Now Loading...

あんこ最強説!バターにコーヒー、ホイップクリーム。まさかのアレまで!?

あんこ最強説!バターにコーヒー、ホイップクリーム。まさかのアレまで!?

日本の伝統的なお菓子「和菓子」。和菓子といえば「あんこ」が欠かせません。
今回は、昔から日本人に親しまれてきた和菓子やあんこにまつわるお話や、あんこに合う意外なもの、ちょっと変わったあんこのレシピをご紹介します。

6月16日は「和菓子の日」。その由来は?


「和菓子の日」の起源は平安時代、仁明天皇がご神託に基づいて6月16日に16の数にちなんだ菓子や餅などを神前に供えて、疫病除け健康招福を祈願し、元号を「嘉祥」と改元したことにあるといわれています。これ以降、6月16日には厄除けと健康招福を願い和菓子を食べる「嘉祥」という儀式が明治時代始め頃まで定着しました。

明治時代になってこの儀式は徐々に廃れましたが、1979年に全国和菓子協会が6月16日を「和菓子の日」と制定し、現代に復活させました。最近では1と6を足して7種類のお菓子を組み合わせ「嘉祥菓子」として販売する和菓子店も増えています。

最強の組み合わせはこれだ!おすすめの組み合わせをご紹介!

和菓子のイメージが強いあんこですが、最近では「あんことバター」や「あんことホイップクリーム」といった和洋折衷な組み合わせが人気を集めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

㍿やまもめし🍙(@yamamo_meshi)がシェアした投稿


その中で注目されているのが、「あんことチョコレート」の組み合わせ。濃厚な味わいと芳醇な香りが癖になる魅力的な味わいです。


ぜひ自分好みのあんこと〇〇の組合せを探してはいかがでしょうか♪

作ってみよう!コーヒーしるこ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Super Cub Outfitters(@sco.ito)がシェアした投稿


コーヒーとあんこは実は相性抜群!「コーヒーしるこ」は一部のカフェではメニューがあるくらい親しまれています。甘いあんこに合わせるのなら、コーヒーはやや濃い目がおすすめです。

コーヒーしるこはご自宅でもお手軽に楽しめます。まずは白玉粉と水を合わせて白玉だんごを作ります。生地をこねる作業は簡単なので、お子様と一緒に作るのも良いですね。
こしあんや、ゆであずきをコーヒーで好みのゆるさに溶き伸ばし、白玉だんごを合わせたら出来上がりです。

和菓子のお祭り!山王嘉祥祭


「山王祭」は、赤坂山王日枝神社で開催される日本三大祭りのひとつです。山王祭の期間中の6月16日には、和菓子のお祭りである「山王嘉祥祭」が斎行されます。

山王嘉祥祭では、日本の気候風土の中で作られ賞味されてきた「伝統の和菓子」である「嘉祥菓子」を神前に献じ、万民の「疫病退散」と「健康招福」を祈願します。
2022年は6月16日の13時より開催される予定です。

※例年の内容を参考にご紹介しています。今年は規模や内容を縮小・変更、または中止の場合もあるため、詳しくは公式HPをご確認ください。

まとめ

日本では昔から親しまれてきたおなじみのあんこの和菓子。組み合わせ次第では、新しい魅力が見つかるかもしれません。
ぜひ今年の和菓子の日には、健康招福を願いながら和菓子を食べてみてはいかがでしょうか。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事