Now Loading...

まるごとみかん大福、愛媛の名物を食レポ!糖度12度以上のみかんのお味は?

更新日:2021/4/21 高橋 佑馬
まるごとみかん大福、愛媛の名物を食レポ!糖度12度以上のみかんのお味は?

愛媛名物のみかんが大福に!

愛媛県の名物と言えば、鯛めし、じゃこ天などがありますが、やっぱりみかんが有名ですよね!松山空港や松山城にある蛇口みかんジュースは、メディアに取り上げられるなどかなり話題にもなりました!そんなみかんが有名な愛媛県には、みかんを使った特産品があるはず。と言うことで調べてみるとありました!その名も「まるごとみかん大福」です!

早速手に入れてきたまるごとみかん大福。みかん色を基調にした、かわいらしいデザインのパッケージですね!こちらの商品は、「今治タオル」などでも有名な愛媛県北部の今治市にある和菓子屋「一福百果・清光堂」さんがつくられています。

みかん大福

あんこ、包生地にこだわる

まるごとみかん大福の主役はみかん、かもしれないですが、みかんの周りを包む生地(求肥)にもこだわりが詰まっています。袋から開けてまず登場するのはまさに生地の部分。国産の餅粉にこだわり、丁寧に練られた生地はもちっと柔らか!口に残らない食感にする、と言う部分にこだわられているそうです。

生地とみかんの間に塗られるあんこも特徴的!北海道十勝地方の生産者さんの白手亡(白いんげん)を用い、みかんと合わさった時にちょうど良い甘さのバランスになるよう白あんに仕立てられています!

まるごとみかん大福

直径6~7cm、糖度は12度以上!

さあ顔見世です!大福を切ると、みかんが登場しました!みかんがまるごと入っている姿は、みかん好きにはたまらない光景ですね!

なんとこのみかん、糖度が12度以上あると言うこだわり!12度以上と言うと、一般的なイチゴやスイカにも匹敵する甘さです。また大きさは小ぶりの3Sサイズ、直径6~7cmのものを使われているんだとか。

まるごとみかん大福

実食!

食べると口の中に広がるみかんの果汁!みかんの爽やかな甘さと白あんのおいしさのバランスが絶妙で、どんどん食べ進めてしまいます。正直一個では足りない!

なおこちらは冷凍で販売されていますが、シャリシャリ好きはあまり溶かさずに、しっかり甘さを感じたい時は溶かしてから食べるのがおすすめです。一個の商品でいろいろな味を楽しめるのも嬉しいですね!

■ご紹介した商品

【商品名】まるごとみかん大福

【価格】430円(税込)

【都内取扱い店舗】高島屋玉川店「銘菓百選」、KITTE丸の内「伊織/シン・エヒメ」など

大山祇神社御田植祭(一人角力)

今治名物を食べた後は、今治のお祭りもチェックしましょう!毎年旧暦の5月5日に行われる「大山祇神社御田植祭(一人角力)」は、愛媛県の無形民俗文化財にも登録されているお祭りです!

御田植祭とは、稲作をはじめる田植えの時期、田の神への祈りを込めて行われるお祭りです。各地の御田植祭のように早乙女が苗を植える神事が行われ、さらにこの大山祇神社では一人角力と言うユニークな奉納神事が行われます!目に見えない精霊と一人角力を行うこの神事。見応えがありますので、ぜひチェックしてみてください!

JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA ~祭りの祭り~で披露された一人角力

 

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事