Now Loading...

【メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト】雨具が創るアート

更新日:2020/9/4 obaq
【メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト】雨具が創るアート

雨具の傘でアートな空間を創造する「メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト」

2020年の初夏は、新型コロナウイルスに続く梅雨の長雨で、生活パターンを乱された方も少なくないでしょう。7月末までから打って変わって8月になると同時に、太陽が厳しい陽射しを降り注ぐようになり傘は無用となりました。ところが、埼玉県飯能市の「メッツァ」では6月4日~9月6日に「メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト」が実施され、傘の回廊でアートな空間が創造されています。

「メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト」のポスター

埼玉県飯能市の「メッツァ」に作られた傘の回廊

宮沢湖の畔にオープンした「ムーミン」のテーマパーク

「メッツァ」は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソン作品「ムーミン」のテーマパークです。飯能市の北部の宮沢湖の畔に「メッツァビレッジ」が2018年11月に、「ムーミンバレーパーク」が2019年3月にオープンしました。西武飯能駅から直通バスに15分足らず乗車すれば、迷うことなく訪れることができます。

「ムーミン」のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」のウェルカムゲート

「メッツァ」が接する宮沢湖

「メッツァ」と西武飯能駅を繋ぐ直通バス

「メッツァビレッジ」の傘の回廊「森と、湖と、アンブレラと。」

バスを下車すると、すぐに傘の回廊に入ることになります。はじめは「メッツァビレッジ」のエリアです。入口からマーケット棟に向かう100メートル前後の上空を、様々な色の傘がぎっしりと埋め尽くしています。通常は雨を遮るための用具としか考えられない傘に、意外な装飾性が備わっていることに驚かさることでしょう。木漏れ日のトンネルをテーマとした「森と、湖と、アンブレラと。」の世界が広がります。

「メッツァビレッジ」の入口

「メッツァビレッジ」の傘の回廊「森と、湖と、アンブレラと。」

「メッツァビレッジ」の傘の回廊「森と、湖と、アンブレラと。」

「メッツァビレッジ」の傘の回廊「森と、湖と、アンブレラと。」

「メッツァビレッジ」の上空を覆う傘

「メッツァビレッジ」の上空を覆う傘

「メッツァビレッジ」のマーケット棟

マーケット棟から宮沢湖沿いに暫く歩くと、「ムーミンバレーパーク」のウェルカムゲートです。

宮沢湖沿いの「メッツァビレッジ」の園路

「ムーミンバレーパーク」のウェルカムゲート

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

ウェルカムゲートから入った「ムーミンバレーパーク」のエリアにも、「メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト」の会場があります。傘の回廊が200メートル前後にわたって続きます。陽だまりの道をテーマとする「ムーミン谷とアンブレラ」の世界です。「メッツァビレッジ」と合わせて、約2,000本の傘が「ムーミン」のテーマパークに集められているのです。膨大な数の傘をマリメッコなど、世界的なブランドでデザイナーとして活躍する鈴木マサルがアートディレクターとして演出を行いました。

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミンバレーパーク」の傘の回廊「ムーミン谷とアンブレラ」

「ムーミン谷とアンブレラ」の最も奥のエリアでは、7月18日~9月6日の期間に「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」の演出が加えられます。突然傘の上から大量のミストが降ってくるのです。猛暑の中で涼を感じることができるのは嬉しいことですが、傘の回廊で傘をさすのは不思議に思えます。

「ムーミン谷とアンブレラ」での「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」の演出

「ムーミン谷とアンブレラ」での「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」の演出

宮沢湖側から眺める「ムーミン谷とアンブレラ」

宮沢湖側から眺める「ムーミン谷とアンブレラ」

いたるところで「ムーミン」に出会える「メッツァ」

「メッツァ」は「ムーミン」のテーマパークなので、いたるところで「ムーミン」に出会うことができます。「コムスク」には「ムーミン」に関する展示がぎっしりと詰まっています。「ムーミン屋敷」はムーミンパパが設計図を書き自らが建てた理想の家です。

「ムーミンバレーパーク」の中央の広場で並んで建つ「コムスク」と「ムーミン屋敷」

「コムスク」にぎっしり詰まる「ムーミン」に関する展示

ムーミンパパが設計した理想の家「ムーミン屋敷」

「ムーミンバレーパーク」の中央の広場には「エンマの劇場」が設けられ1日3回、「ムーミン」その仲間たちによるライブ・エンターテインメント・ショーが行われています。

「ムーミンバレーパーク」の中央の広場に設けられる「エンマの劇場」

「エンマの劇場」でのライブ・エンターテインメント・ショー

「エンマの劇場」でのライブ・エンターテインメント・ショー

さらに、「メッツァ」では、ショッピングやグルメを楽しむことができます。「コムスク」のショップには「ムーミン」のキャラクターグッズが溢れ、マーケット棟には北欧のグッズが充実しています。

「ムーミン」のキャラクターグッズが溢れる「コムスク」のショップ

北欧のインテリアグッズが充実するマーケット棟

「コムスク」1階のレストランカフェ

マーケット棟に隣接するヴァイキングホール

埼玉県飯能市の宮沢湖の畔にオープンした「メッツァ」は、「ムーミン」のテーマパークです。「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」の各々のエリアに傘の回廊が登場し、「メッツァ・アンブレラスカイ・デザインプロジェクト」が開催されます。通常は雨具でしかない傘約2,000本が、魅惑的なアートの世界を創造します。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事