Now Loading...
マツレポ

かみのやま温泉の絶滅危惧種、加勢鳥をレポート! 黒木メイサ以上の黒髪美人が誕生する?! 

かみのやま温泉の絶滅危惧種、加勢鳥をレポート! 黒木メイサ以上の黒髪美人が誕生する?! 

どうも。奇祭ハンターのMacです。
今回は山形・かみのやま温泉で毎年2月11日に行われる奇習、「加勢鳥」(カセ鳥)を紹介。
早速、行ってみることにしましょう!

かみのやま温泉ってどんなとこ?

新宿バスタを深夜に出発してバスで6時間、山形駅に着きました。
山形駅からたった3駅。アッと言う間に祭りが行われる会場に
程近い「かみのやま温泉駅」に着きました。
(ちなみに「かみのやま温泉駅」は東北新幹線も停車します)

上山城
かみのやま温泉は、郷土資料館として再建された上山城の城下にある昔ながらの温泉街です。

ここでひとつ、問題発生!
現在時刻は朝の7時半ですが、祭り開始となる祈願式は朝10時から(その間、やることがねぇ!)。
せっかく温泉街に来たので、ここはお祭り前の温泉巡りをするとしましょう。

大湯公衆浴場
まずはここ。昭和のレトロ感がたまらない下大湯公衆浴場
何と朝の6時ぐらいから空いています。
中は温泉というか、昔ながらの銭湯でした(入場料は大人150円)

続いて、これまた昭和の古き良き大旅館といった佇まいの「月岡ホテル」の日帰り温泉(タオル付きで1000円)をハシゴ。湯船に浸かり過ぎて私の指先はもうフニャフニャです。

上山城前に人が集まり、いよいよこの地に伝わる奇習・加勢鳥が始まります。

加勢鳥は神の使い?

加勢鳥
「藁納豆のお化けじゃねぇよ、加勢鳥(カセ鳥)だよ!」

さて、そもそも加勢鳥とは、若者が藁蓑をまとって「加勢鳥」に扮し、火伏せ(火の用心)に五穀豊穣、そして商売繁盛を祈願する上山市に古くから伝わる奇習です。一時は中断されていましたが1959年に復活し、2019年で60周年を迎えました。

ちなみに加勢鳥(カセ鳥)の名前は「稼ぎ鳥」または「火勢鳥」に由来し、加勢鳥は神様そのものではなく、神の使いという位置づけ。かつては上山市だけでなく、小正月に藁を被って民家を訪ね、「カッカッカ」と鳴いて祝儀をもらう風習はそれこそ日本全国にあったんだとか。

加勢鳥

さあ、今年の加勢鳥となるみなさんが勢ぞろいしました。
総勢30人ぐらいでしょうか。男性だけでなく、女子も4名ほど、海外勢も2名ほど参戦。地元の参加者だけでなく、東京から20回以上も毎年参加しているという猛者もいました。
そうです。何と、加勢鳥は若干名ですが一般参加も可能なんですね(10月末までに要事前申し込み)。

「酒の誘惑にも負けず、美女だけヒイキせず、堂々と加勢鳥を務めることを誓います!」(笑)という和気あいあいとした選手宣誓(?)も終わり、いよいよ着替えへ。

加勢鳥
ケンダイ」と呼ばれる藁蓑を頭からスッポリ被ります。正面は目の周りが空いていて、両腕が出せる仕様になっています。

まずは上山城前の広場で、「加勢鳥様のお出ましだ~!」と高らかにジャイアニズム宣言した後、「カッカッカーのカッカッカー、五穀豊穣・火の用心、カッカッカーのカッカッカー」といった歌詞を歌いながらピョンピョン跳ね廻りました。
この後、移動しながら町の至るところで同様の演武を行います。

加勢鳥このように両腕は水平にピーンと伸ばします。鳥ですから。

しかし、これはもう……彼らに対抗しうる鳥の舞と言えば?
そう、これ!
加勢鳥東京は浅草寺のMr.2(ボン・クレー)的な存在である「白鷺の舞」を思い出しますね。

加勢鳥に出会った際の3つのアプローチとは?

加勢鳥

ここで、あなたがもし街でバッタリと加勢鳥に出くわしてしまった際の対処法についてお教えしましょう。加勢鳥に対する交流方法は主に以下の3つです。

①祝い水をかける。

加勢鳥

輪になってピョンピョン踊る演武の間は、ひしゃくで水をすくって勢いよく水をかけてあげましょう。商売繁盛を祈願します。

②頭に手拭いを巻いてあげる。

加勢鳥

演武をしていない移動中は、縁起物の手拭いを頭に巻いてあげましょう。やはり、商売繁盛を祈願します。

③抜け落ちた藁を拾う。

加勢鳥

最後に耳より情報。何と「加勢鳥」から抜け落ちた「藁」で髪を結うと将来、黒髪の豊かな美人になると言われています(これは黒木メイサを超える黒髪美人も夢ではありません!)。積極的に落ちている「藁」を集めましょう。ただし、無理やり藁を引っこ抜くのはNGです。

さて、すでに時間は2時間以上が経過。加勢鳥の一行は街中を周り、12時半頃にはかみのやま温泉駅前に到着。駅前広場だけでなく、駅の構内でも演武を披露しました。

加勢鳥フランク
駅前広場で手に入る、加勢鳥とのコラボ・グルメ、「加勢鳥フランク」(写真)や「加勢鳥鍋」も要チェックですよ。

時刻はすでに13時前。ここで午前の部はフィナーレ。
私もいったん山形駅に戻って、肉厚ジューシーな米沢牛カルビをしっかり堪能してから山形新幹線で岐路に着きました。

温泉とお城と奇祭が一度に楽しめる「加勢鳥」、いかがでしたか?
ちなみに同時期、山形では「蔵王温泉樹氷祭り」も開催中です。
今回私は弾丸ツアーでしたが、1日目は蔵王スキー場でフォトジェニックな樹氷とスノボをクールにキメた後、2日目はかみのやま温泉の加勢鳥でクレージーに締めるというプランも全然アリでしょう。
それでは、最後に今回の動画もご覧ください。

奇祭ハンターからのプレゼント&あなたも加勢鳥になれる耳寄り情報!

加勢鳥の藁

最後まで読んでくれたあなたへ。
現地から持ち帰った、黒髪美人の効能があるとされる縁起物の藁(@電源カフェ。周りのOLの視線が冷たい)。
「この藁がどうしても欲しい!」という物好きな方に抽選で1名様に。

また「ぬぉぉぉ。今からでも加勢鳥を体験してみたい!」という方に朗報です。
現在、加勢鳥保存会では、加勢鳥への支援を乞うクラウドファンディング
火伏と商売繁盛を願う 絶滅危惧種 加勢鳥を知ってますか?」を行っています。
その特典の中には、何と10000円の支援で加勢鳥になって3月3日の演舞に参加できる券も。これは要チェックです。

インフォメーション

名称 上山市民俗行事奇習 「加勢鳥」
開催場所 山形県上山市元城内3-7
上山城前広場~市内
開催日 2020年2月11日(火)
10:00~15:30
主催 上山市民俗行事「加勢鳥」保存会
アクセス JR山形新幹線かみのやま温泉駅から徒歩11分(上山城前広場)
関連サイト http://kaminoyama-spa.com
https://www.mapple.net/spot/6000749/
written by
Mac

Mac

奇祭ハンターです。「毎月奇祭」を目標に、奇祭旅を行い、レポートやお祭り情報を挙げてます。さあ、今月はどの奇祭に行こうかな♪
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい