Now Loading...

熱々トロトロで甘~い!注目の「深谷カルソッツ」が食べられる「深谷ねぎまつり」は1/29に開催!

熱々トロトロで甘~い!注目の「深谷カルソッツ」が食べられる「深谷ねぎまつり」は1/29に開催!

深谷ねぎまつりが、2023年1月29日(日)に埼玉県深谷市の瀧宮神社で行われます。

12月~2月頃に旬を迎える深谷ねぎ。一番美味しい時期に味わえるようにと、毎年1月末に実施されています。

提供:深谷ねぎまつり実行委員

ねぎは深谷市を代表する名産品。それにもかかわらずねぎを題材としたおまつりがなかったことから2013年に始まりました。

新型コロナウイルス感染症が拡大した影響で2年間中止となっていましたが、3年ぶりの開催が決定。今回で9回目を迎え、2019年には約14,000人もが訪れて旬の深谷ねぎを堪能しました。

提供:深谷ねぎまつり実行委員

深谷ねぎを通して食への感謝の気持ちを共有し、魅力も広くアピールすることがコンセプト。

「深谷ねぎ」は、深谷市で生産されている多くの品種のねぎの総称ですが、それらを食べ比べできる「深谷カルソッツ」がまつりの最大の目玉です!

提供:深谷ねぎまつり実行委員

「カルソッツ」とは、もともとスペインのカタルーニャ地方のカルソッツ(Calçots)というねぎを直火で真っ黒に焼いて、ロメスコソースをつけて食べる料理のこと。タラゴナ県周辺では毎年1月の最終日曜日に「カルソッツ祭り」も大々的に開かれています。

提供:深谷ねぎまつり実行委員

昔から深谷の農家でも、同じような「ねぎ焼き」がおやつ代わりに食べられていました。ねぎを泥つきのまま焼き、蒸し焼き状態にすることで甘みが強く、独特の食感が味わえます。

深谷ねぎまつりでは、いくつもの品種のねぎを焼き、さまざまなタイプのソースや調味料が用意されて「深谷カルソッツ」を存分に楽しめます。一度味わってみると、やみつきになるのだとか。

提供:深谷ねぎまつり実行委員

ほかにも例年と同様、深谷市内外から集結した名店のグルメや、個性的なねぎ料理を堪能できる「ねぎの市」も開催。遠方でまつりに行けない方のためには、「おうちで深谷カルソッツ」という、深谷ねぎの5品種食べ比べセットの通信販売も用意されています。

焼きたてでトロットロの甘い深谷ねぎの食べ比べ、深谷の名物グルメを心ゆくまで堪能できる深谷ねぎまつり。ねぎ好きならずとも、ぜひお腹を空かせて参加したいですね。

深谷ねぎまつり

■開催日:2023年1月29日(日)
■時間:10時~15時
■会場:瀧宮神社
■交通アクセス:JR高崎線深谷駅 南口すぐ
■詳細:深谷ねぎまつり公式サイト

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事