Now Loading...

イーペル猫祭り~カッテンストゥッツ~特集【2021年は開催年!】

イーペル猫祭り~カッテンストゥッツ~特集【2021年は開催年!】

わっしょい!世界のお祭りを巡る奇祭ハンターのちよ子です。

今回ご紹介する世界のお祭りは、限定モノに弱い人におすすめ!笑(あと猫好き!w)

というのも2021年はなんと3年に一度しか開催されない、
ベルギーのイーペル猫祭り『Kattenstoet (カッテンストゥッツ)』の開催年なんです!

猫祭り・・・?大量の猫ちゃんたちが出てくるのかな…?
可愛い響き~!!!どんなお祭りなのか気になる方は要チェック~!

それでは、ヒアウィーゴー!

【由来】イーペル猫祭りはあの伝染病がきっかけだった

猫祭りのパレードでは化け猫も登場~!!!

お祭りの開催場所であるベルギーのイーペルという町は、毛織物の生産地としてとても有名でした。むかしから毛織物をネズミから守るために多くの猫が飼われていたそうです。

現在世界中で新型コロナウイルスが流行っていますが、このお祭りのきっかけも世界を震撼させたあの伝染病がきっかけだったとは・・・!

その伝染病の名は、とくにヨーロッパに壊滅的な被害をもたらした疫病〝ペスト〟です。

当時、ペストは魔女の仕業だと思われ、多くの魔女狩りが行われました。そして魔女の遣いとして信じられていた猫にも怒りの矛先がむいたのです。。
なんと魔女狩り同様に、また魔女の疑いを晴らすべく多くの猫が高い塔から投げ捨てられたそうです…。

現在ではこうした悲しい歴史をくりかえさないように、魔女と猫の供養も含めて3年に一度開催されるようになったのが今回の『イーペル猫祭り(カッテンストゥッツ)』になります。

イーペル猫祭りのお祭りスケジュール

猫祭りは午後14時頃からパレードがスタートします~!
はじめは各協賛企業からキッズたちに向けてのパレードです^^

子どもたちが大興奮のお菓子投げ~!

メインパレードは15時くらいから45分間!(町を巡回するので終了は18時頃となります)
このパレードでは約15,000匹(人)の猫たちが観客を楽しませてくれますよ~💓

ニャンとも言えない猫のパレードが続々続きます!

18時頃から幸福の猫投げがスタート!
イーペルの町の中心地の繊維会館の塔の上からキャッチすると幸せになれると信じられている黒い猫のぬいぐるみが投げられます。

大怪我注意!繊維会館からの猫投げ!

幸福の猫のぬいぐるみは売店でも購入できますよ!

パレード終了後は大勢の人だかりができるので、押し合いによるケガやスリなどには注意しましょう~!

20時頃からは魔女の火あぶりの刑のデモンストレーションが行われます!
(※スケジュール変更で前夜祭で行われる場合もあるので、予め公式HPでチェックしておきましょう!)

火あぶりのショーで終了~!

イーペル猫祭りのおすすめ撮影ポイント

奇祭ハンターちよ子おすすめのフォトスポットのご紹介!

メモリアルゲート付近

橋の近くは至近距離でパレードがみれちゃう!

狭い道でのパレードは猫の出演者たちと近い距離で交流できます!
レトロな雰囲気の建物が背景に映るのでとても写真映えするのではないでしょうか?!

繊維会館前の有料席(もしくはその横)

市庁舎前は観客席にむかってパフォーマンスのサービスが…!

歩道から広場へドドーンと道幅が広がるので、視界が広く、パレードの規模も迫力あるように映るでしょう!
有料席の他にもマスコミ陣がいるので、パフォーマンスにも力が入ること間違いなしです!

イーペル猫祭りの開催日時・開催場所

イーペル猫祭り(カッテンストゥッツ)は3年に一度5月の第二日曜日に開催されます!
2021年の今年は5月9日を予定しています。

前夜祭でもパレードやパフォーマンスが披露されるのでぜひ前乗りしてみてくださ~い!

開催場所のイーペルは、ベルギー首都のブリュッセルから鉄道で約2時間。フランス寄りの町なので、フランスからも日帰りが可能です~!

現在ベルギーへ渡航するには・・・

現在ベルギー大使館のホームページによると「日本からの渡航者は必要不可欠でない渡航を制限する措置は適用されなくなった」との発表があります。
事前に渡航者追跡フォームへの登録をすれば、PCR検査不要で日本の居住者は誰でもベルギーへの入国が可能になりました!

あとはお祭りが無事に開催されることを祈るのみですね!
ペストのようにはやくコロナも落ち着いてほしい~~~!

奇祭ハンターちよ子
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
奇祭ハンターちよ子です💓
国内外問わず「ナニコレ?!」と2度見してしまうようなお祭りが大好物💓
地球4周88ヵ国88祭りを訪問済。
好きな国は北朝鮮で、2020年は北朝鮮のガイドブック『いつか行きたい朝鮮ガイドブック~これで不時着しても大丈夫~』を出版しました。

あわせて読みたい記事