Now Loading...

最大408チームが参加したYOSAKOIソーラン祭り、第1回目の参加チーム数は驚きの●●チーム!?

更新日:2022/6/8 マサ
最大408チームが参加したYOSAKOIソーラン祭り、第1回目の参加チーム数は驚きの●●チーム!?

(画像:イラストAC)

皆さん一度は耳にしたことであろう「よさこい祭り」ですが、発祥の地は高知県となります。
鳴子という木製の楽器を持ち、曲によさこい節を入れれば、後は服装も音楽も自由!
この手軽さが受けて、今は全国に広がっております。

なんと、よさこい系列の祭りは70カ所以上もあり、宮城県仙台市「みちのくYOSAKOIまつり」、岩手県盛岡市「YOSAKOIさんさ」、栃木県小山市「YOSAKOIおやま」、静岡県沼津市「よさこい沼津」、大阪府泉大津市「よさこいin泉大津」、広島県呉くれ市「よっしゃこい祭」など、さらにはハワイや東南アジアでも定期的に行われています。

そんな、全国に派生した「よさこい祭り」中でも代表格とも言われるのが「YOSAKOIソーラン祭り」です。高知県の「よさこい祭り」をルーツに、北海道の「ソーラン節」をミックスして、1992年に第一回目が開催されました。

さて、ここでクイズです。2019年開催の第28回では参加チーム279、最大規模となった2001年第10回では408チームが参加した「YOSAKOIソーラン祭り」ですが、記念すべき第1回目の参加チーム数は何チームだったでしょうか? 正解はこちら!

正解は、わずか10チーム! 初回はよさこい祭りに魅せられた北海道の学生によって企画され、道内の大学を中心に開催されたのがルーツとなります。ここから現在の規模にまで成長したのは、本当にすごいですよね。

参考記事:
よさこいとは」(Summer Penguins)
よさこい」(JLOGOS)
よさこいの歴史」(yosakoi-nippon)
歴史と開催結果」(YOSAKOIソーラン祭り)

今年で第31回目を迎える「YOSAKOIソーラン祭り」とは!?

さて、そんな「YOSAKOIソーラン祭り」ですが、今年で第31回を迎えます(2022年6月8日~2022年6月12日)。

去年と一昨年は、新型コロナウイルスの影響で中止でしたので、満を持しての開催となります。華やかに装飾した地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックが、踊り子隊を先導し、街全体を演舞会場に変化させます。

見どころ満載のこの「YOSAKOIソーラン祭り」是非、北海道まで足を運んで、非日常を味わいましょう!

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 第31回YOSAKOIソーラン祭り
開催場所 北海道札幌市中央区
大通公園西8丁目会場/大通南北パレード会場
開催日 2022年6月8日(水)~2022年6月12日(日)
会場により異なる(詳細は要問合せ)
主催者 YOSAKOIソーラン祭組織委員会
アクセス 地下鉄大通駅からすぐ(大通公園)
関連サイト https://www.yosakoi-soran.jp/
https://www.mapple.net/spot/1000159/
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
雑学大好き、人間大好き男です!
異文化交流という名目の下、週末は色んな人と飲んでおります。

あわせて読みたい記事