Now Loading...

ローソンの2021年桜スイーツは"飲む桜餅"!?実食レポート

更新日:2021/3/22 大塚 史織
ローソンの2021年桜スイーツは"飲む桜餅"!?実食レポート

いよいよ2021年も桜が咲いているのが見られるようになりました。普段のお買い物でも「桜」の文字やきれいなピンク色の商品がつい気になるという方も多いのでは?こちらの記事では、ローソンで購入可能な春のスイーツ・ドリンクを3点ご紹介いたします。

タピオカのもちもち×こしあんの甘味!「タピオカ桜ラテ  つぶあん入り」

初めにご紹介するのは「タピオカ桜ラテつぶあん入り(税込248円)」。2021年2月中旬から、コンビニ限定で発売されている商品で、ローソンでは「ウチカフェ」のシリーズとして発売されていました。
春を感じる桜色のラテに、つぶあんが和風のほどよい甘みと、ミルクにコクを加えてくれています。やや大きめのタピオカは、お店のような黒色のタピオカで、もちもち、つぶつぶとした食感が楽しかったです。華やかな香りや食感はありましたが、全体的に甘すぎず、さっぱりと飲めるところも良かったです。

コンビニスイーツの奇跡!?「ベリベリバスショコバスク風ショコラチーズケーキ」

続いてご紹介するのは、「ベリベリバスショコバスク風ショコラチーズケーキ(税込380円)」。ピンク色の華やかな色味が見た目にも可愛らしいケーキです。
食べてみるとクリームチーズといちごの甘酸っぱさが爽やか。土台のチョコレートはちょっとビターでしっかりした味の印象で、爽やかなベリーの部分との相性もいいです。
全体的になめらかな食感で、甘すぎず、食べやすいケーキだと感じました。一緒に試食したオマツリジャパンのメンバーにも、「コンビニスイーツ界の奇跡!」と大好評のスイーツでした!

まったり優しい気持ちになれる味「ミルク生まれのさくらグリーンティーラテ」

最後にご紹介するのはウチカフェ「ミルク生まれのさくらグリーンティーラテ(税込168円)」。香料を使用せず、釜炒り緑茶と塩漬けの桜の花と葉を冷たいミルクに浸けこんでじっくり抽出しているドリンクだそうです。飲んでみると、確かにさくらの香りがやさしく溶け込んだ甘いミルクという感じでとても美味しいです!

優しいグリーン色!

香料を使っていなくても、こんなにさくらの香りがはっきり分かるんだ!と驚いてしまうほど、鼻から抜けていく桜の香りが華やかです。
全体的にはやさしい甘さでミルキーな印象ですが、後味に緑茶の味が少し効いて、味の印象をしめてくれています。

まとめ

2021年のローソンの桜スイーツは、和を感じるドリンクや可愛らしいピンク色のケーキなどバリエーションに富んでいました。桜の開花も始まったこの頃。お家ではもちろん、桜の下でもローソンの桜スイーツを味わいながら、まったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

大塚 史織
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

あわせて読みたい記事