Now Loading...

ニューヨークのクリスマスをご紹介。コロナが終息した際には、是非訪ねたい都市

更新日:2020/12/11 Daye Deura
ニューヨークのクリスマスをご紹介。コロナが終息した際には、是非訪ねたい都市

年末の2つの大きなイベント、感謝祭とクリスマスで盛り上がるアメリカ。

アメリカは、例年11月第3週目に当たる木曜日の感謝祭(サンクスギビングデー)を終えると、さて次はクリスマスと、たて続けにそれぞれの都市は活気づきます。

この記事では、世界の中心地、ニューヨークでのクリスマス時期のデコレーションを中心に写真レポートでご紹介します。

豪華なクリスマスリースやツリーがあちこちに見受けられる。Photo by Daye Deura

こちらはとある銀行の店内。Photo by Daye Deura

ウォールストリート近くのイルミネーション。Photo by Daye Deura

ロックフェラーセンターのクリスマスツリー。

まずは有名なロックフェラーセンターの超巨大なクリスマスツリーのご紹介。世界最大級とも言われるこのツリー、約75フィート(約23メートル)の高さがあるそうです。ニューヨーク州オニオンで伐採され、274キロかけて、持ち込まれてきます。飾るライトは、約5万個にものぼると言われます。1931年、ロックフェラーセンター工事着工の年に、工事作業員らが、自ら資金を調達し6メートルほどのツリーを飾ったのが始まりだそうです。経済大恐慌の中、募金を募って購入、そしてその家族などが工夫を凝らして装飾をしたそうです。なんだか心温まるストーリーですね。本年は、コロナ禍でもツリーは持ち込まれ、12月2日の点灯式は、例年通りN B Cの“クリスマスインロックフェラーセンター”でオンエアされました。

Photo by Daye Deura

今年また、偶然心温まるエピソードが起こりました。なんと小さなフクロウが巨大なツリーの中に迷い込んでいて、救助されたとか。ロックフェラーと名づけられ、元気になってから野生に返されました。

旗の色もクリスマス時期は金と銀に変わります。Photo by Daye Deura

正面真ん中がツリーとロックフェラーセンターです。Photo by Daye Deura

左天使の背景に写るのはサックスフィフスアヴェニュー。ビルの表面が装飾され、ライトアップ、また音楽も奏でられます。Photo by Daye Deura

メーシーズをはじめとする有名百貨店の目を見張るウインドウディスプレイ。

メーシーズ(34丁目、6番街)、サックスフィフスアヴェニュー(49丁目、5番街)ブルーミングデールズ(59丁目、3番街)、バーグドルフグッドマン(57丁目、5番街)などの有名百貨店は、それぞれ違ったテーマで創意を凝らし、しばし人々の足を止め魅了します。時には人員整理のためウインドウーの前に柵が張られたりもします。

メーシーズウィンドウ2019。Photo by Daye Deura

Photo by Daye Deura

幻想的なサックスフィフスアヴェニューウインドウ。Photo by Daye Deura

6番街ミッドタウンウエストも楽しい飾り付けがいっぱい。

6番街42丁目から57丁目までもオフィスビルディング街のさなかに巨大なクリスマスボールやクリスマスライトなどが。毎年定番ともいえる飾り付けが、住民や観光客の目を楽しませています。

巨大なクリスマスボール。Photo by Daye Deura

一見口紅のようにも見えますが、クリスマスライトです。Photo by Daye Deura

ラジオシティミュージックホールも毎年この時期に公演されるクリスマススペキュタキュラーの宣伝も兼ねたかのようにツリーの型がビルの壁面に見事にライトアップされています。

ラジオシティミュージックホールのイルミネーション。Photo by DayeDeura

コロンバスサークルのタイムワーナービルの中は大きな星のオブジェが吊らされます。

星の色は変化します。Photo by Daye Deura

タイムワーナービルの店内です。Photo by Daye Deura

2016年3月にオープンした世界貿易センター跡地に建つ変わった建物オキュラスにもぜひ立ち寄ろう。

内観も骨のよう。Photo by Daye Deura

クリスマスマーケットの模様です。Photo by Daye Deura

外観は、翼なのか骨なのかと色々な想像を膨らませるちょっと奇抜な建物ですが、一見の価値は絶対ありです。この中には、ウエストフィールドなどのショッピングセンターやアップルストアなども入っていますが、クリスマス時期は、クリスマスマーケットも開催されます。

鉄道駅や地下鉄にも直結しているハブ駅でもあります。Photo by Daye Deura

なんと言ってもすごいのが、こちら、ダイカーハイツのクリスマスイルミネーション。

Photo by Daye Deura

マンハッタンを出てブルックリンへと向かいます。最近では、マンハッタンから観光バスツアーも出るというほどの人気ぶり。トラベルサイトのトリップアドバイザーでは、ブルックリン観光スポット230箇所の中から5位のランキングにもなったほどです。ダイカーハイツと呼ばれる地域一帯の民間の住居の外観がオーナメントやライティングで埋め尽くされるのです。期間は11月の感謝最後の週末から翌年の1月の一週目くらいまでです。

Photo by Daye Deura

Photo by Daye Deura

こんな様に家全体がライトアップ。Photo by Daye Deura

メリークリスマス!Photo by Daye Deura

Daye Deura
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
アメリカ生活が長かった私ですが、これからは日本の文化を代表するようなお祭りにどんどん参加して、レポートしたいと思います。イベントやエンタメの写真得意です。

日本の行事・風習

あわせて読みたい記事