Now Loading...

【アークヒルズの桜】薄紅色の花で覆われるサントリーホールやカラヤン広場

更新日:2021/3/31 obaq
【アークヒルズの桜】薄紅色の花で覆われるサントリーホールやカラヤン広場

国内最高峰のホールと評価されるアークヒルズのサントリーホール

音楽は人々の心に様々な感動を与えてくれるものです。全国各地に無数のコンサートホールが建設されていますが、東京都港区のサントリーホールは設備、音響の面で、国内最高峰のホールと評価されています。ホールの設計に深く関わったのは、長年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で常任指揮者や音楽監督を務めたヘルベルト・フォン・カラヤンです。ホールが殿堂を構えるアークヒルズの敷地内のアーク・ガーデンには桜が植樹され、例年3月下旬から4月上旬にかけて元気に花を咲かせます。2021年は気候の影響から3月25日前後に見頃となりました。

アークヒルズの敷地内に殿堂を構えるサントリーホール

アークヒルズの敷地内のアーク・ガーデン

演奏会前後には数多くの人々で賑わうカラヤン広場

アークヒルズ内には、高層オフィスビル、ホテル、コンサートホール、集合住宅など多種多様の施設が備えられています。サントリーホールの前は開放的な空間はカラヤン広場と呼ばれ、演奏会前後には数多くの人々で賑わいます。

日中のカラヤン広場

演奏会後のカラヤン広場

サントリーホールの屋根を整備したアーク・ガーデン

サントリーホールは2,006席の客席をもつ屋内施設ですが、屋根にあたる部分がアーク・ガーデンとして整備されているのです。

サントリーホールの屋根を整備したアーク・ガーデン

サントリーホールの屋根を整備したアーク・ガーデン

アーク・ガーデンの入口

アーク・ガーデンの入口

アーク・ガーデンの周囲を取り囲む桜並木

アーク・ガーデン内には見事な枝ぶりの桜が育っていますが、公園の周辺も見逃すことはできないでしょう。特に公園の北の連絡橋からは眼下に桜並木が繋がります。

アーク・ガーデンの北の連絡橋

アーク・ガーデンの北の連絡橋

アーク・ガーデンの北の連絡橋

連絡橋の眼下に繋がる桜並木

連絡橋の眼下に繋がる桜並木

連絡橋の眼下に繋がる桜並木

アーク・ガーデンの南のスペイン坂にも桜が並木を作っています。

アーク・ガーデンの南

アーク・ガーデンの南のスペイン坂

アークヒルズではアーク・ガーデンの内外に季節の彩りをつける桜が植樹されていますが、カラヤン広場から南のアークヒルズ・サウスタワーへの通路でも桜の花を観賞することができます。

カラヤン広場とアークヒルズ・サウスタワーを繋ぐ通路

カラヤン広場とアークヒルズ・サウスタワーを繋ぐ通路

カラヤン広場とアークヒルズ・サウスタワーを繋ぐ通路から見下ろすスペイン坂の桜並木

東京都港区のアークヒルズの敷地内には、国内最高峰と評価されるサントリーホールが建設されています。ホールの屋根はアーク・ガーデンが整備され桜が植栽されています。早春には薄紅色の彩りで音楽の殿堂を覆います。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事