Now Loading...

八坂神社例大祭祇園祭が開催!回る山車、宮神輿が見どころな守谷の夏祭り

更新日:2022/8/4 高橋 佑馬
八坂神社例大祭祇園祭が開催!回る山車、宮神輿が見どころな守谷の夏祭り

茨城・守谷の祇園祭

茨城県南部に位置する守谷市。秋葉原からつくばエキスプレスで30分強と言う立地から、都内へのアクセスも良い街です。この守谷市で毎年7月最終土曜日に行われているお祭りがあります。「八坂神社例大祭祇園祭」です!

守谷祇園祭

八坂神社例大祭祇園祭の舞台の中心地となる、八坂神社。守谷総鎮守として知られ、806年(大同元年)に牛頭天王宮をお祀りしたのがはじまりと言われています。また御祭神は素戔嗚尊(牛頭天王)で、京都の八坂神社と同じく7月にその例大祭として、祇園祭が開催されています!またこちらの祇園祭は、取手祇園祭、水海道祇園祭と並び、北総三大祇園祭にも数えられているお祭りです。

祇園祭当日、八坂神社へとやってくるとお祭りの開催を伝える提灯が掲げられていました。御祭神の素戔嗚尊には、厄除け、病気除けの力があるとされ、疫病退散・無病息災と書かれた提灯もありました。

守谷祇園祭

お祭りに合わせ、社殿にはたくさんの方が参拝しています!

守谷祇園祭

お囃子が響く参道

八坂神社を出て、鳥居前に延びる参道へと向かうと左右からお囃子が聞こえてきます。その盛り上がりの中、山車の姿も見えてきました!

守谷祇園祭

上町若連の山車です!舞台では、ひょっとこがアクロバティックに踊りを披露しています!

守谷祇園祭

時折こんな良い表情も!扇子を持って動く姿には勢いがあります。

守谷祇園祭

違う山車へとやってきました。こちらでは白狐も活躍!

守谷祇園祭

大衆を巻き込んでのこの盛り上がり!たまりませんねえ。

守谷祇園祭

和会の山車では、いろんな役者が登場しています。キレッキレの動きがかっこいい!

守谷祇園祭

こちらでもひょっとこと並んで、白狐が登場。先ほどとは違い、髪がふさふさしてますね。

守谷祇園祭

宮神輿の宮入、もみが必見

さあ、祇園祭もクライマックス!宮神輿が八坂神社へと向かいます。守谷の”も”でしょうか?”も”の提灯を掲げた皆さまを先導に、お神輿の行列が進んできます!

守谷祇園祭

そして来ました、宮神輿です!例年であれば、各町会から選ばれた24人で担ぐと言う宮神輿ですが、この担ぎ様はかっこいいですね!

守谷祇園祭

山車の間も通り抜け、宮神輿が四方に渡御していきます!

守谷祇園祭

20時、宮入の時間を目前に、宮神輿が鳥居前へと到着しました!上下に宮神輿を揺らす、もみが見どころです!

各町の山車も集まり一本締めが行われ、いよいよ宮入が行われます!

守谷祇園祭

宮入の瞬間は、動画でご覧ください!

無事宮入が済み、社殿前でも再びもみが行われました!この光景は感無量ですね。

お祭りの開催まで、宮司さんをはじめ関係者の皆さまは困難が多かったと思いますが、このようにお祭りを開催してくださったのには感謝です!

守谷祇園祭

山車が回る回る!

宮入が終わった後も、まだまだお祭りは続きます。山車が合わさってのパフォーマンスが見応え抜群です!

守谷祇園祭

山車が向き合い、お囃子を叩き合います。これはアグレッシブで熱くなりますね!

守谷祇園祭

さらに、守谷の山車は回るのです!こんな山車の動きを見たことがありますでしょうか?

社殿の横にも山車が登場。提灯の灯りと共に、美しい光景ですね。

守谷祇園祭

3台が出揃う場面も。お祭りのこの雰囲気がたまりません!

守谷祇園祭

また宮入前の社殿横の神楽殿では、御神楽の奉納が続けられていました。こちらも見応えがあります。

守谷祇園祭

夕闇に合わせて行われるこの雰囲気。クセになりそうですね。宮神輿、山車と合わせて、御神楽も要チェックです。

守谷祇園祭

八坂神社例大祭祇園祭で、もう一つ特筆すべき点が、左に見える大幟(おおはた)です!祇園祭は別名、祇園祭は幟祭(のぼりまつり)とも呼ばれているそうで、大きな幟が各所に上がることでも知られています。素戔嗚尊や祇園御祭礼など、いくつかの文字が掲げられます。

守谷祇園祭

露店ではお祭りグルメも!

守谷駅から八坂神社へと続く参道の道には、お祭りには欠かせないグルメを販売する露店も並びました。

守谷祇園祭

焼きそばや、たこ焼きなどのお祭りグルメの定番が発する匂いは食欲をそそりますね!

守谷祇園祭

暑い夏のお祭りと言うことで、かき氷を売る露店も。お好みの味が選べるのは嬉しいポイント!

守谷祇園祭

そして埼玉以北の北関東のお祭り露店でよく見るイカ。特に茨城は煮イカに出会う確率が高いです。守谷でも御多分に漏れず、思わず唾が出てきてしまう香りを発する赤い煮イカに出会うことができました。

守谷祇園祭

宮入後もこの活気です。お祭りの余韻を露店で楽しめるのは嬉しいですね!

守谷祇園祭

アクセス

■守谷駅まで

・秋葉原駅からつくばエクスプレス快速で30分強で到着

・つくば駅からつくばエクスプレス快速で10分強で到着

・千葉駅からJR中央総武線で西船橋駅へ、JR武蔵野線に乗り換え南流山駅へ、つくばエクスプレス快速へ乗り換え2駅。60分強で到着

・大宮駅から東武野田線で流山おおたかの森駅へ、つくばエクスプレスへ乗り換え3駅。60分強で到着

■守谷駅から八坂神社まで

・徒歩8分で到着

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事