Now Loading...

五大尊つつじ祭りを豊かに彩る約10種類、1万株のつつじ

更新日:2021/5/18 obaq
五大尊つつじ祭りを豊かに彩る約10種類、1万株のつつじ

埼玉県の越生で例年4月中旬から5月上旬に開催される「五大尊つつじ祭り」

公園や街路樹でよく見かけるつつじは、日本人にとってとても身近な植物でしょう。暑さ、寒さに強く丈夫なため野や山に自生し、先が5つに分かれた筒状の花を咲かせます。埼玉県のほぼ中央に位置する越生町には、「五大尊つつじ公園」が整備されています。例年ゴールデンウィークを含む4月中旬から5月上旬には、園内を埋め尽くすつつじが豊かな彩りの花を咲かせ、「五大尊つつじ祭り」が開催されています。ところが2021年は新型コロナウイルス感染防止のため、5月3日の「御戸扉」の伝統的な儀式をはじめ全てのイベントが中止となってしまいました。

越生町の「五大尊つつじ公園」

新型コロナウイルス感染防止のため中止となった2021年の「五大尊つつじ祭り」

「五大尊つつじ公園」の丘の中腹に建造される五大尊の本堂

「五大尊つつじ公園」は、越生町役場の北西の小高い丘を整備して作られた公園です。丘の中腹には、鎌倉時代に作られた不動、降三世、軍荼利、大威徳、金剛夜叉の五体の明王像が祀られる五大尊の本堂が建造されています。

丘の中腹の参道

五大尊の本堂

丘の麓の広場から本堂に向かう石階段の左右はつつじの花で彩られます。本堂近くにはベンチが設置されており、丘の斜面に咲くつつじ越しに越生の街並みを眺めることができます。

五大尊の麓の広場

麓の広場から五大尊の本堂に向かう石階段

麓の広場から五大尊の本堂に向かう石階段

石階段の左右を彩るつつじ

石階段の左右を彩るつつじ

五大尊の本堂近くのベンチから見下ろすつつじと越生の街並み

10種類前後のつつじが植栽される「五大尊つつじ公園」

五大尊の本堂からは丘の中腹を南に向かって遊歩道が設けられています。「五大尊つつじ公園」が整備される丘には、オオムラサキ、ヤマツツジ、リュウキュウ、ベニギリ、クルメ、ヒラドヨドカワ、コチョウ、クレノユキ、ミヤギノ、サラサドウダンなど10種類前後のつつじが植栽されています。各々のつつじが豊かな彩りで丘の斜面を埋め尽くします。

丘の中腹に設けられる遊歩道

丘の中腹に設けられる遊歩道

遊歩道の左右を彩るつつじ

遊歩道の左右を彩るつつじ

遊歩道から見下ろすつつじと越生の街並み

丘の斜面を埋め尽くす約10,000株のつつじ

丘の南を含めると「五大尊つつじ公園」の敷地面積は約3ヘクタールに及びます。約10,000株のつつじの中には、樹齢300年を超える古木も元気に育っています。

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘

「五大尊つつじ公園」の南の丘の遊歩道

「五大尊つつじ公園」の南の丘の遊歩道

「五大尊つつじ公園」に公共交通機関を利用して訪れる場合は、JR八高線、東武線の越生駅から川越観光バスの黒山行きに乗車し、「上黒岩」停で下車するのが便利です。

JR八高線、東武線の越生駅

川越観光バスの「上黒岩」停

埼玉県の越生町の「五大尊つつじ公園」には、約3ヘクタールの丘に10種類前後のつつじが約10,000株、植栽されています。樹齢300年を超える古木も元気に育ち、例年4月中旬から5月上旬には、園内を豊かな彩りで包み、「五大尊つつじ祭り」が開催されています。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事