Now Loading...
マツログ

川渡り神幸祭は迫力満点!華やかな神輿&山笠が映えます!

川渡り神幸祭は迫力満点!華やかな神輿&山笠が映えます!

「川渡り神幸祭」は、福岡県五大祭りの一つに数えられ、福岡県指定無形民俗文化財第1号に登録されているお祭りです。ここでは、福岡県田川市の川渡り神幸祭についてご紹介します。

川渡り神幸祭のここがすごい!〜歴史が長い〜

 

View this post on Instagram

 

#川渡り神幸祭 #田川の祭り #福岡 20180519

Hoang Loanさん(@hoangloan223)がシェアした投稿 –

川渡り神幸祭の由来は、永禄年間(1558~1570年)、筑豊地区あたりで疫病が流行した際、氏神である風治八幡宮にその終息を祈願し、成就のお礼として奉納されたことが始まりとされているそうです。以来、今日まで460年も続く、歴史と伝統のある祭礼になります。

川渡り神幸祭のここがすごい!〜ダイナミックな神輿と山笠の川渡り〜

黄金に輝く神輿は、総重量2トンにもなり、西日本最大級と言われています。またお供の山笠は11台にもなります。ちなみに、山笠から垂れ下がっているカラフルな部分は「バレン」と言って、稲穂を模したものだそうです。さまざまな色を用いている理由は、五穀豊穣を表しているとのこと。バレンに用いられている色が「白・赤・青・黄・緑」の五色であることは共通ですが、地域によって用いる色の順番が異なります。バレンは大きなものですが、なんと各地区の青年団が手作業で飾りつけするそうです。

 

View this post on Instagram

 

#川渡り神幸祭 #田川の祭り #福岡

Hoang Loanさん(@hoangloan223)がシェアした投稿 –

この神輿と山笠が川を渡るのですが、おとなの男性が川の水でずぶぬれになりながら、神輿や山笠を揺らしながら進んでいく様は、圧巻のひと言です。

川渡り神幸祭のここがすごい!〜夜の表情がまた素敵~

5月18(土)日、つまり初日の夜は、露店の明かりと山笠の電飾が、川面に映えて幻想的です。

昼間の川の中での躍動感とは全く異なり、暗闇の中、光輝く山笠の電飾はある種、荘厳で、見るものに安心感を与えてくれます。

川渡り神幸祭の基本情報

・開催日時:2019年5月18(土)〜19(日)日
・開催場所:風治八幡宮
・アクセス:JR田川伊田駅徒歩すぐ
・駐車場:あり(無料シャトルバスもあり)

まとめ

川渡り神幸祭は、二日間のことではありますが、「昼間の“動”」と「夜の“静”」どちらも魅力的なお祭りで、たとえ東京や大阪で暮らしていても、福岡県田川市出身者は、このお祭を観るために帰省すると言われるほどです。
そんな田川市の川渡り神幸祭に一度足を運んでみませんか。

※トップ画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kawawatari_Jinkosai01.jpg

インフォメーション

名称 川渡り神幸祭
開催場所 福岡県田川市
開催日 2019年5月18日(土)~2019年5月19日(日)
9:00~21:00、2日目は~16:30
アクセス JR日田彦山線田川伊田駅からすぐ(風治八幡宮)
関連サイト http://kawawatari.com/
https://www.mapple.net/spot/40001708/
written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい