すカルデラ湖の大沼

赤城ビジターセンターの南東にはカルデラ湖の大沼があり、赤城山に潤いを施しています。湖の南岸は、あかぎ広場として整備され、10軒前後の土産物店や飲食店が建ち並んでいます。

赤城山のカルデラ湖の大沼

大沼の湖畔

あかぎ広場に建ち並ぶ土産物店や飲食店

あかぎ広場に建ち並ぶ土産物店や飲食店

大沼にはワカサギ釣りのシーズンにはボートで漕ぎ出すことができます。

大沼に漕ぎ出すことができるボート

大沼に沿って遊歩道が整備されているので、水際をゆっくりと散策することができます。

大沼を中心とする赤城山のマップ

大沼越しに眺める赤城山

大沼に沿って整備された遊歩道

大沼湖畔の彩り

境内や参道が紅葉で彩られる赤城神社

遊歩道を歩いて大沼の東岸には赤城神社が社殿を構えています。神社では例年、体育の日の祝日に「秋祭り」が開催され、八木節や赤城太鼓などの郷土芸能のイベント、武者行列、居合抜刀、流鏑馬などの行事が行われています。

赤城神社の本殿

大沼に接する赤城神社の境内や参道は紅葉で彩られます。

紅葉で彩られる赤城神社の境内

紅葉で彩られる赤城神社の参道

紅葉で彩られる赤城神社の参道

紅葉で彩られる赤城神社の参道

境内の南端には真赤な啄木鳥橋が大沼に架けられているのですが、2020年11月現在は改修工事中のため残念ながら通行できません。

赤城神社の啄木鳥橋

啄木鳥橋の袂

啄木鳥橋の袂の工事中の案内板

赤城山の自然に包まれる道の駅「ふじみ」

JR前橋駅と赤城ビジターセンターを結ぶ路線バスが通る富士見温泉の停留所は、道の駅「ふじみ」の敷地内に設置されています。館内には1,500メートルを超える地下から汲み上げられた温泉の施設の他、群馬の郷土料理をメニューに揃えたレストランが併設され、赤城山の自然に包まれる中でリラックスすることができます。

赤城山麓の道の駅「ふじみ」

道の駅「ふじみ」のレストラン

道の駅「ふじみ」のフードコート

群馬県のほぼ中央に聳える赤城山は、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれています。山を水で潤す大沼の東岸には赤城神社が社殿を構えています。例年10月中旬から11月下旬には、神社の境内や湖岸を紅葉が彩ります。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事