Now Loading...

「河津桜まつり」春を待ちきれない人に、近寄る春の訪れを知らせる早咲きの河津桜

更新日:2020/6/9 obaq
「河津桜まつり」春を待ちきれない人に、近寄る春の訪れを知らせる早咲きの河津桜

首都圏で梅が開花し始める頃に伊豆で開催される「河津桜まつり」

首都圏では冬の寒さも和らぎ梅が開花し始める頃に、伊豆半島では早々と桜が花を咲かせます。河津町の河津桜はカンヒザクラとオオシマザクラの自然交配によって産まれたとされ、早咲きの種類に分類されています。例年2月上旬には開花を始めるのです。2020年には2月10日~3月10日に、「河津桜まつり」が開催されます。

早咲きの河津桜

カンヒザクラとオオシマザクラの自然交配によって産まれた河津桜

河津駅と河津川を結ぶ歩行者天国

河津は首都圏から新幹線を使えば2時間30分前後のアクセスです。桜まつりの開催期間中には伊豆急行線の河津駅は、電車が到着する度に大勢に人でごった返します。期間中には200万人前後の人々が訪れています。

電車が到着する度に大勢の人が下車する伊豆急行線の河津駅

伊豆急行線の河津駅の駅舎

河津駅の北西に向かう道路は歩行者天国となり、道に沿って河津桜が並木を作っています。所々、桜の木の下に菜の花が黄色い花をつけ、河津桜のピンクとコラボしています。

河津駅北西の歩行者天国

歩行者天国の河津桜の並木

歩行者天国でピンクの河津桜にコラボする菜の花

歩行者天国は河津駅と河津川を結び館橋に繋がります。

河津川に架かる館橋

河津川に架かる館橋

河津川に架かる館橋

河津川に沿って約3キロにわたって隙間なく繋がる河津桜の並木

館橋から上流にも下流にも、両岸に河津桜の並木が延々と繋がります。その全長は約3キロ、桜の本数も約850本にも及び壮観です。館橋から上流には荒倉橋、来宮橋、豊泉橋、かわづいでゆ橋などの橋が河津川に架けられ、その河原には隙間なく河津桜が植樹されています。

館橋から眺める河津川の上流

館橋から荒倉橋までの河津川岸の桜並木

館橋から荒倉橋までの河津川岸の桜並木

荒倉橋から笹原公園までの河津川岸の桜並木

河津川の河原の笹原公園

笹原公園から来宮橋までの河津川岸の桜並木

笹原公園から来宮橋までの河津川岸の桜並木

河津川に架かる来宮橋の袂

来宮橋から豊泉橋までの河津川岸の桜並木

河津川に架かる豊泉橋

河津川に架かる豊泉橋

豊泉橋からかわづいでゆ橋までの河津川岸の桜並木

豊泉橋からかわづいでゆ橋までの河津川岸の桜並木

豊泉橋からかわづいでゆ橋までの河津川岸の桜並木

館橋から下流も、やはり河津桜の並木が途切れることはありません。河口の浜橋まで、桜並木は続きます。

館橋から眺める河津川の下流

館橋から浜橋までの河津川岸の桜並木

館橋から浜橋までの河津川岸の桜並木

館橋から浜橋までの河津川岸の桜並木

館橋から浜橋までの河津川岸の桜並木

河津川の河口に架かる浜橋

街全体で約8,000本の河津桜が咲き乱れる河津

河津川の河川敷ばかりでなく河津の街全体には、約8,000本の桜が咲いています。豊泉橋の東で河津桜の原木を見ることができます。河津桜はソメイヨシノなどに比べて早咲きで、濃いピンク色の大きな花を咲かせるのが特徴です。原木のすぐ近くでは河津の桜の中でも屈指の名木の「かじやの桜」が広げた枝いっぱいにピンク色の花をつけています。

河津桜の原木

河津桜の中でも屈指の名木「かじやの桜」

河津桜の中でも屈指の名木「かじやの桜」

河津桜まつりでは、街全体に桜の名所が広がっていますから、河津桜観光交流館でマップやその他の情報を仕入れておくのがいいでしょう。

河津桜観光交流館

河津桜観光交流館

河津桜観光交流館

河津桜観光交流館の特産品売り場

河津桜観光交流館の食事処

長い散歩道を歩いた後に足の疲れを癒す足湯

延々と続く桜並木を端から端まで歩くと、足に疲れがたまることでしょう。河津川沿いには足湯が数か所設けられています。館橋から浜橋の間には「河津三郎の足湯処」、豊泉橋の袂には「豊泉の足湯処」、さらに北の「峰温泉大噴湯公園」にも足湯施設を備えています。「峰温泉大噴湯公園」の中央で、毎分約600リットルの湯量で高さ約30メートルまで噴き上げる温泉には驚かされることでしょう。

河津三郎の足湯処

豊泉の足湯処

豊泉の足湯処

峰温泉大噴湯公園

峰温泉大噴湯公園の足湯処

峰温泉大噴湯公園

峰温泉大噴湯公園で噴き上がる温泉

峰温泉大噴湯公園で噴き上がる温泉

峰温泉大噴湯公園の大噴湯たまご作りコーナー

河津桜の苗木から桜加工食品、海の幸までバラエティー豊富な土産物

河津川に沿って露店が軒を連ねるばかりでなく、歩行者天国沿いにも数多くの商店が並んでいるので、食事や土産の選択肢の種類は豊富です。河津桜の苗木を買って帰れば自宅で早咲きの桜を鑑賞できることでしょう。また土産物も桜の加工食品や相模湾の海の幸などバラエティー豊富です。

河津川沿いに並ぶ露店

河津川沿いに並ぶ露店

河津川沿いの食事処

河津桜の苗木を販売する店

河津桜の苗木を販売する店

河津土産「さくら大福」

河津土産「桜まんじゅう」

河津土産「桜餅」

河津土産「さくらそば」

河津土産「桜うどん」

河津土産「金目鯛」

河津土産「ハリコ」

河津土産「わさび漬」、「たたみいわし」

「河津桜まつり」は、例年2月上旬から3月上旬に伊豆半島の河津町で開催されています。河津桜は本州でも早咲きの種類のため、首都圏で漸く梅が開花し始める頃に伊豆半島の河津町を濃いピンク色に染め上げます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事