Now Loading...
マツログ

「大滝氷まつり」、秩父の三十槌で見られる氷のアート

「大滝氷まつり」、秩父の三十槌で見られる氷のアート

「大滝氷まつり」期間中に見られる「三十槌の氷柱」

都心でも一冬に数回は雪化粧をまといますが、天候が回復すればあっという間に雪の姿は消えてしまいます。ところが、埼玉県の秩父地方の三十槌では、例年1月上旬から2月中旬まで冬の絶景、「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」を楽しむことができるのです。気候に合わせて「大滝氷まつり」が開催されています。2019年は1月5日から2月17日に実施され、この期間中の1月12日から2月11日には夜間のライトアップが行われました。2020年は1月7日(火)から2月24日(月)の日程で開催予定です。

「大滝氷まつり」に掲げられる「三十槌の氷柱」の幟

「大滝氷まつり」期間中に臨時で設置される「つららの見学場所」バス停

「大滝氷まつり」の期間中に、秩父鉄道の三峰口駅から秩父湖行きのバスに乗車すると、「つららの見学場所」という臨時の停留所が設けられていることに気づきます。

臨時のバス停「つららの見学場所」付近

バス停「つららの見学場所」付近の景観

バス停「つららの見学場所」付近の景観

バス道路から荒川の河原に下ると、氷のアートが広がります。荒川沿いの岩肌が、寒気のため氷柱で埋め尽くされるのです。

バス道路から荒川の河原に下る坂道

バス道路から荒川の河原に下る坂道

バス道路から荒川の河原に下る坂道

バス道路から荒川の河原に下る坂道

三十槌の氷柱

荒川沿いの岩肌を埋め尽くす氷のアート

氷柱は地球の重力に従って垂直に地面に向かい、先端は針のように尖っています。無色透明の氷の柱は、太陽の光を反射して七色に輝きます。幅約30メートルの川岸には、おじいさんの髭や猛獣の牙のように見えるアート作品が並び、まるでキャンバスのようです。自然がアーティストとなって、独創性に富んだ溢れる造形美を創り上げているのです。

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

三十槌の氷柱

広場に出店される露店

荒川の河川敷の平らな広場には露店が出店され、地元の特産品や食べ物を販売しています。

荒川の河川敷に出店される露店

荒川の河川敷に出店される露店

荒川の河川敷に出店される露店

露店で販売される地元の特産品

露店で販売される食べ物

露店で販売される食べ物

三十槌のカフェ

三十槌のカフェの前に設置された囲炉裏

三十槌のカフェの前に設置された囲炉裏

埼玉県の秩父地方の三十槌では、例年1月上旬から2月中旬まで「大滝氷まつり」が開催され、冬の絶景の氷柱を楽しむことができます。荒川沿いの岩肌が、氷のアートで埋め尽くされるのです。

2020年は1月7日(火)から2月24日(月)の日程で開催予定です。

written by
obaq

obaq

2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい