Now Loading...

祝ガッキー結婚!日本酒界のガッキーこと、楽器正宗の魅力とは?

祝ガッキー結婚!日本酒界のガッキーこと、楽器正宗の魅力とは?

楽器正宗とは?

酒のデパートの異名を誇るくらい、昔ながらのクラシックタイプから今風で洒落たモダンタイプまで多種多様な日本酒のラインナップが並ぶ福島県。その中でも今、日本酒好きたちの間で人気なのが福島県矢吹町にある大木代吉本店が手がけるお酒「楽器正宗」です。今回はガッキー(新垣結衣さん)ご結婚を祝って、日本酒のガッキーこと「楽器正宗」についてご紹介します。

楽器正宗の由来とは?

「楽器正宗」の名前の由来は、大正年間にまで遡ります。二代目代吉の時、朝香宮様が当地を来訪した際、大木代吉本店の酒を所望され大変気に入り、その時随行していた宮内庁の雅楽師で君が代の作曲者とされる奥好義(おく よしいさ)氏が「酒造りも楽器を奏でることも、元は同じく神様への捧げ物」と言われたことに由来していると言います。つまり、酒も楽器も(そして祭りも)元来は神への献上物という意味では同根という想いが込められているのです。浮世絵風のイラストをあしらったラベルデザインも洒落ていますよね。

下記では楽器正宗の代表的なシリーズを紹介します。

➀楽器正宗 本醸造 中取り

 

この投稿をInstagramで見る

 

T.Mac(@teruteru320)がシェアした投稿

まずは基本のグリーンガッキーから。甘酸のバランスが優れた中取りならではの味わいとジューシーさに優れた芳醇な日本酒。肉にも魚にも合うので、まさに好みの曲を聴くようにしてぜひ楽しんでは。そしてこんなに美味いのにお値段もお手頃(720mlで1162円)という間違いなくコスパ最強酒の一角を占める一本です。

➁楽器正宗 別撰 中取り

次にピンクガッキー。別撰とは、特別本醸造のこと。つまり➀の上位モデル。その分より透明感があり、米本来の旨味をより楽しめる限定酒となっています。従来と比べると「ガス感」は控えめでありますが、角の取れた味わいに。そして上位モデルでもお値段もまだまだ抑えめ!(720mlで1254円)。

➂楽器正宗 純醸 純米酒

 

この投稿をInstagramで見る

 

なおみ(@naocham_70)がシェアした投稿

「フルーティなタイプの日本酒が好み」という方におすすめしたいのがこのホワイトガッキー。福島県産のお米「夢の香」で仕込んだ純米酒タイプで、フレッシュなガス感とマスカットのような香りが心地よく、「大人のカルピス」とでも言いたくなる味わい。原酒ならではのジューシーさも加わって、上記の本醸造とはまた違った米の旨味・甘味が存分に楽しめます。

➃楽器正宗 混醸 雄町

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yu Sonoda(@sakenotoriko)がシェアした投稿

そしてなかなかマニアックで通好みのスペックのパープルガッキー(混醸シリーズ)。オマチストを呼称する熱烈なファンが出るほど人気のブランド酒米である赤磐産の雄町を使った醸した純米大吟醸。雄町特有の力強く濃醇なお米の旨みが感じられる味わいとなっています。しかも複数の品種を共に発酵させる醸造方法である「混醸(こんじょう)」という技法を使い、雄町を主体品種(掛米)として麴米に山田錦を使用。雄町✕山田錦の夢のタッグとなっております。

福島県の奇祭とは?

最後に、楽器正宗の酒蔵がある福島県矢吹町から12㎞ほど離れた須賀川市で開かれる奇祭をご紹介します。その名は「松明あかし」。毎年11月に開かれ、420年以上の歴史を誇る勇壮な火祭りです。燃え盛る炎、火の海の光景が圧巻です。

奇祭ハンター まっく
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
奇祭ハンター、奇酒ナビゲーター。「毎月奇祭」を目標に奇祭旅を行い、レポートやお祭り情報、お酒の情報を挙げています。

あわせて読みたい記事