Now Loading...
インタビュー

茨城県の伝統文化紹介シリーズ 絶滅の危機からの復活にかける男意気!茨城県石岡市 石岡木遣 弘聲会インタビュー

茨城県の伝統文化紹介シリーズ 絶滅の危機からの復活にかける男意気!茨城県石岡市 石岡木遣 弘聲会インタビュー

皆さんの街に「木遣(きやり)」はありますか?

木遣はもともと鳶職が地固めを行うときに歌った仕事歌。昔は各地域にそれぞれの木遣があり、棟上げや祭りの山車を引くときなどにも歌われたもの。法被を着た男たちが声を合わせて歌う姿をCMなどでご覧になった方もあるかと思います。

しかし時代とともに後継者が減り多くの街では消え去ってしまっています。

茨城県石岡市もその一つですが、絶滅の危機に瀕していた石岡の木遣を復活させたい、と熱い思いで集まった男たちがいます。伝統ある石岡の木遣の復活の為に活動を行う「弘聲会」(こうせいかい)代表の水野さんとメンバーの渡辺さんに伺いました。

1.石岡木遣とは

木遣とはもともと地固めを行う際、調子を合わせ、力を出すために歌った仕事歌。そのため大勢の男性が声を合わせ、比較的ゆったりとしたテンポで声を伸ばして歌うのが特徴。楽器もなく、すべてアカペラでメンバーが抑揚を合わせて一つの歌を作ります。

今では実際の作業で歌うことはありませんが、お祭りや結婚式、祝賀会などの祝い事のオープニングでも歌われます。

出だしと盛り上がる部分を担当するソロパート“兄木遣り”と、それ以外のところを大勢で盛り上げる”弟木遣り”に分かれます。木遣の始まりの”真鶴”は、少し甲高い声で「木遣りを始めるぞ」と呼びかけるもの。”鶴の一声”という諺に因んで、真鶴と命名されたとも言われています。

歌詞の一つに「ご用はめでたの若松様よ、枝も栄えて葉も茂る」などがありますが、ゆったりと伸ばして歌うので、その内容はほぼ聞き取ることができず、意味を理解するよりその音の響きや節を楽しむことになります。

常陸國總社宮例大祭(石岡のおまつり)や、茅葺住宅、明治時代の西洋様式を取り入れたモダンな街並みで知られる石岡市。そこで受け継がれたのが「石岡木遣」でした。

石岡木遣の特徴は「小突き」と言って速いテンポで歌われること。一般に知られる「大間」というゆったりした歌い方と少し早い「中間」に比べ、勢いがあるのが特徴です。しかし楽譜もメトロノームもない口承伝統。メンバーの息やその場のライブ感、時代の流れから最近は「中間」くらいのテンポで歌われることが多いそうです。

2.石岡木遣「弘聲会」とは?

数年前に発足した弘聲会の現在の会員は7人。職業はバラバラで、代表の水野さんが声をかけた地元の先輩後輩で構成されます。「9割がたは飲み会だよ」と笑われる水野さんですが、興業の前は毎週土曜日水野さんの自宅に集まって練習しています。

伴奏がなく大勢で声を合わせるので、練習するときは「木遣り棒」と言われる棒を振って調子を合わせます。くい打ちの時に歌われた名残で、木遣棒はそれに見立てた棒です。楽譜もなく、本番は木遣り棒もないので、練習でいかに息を合わせるか、メンバーのチームワークが問われます。

3.石岡木遣の歴史

明治時代にはあったとされる石岡木遣ですが、現在の形になったのは昭和初期。そのころ石岡の大火があり、千葉県成田市から多くの鳶が復興の手伝いに来ており、多くの歌が伝えられたといいます。そのため成田の木遣と似ているところがあり、水野さんが実際成田山新勝寺で奉納された「弘道会」の木遣を聞いたときは、そこにルーツがあるのを実感されたそうです。

関東鳶 石岡支部の記念撮影(昭和38年)

代表の水野さんがこの木遣に出会ったとき、それを受け継ぐのは当時の頭であった鈴木弘さんのみでした。「鈴木さんは昭和一桁生まれのおじいちゃんだったので、なかなか教えてくれなかった。気に入られるまではなかなか大変で、人一倍苦労しました。40歳以上離れていたので自分は孫くらいなもの。『俺は木遣は残さなくていいんだから』という鈴木さんに頭を下げ、機嫌を取り、何度も何度も足を運んだ。さらに『一人でやるものじゃないから人を集めろ』、と言われ、5人集まってやっと始められた。

鈴木さんは2年前に亡くなってしまったが、お葬式では木遣で送ることができた。頭のやってきたことを何とか残せたかな。こ親戚の方も喜んでいただけたと思います」と語ります。

鈴木さん(前列右手)と弘聲会のメンバー

4.石岡木遣の魅力

水野さんは何より地元の歴史に根付いているところが、やっていて夢中になる理由だと言います。「どこ行っても木遣があるという訳ではなく、それなりに大きなお祭りがあるところに木遣がある。豪商がいたり旦那衆がいたり、蔵が立っている場所は必然的に作る人がいる。石岡にも大きなお祭りがあるように、そもそも石岡もそういう開けた場所であったという歴史を伝える証拠。

自分が石岡木遣を知ったときには鈴木さん一人しかいなかったので、その人がいなくなったら歴史から消えてしまう、と思った。知ってしまった以上、何とかなくなる前に教わりたい、どうしても残したいという思いでやってきた。一度途絶えてしまったら、よそから借りてくるしかないので、何とかギリギリのところで引き継げたかなと思っています。

見どころは、歳を重ねるにつれて深まる円熟の技。若い衆のうちから練習して、60くらいでようやく一人前。40代である自分はまだまだひよっこ。今からがスタート地点。」と言います。

5.「カッコいいところを目指したい」今後にかける思い

水野さん曰く「とにかく経験を積むことが大切、という木遣。江戸の消防記念会を目標に、渋いカッコいいおじいちゃんになりたい」と語ります。「年輪が必要、経験、長いことやってからの積み重ね。自分はまだまだはなたれ。謡いこんでいけば節もよくなる。画像を見てもまだいまいちだな、と思う。でも10年20年続ければよくなっていくと思っています。

鳶頭を見ていると、オーラが違う。若いうちからの積み重ね、同じ法被を着ていても、頭が剥げていても、内側から出てくるものが感じられる。それを目指したい」。

今後の弘聲会としては、どんどん経験を積んで木遣を広めたいという思いはあるが、会のメンバーを増やす形ではなく、別の団体を育成したり、お祭りの同好会に木遣を教えたりしたい、とのこと。「現在のメンバーは自分の思いに賛同してくれる仲間。つらいのかなと思うと、結構楽しくいい関係が作られている。人数が増えるとメンバーの意思疎通や管理が難しくなるので、それより技の向上に専念し、よいものを作っていきたい。自分はつらい思いをしたけれど、メンバーには楽しくやってほしい。

そのためにも、見てカッコいいなと憧れられるものにしたい。今は珍しさで見てもらえるけれど、さらなる高みを目指していきたい」と言います。

メンバーの渡辺さんは「やればやるほど奥が深い。自分も神社に属しお祭りにかかわってきたので、昔のものを伝えることができるのが嬉しい。水野さんは『練習の9割がたは飲み会』なんて冗談を言うけれど、やるときはやる男です。やるからには練習だけではなく出演もしていく。常陸國總社宮奉祝祭で奉納したデビューの時は、石岡の大先輩や地主さんを前に、シーンとしたところで始まった。ピーンと張りつめた空気に緊張したのを覚えています」と語ります。

男たちの熱い思い、信頼、心意気が伝わる石岡木遣。ぜひその魅力に触れてみてください。

弘聲会のメンバー(右から2番目が水野さん)

茨城県の伝統文化紹介シリーズ

茨城県つくば市に伝わる「ガマの油売り口上」、その魅力について詳しく解説!
絶滅の危機からの復活にかける男意気!茨城県石岡市 石岡木遣 弘聲会インタビュー
茨城県の伝統文化紹介シリーズ 最小ユニットで挑む!茨城県ひたちなか市 和太鼓デュオ「来舞(ライブ)」インタビュー

written by
リエコ

リエコ

阿波踊りが大好きです。
古いものが好きすぎて、日舞や歌舞伎を見て、味噌やら醤油やら作って、もう自分が何歳かわかりません。

あわせて読みたい