Now Loading...
マツログ

東京泉岳寺 年末の風物詩! 忠臣蔵を再現する「義士祭(冬)」

東京泉岳寺 年末の風物詩! 忠臣蔵を再現する「義士祭(冬)」

「各々方、討ち入りでござる!」

年末の風物詩ともいえる忠臣蔵。江戸時代、赤穂の浪人47人が主人の敵討ちをする物語で、勧善懲悪のドラマチックなストーリーが日本人の心をくすぐり、これまで幾度となく歌舞伎や映画、ドラマに取り上げられています。

その歴史絵巻を体験できるのが、全国にある「赤穂義士祭」。その中でも、東京の泉岳寺で行われる「義士祭(冬)」をご紹介します。

1.年末の風物詩「赤穂義士」と「忠臣蔵」とは?

仮名手本忠臣蔵 松の廊下

赤穂は兵庫県赤穂市のこと。江戸時代中期にあたる元禄 15 (1702) 年 12月 14日夜 (15日早朝)、江戸の吉良邸で旧主の仇討ちをとげた浪士47人のことを指します。

この「赤穂事件」の発端は次の通り。播磨赤穂藩の第3代藩主 浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)は、勅使饗応役という大役を幕府から仰せつかっていました。これは勅使・院使に渡された天皇と上皇の手紙に将軍が返事をする重要な儀式の手配をする係。これについて、若い内匠頭は、高家旗本 吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか)にアドバイスを得ていました。しかし、度重なる嫌がらせ、辱めを受け、限界に達した内匠頭。江戸城松の廊下で「この間の遺恨覚えたるか!」と叫び吉良に切り付け、即日切腹の沙汰に。さらに浅野家は追い家断絶となりました。

仮名手本忠臣蔵 討ち入りの図

この恨みを晴らすため、立ち上がった旧赤穂藩士47名。この中心となったのが、大石良雄(通称 内蔵助)。東京両国の吉良邸で吉良の首を打ち取り、泉岳寺にある旧藩主の墓前に捧げます。そして翌年2月4日、幕府の命により切腹、泉岳寺に葬られました。

忠義を貫き討ち入りを果たした赤穂浪士の行列には、江戸の庶民にも大人気。翌年にはこの事件を題材とした芝居が作られます。「忠臣蔵」は「忠義ある家臣」と「内蔵助」からインスパイヤされたタイトル。内蔵助だけでなく、個性あふれる魅力的な登場人物のスピンオフ作品も作られる、日本最大の興行作品となります。

現在も、雪の降りしきる中、そろいの陣羽織、内蔵助の陣太鼓を合図に討ち入るシーンは、年末ドラマの代表作となっています。

2.東京泉岳寺 義士祭の概要

討ち入り後の赤穂義士の行軍の最終目的地となった泉岳寺。今も浅野内匠頭および技師たちの眠るこの寺は、忠臣蔵ファンの聖地。毎年12月と4月の2度、義士祭が行われています。

今回ご紹介する冬の義士祭は、討ち入りのあった12月14日に合わせて行われます。

日時:毎年12月14日 7:00~22:00

11時 墓前供養 浅野長矩公之墓所

12時 献茶式 東阿部流献茶式(本堂にて) 抹茶を神仏にお供えする

献茶式引き続き 義士追善供養(本堂にて)


出典:http://park.tachikawaonline.jp/news/festival/1116/

場所:泉岳寺とその周辺(忠臣蔵パレードは中央区市役所前~泉岳寺まで)

アクセス:都営浅草線 泉岳寺駅 A2出口 徒歩2分

泉岳寺への入園は無料。

露店も多く見られるので、歴史ファンのみならず、多くの人でにぎわいます。

3.まさに歴史絵巻!赤穂義士の足取りを辿る、7 kmのパレード

毎年好評なのが、赤穂義士に扮して行われるパレード。義士装束をまとった47人を含む、総勢約55名の行列は圧巻です。

パレードのスケジュールは以下の通り。

12:00 中央区役所前 出発式後パレード開始
12:35 築地川銀座公園 記念撮影 晴海通りから昭和通り日比谷通りを通行
13:35 増上寺到着 小休止後パレード再開
14:30 芝5丁目交差点を右折 第一京浜を泉岳寺方面へ
14:50 泉岳寺駅付近 一旦停止 隊列を整え
15:00~15:30 泉岳寺に向けパレード再開

クライマックスは泉岳寺の浅野内匠頭の墓前で一同が集まる場面。全行程において見物客はかなりの数に上るので、通過時間に合わせて行列を待つのも一つです。

ちなみにこれは義士たちが歩いた道のりの一部。ゆっくり歴史体験をしたい方は、お祭りの時期を外してゆっくりウォーキングするのもおすすめです。

筆者はお祭りの時ではないですが、日本史マニアの息子(当時小5)とともに全行程を歩いたことがあります。義士たちは何と2時間で歩いた、という道のり。我々はというと、吉良邸のある両国でちゃんこを食べ、築地で楽しくなってお買い物。道々残る様々な史跡にいちいち大興奮し、泉岳寺についたときは夕方五時。「ゴーン」という鐘の音が聞こえたな~と思ったら閉門でした。まあ、その時間真っ暗な境内に入ってもお墓参りは無理ですね。歴史散策は計画的に(笑)。

4.全国の赤穂義士祭

兵庫県赤穂義士祭

12月14日には、全国の赤穂義士ゆかりの地で義士祭が行われます。主なものをご紹介します。

兵庫県赤穂市 赤穂義士祭 https://all-ako.com/gishi_festival/

兵庫県篠山市 古市義士祭 https://www.hyogo-tourism.jp/event/index.php?act=detail&id=5120

北海道砂川市 北海道義士祭 http://www.47gishi.com/

京都府山科 山科義士まつり http://www.gishimatsuri.com/

大阪府天王寺区の吉祥寺周辺 大阪義士祭  http://www.ueroku-wake.net/special/gishimatsuri/gishimatsuri.php

新潟県新発田市 義士祭 http://shibata-info.jp/archives/eventcal/%E7%BE%A9%E5%A3%AB%E7%A5%AD


山科義士まつり

5.まとめ

泉岳寺

いかがでしたか?忠臣蔵は、時代を超え、映画、歌舞伎、お芝居と様々な形で様々な形で愛される、日本最大のエンターテイメント。お祭りをきっかけにさらに背景を知り、この不朽の名作に触れてみてください。

written by
リエコ

リエコ

阿波踊りが大好きです。
古いものが好きすぎて、日舞や歌舞伎を見て、味噌やら醤油やら作って、もう自分が何歳かわかりません。

あわせて読みたい