Now Loading...

和歌山の地元民が好きなご当地ラーメンは?和歌山ラーメンvs天かけラーメン〈実食〉

和歌山の地元民が好きなご当地ラーメンは?和歌山ラーメンvs天かけラーメン〈実食〉

\7月11日はラーメンの日!/ラーメンの日におすすめしたいご当地ラーメンをご紹介!
この記事では、ラーメン通なら一度は食べたことのある和歌山ラーメンと、同じく和歌山が誇るB級ご当地ラーメン「天かけラーメン」をレポート!あわせて和歌山のお祭りもご紹介します。

和歌山ラーメンとは?

和歌山ラーメンは、その名の通り和歌山県のご当地ラーメン。スープは豚骨しょうゆ味ベースのものが主流です。麺は細めのストレート麺が一般的で、好みで麺の硬さを選べるお店も多いです。具は青ねぎ、メンマ、チャーシューの他に、特徴的な具として紅白の模様の入ったかまぼこが入ります。個人的には青ねぎを追加で注文し、大量にトッピングするのがおすすめです。
テーブルには、それぞれ早ずしと呼ばれる鯖の押し寿司やゆで卵が置いてあって、ラーメンが出る前につまんだり、ラーメンと同時に食べる地元人を多く見かけます。

地元人御用達!中華そば 丸田屋の和歌山ラーメン

筆者が和歌山出身の夫と帰省する度に食べるのが和歌山ラーメンです。和歌山ラーメンの元祖といえば「井出商店」さんが有名ですが、今回は、地元人オススメの「中華そば 丸田屋」さんの和歌山ラーメンをご紹介します。

丸田屋は、井出商店で3年間修業された店主が、幼い頃から食べ親しんだ和歌山の味を大切にし、かつ新しいスタイルを創造していきたいという想いで誕生しました。
その想いと味で、岩出本店、次郎丸店、ぶらくり丁店、南紀白浜店と、和歌山で4店舗も展開する人気のお店となっています。

その味は?

お昼時に行くと、4組ほど待っていました。さすが人気店です。ラーメン屋さんのいいところは回転のよさ!すぐに私たちの順番になりました。

オーダーしたのは、スタンダードの中華そば。
筆者はねぎは多めが好みなので、青ねぎのトッピングを追加します。

ねぎのトッピングたっぷりにねぎが好み!

ラーメンができあがるの待つ間に、ついつい食べてしまう鯖寿司やゆで卵も和歌山ラーメンならではです。
丸田屋さんでは、「たまごめし」や「しらすめし」といったご飯ものが充実!小さなお子様がいらっしゃる方にも大人気です。

和歌山ラーメン親の食べているラーメンも食べたくなっちゃいますよね(笑)

そうこうしているうちにラーメンが到着!

和歌山ラーメン 丸田屋丸田屋の和歌山ラーメン

まずはスープ!豚骨に醤油のコクが絶妙。濃厚なスープながら、口当たりはまろやかです。

続いては麺。ストレート麺ですが、スープのとろみでしっかり麺に絡みつきます。

トッピングのチャーシューも柔らかで美味!ご飯と一緒に食べたくなるのは私だけではないと思います。

次に味変!大量のねぎを追加投入し、自分好みにかえていけるのも嬉しいですね!

たっぷり食べて大満足!和歌山帰省の目的を一つ果たすことができました!

忘れちゃいけない!和歌山のソウルフード「天かけラーメン」って?

和歌山県のご当地ラーメンといえば、和歌山ラーメンですが、地元民が小さい頃から食べているB級グルメ!グリーンコーナーの天かけラーメンも、和歌山のご当地ラーメンといっても過言ではありません!
ショッピングモールへ家族で買い物に行ったとき、部活帰りに、デート飯に、和歌山出身の人なら、この天かけラーメンにまつわる思い出も多いのではないでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yui_manmaがシェアした投稿

その味は?

天かけラーメングリーンコーナーの天かけラーメン

鶏ガラベースのスープに、細めのストレート麺。わかめ、ネギ、紅生姜に、天かすというシンプルな具材がトッピングされています。

天かすとスープと麺が絶妙にからみあってスイスイ食べてしまいます。なんともチープな味わいがくせになります!

地元人に愛されるのも納得です。
しかもお値段400円ほど!コスパ最強!和歌山に行く機会がありましたら、ぜひお試しくださいね!

食べ終えたら〆のご当地アイスのグリーンソフトもお忘れなく。

人形供養で有名!和歌山「淡嶋神社」のひな流し

ひな流し

ひな流しは女の子の健やかな成長と幸せを祈り、白木製の舟に乗せ海に流す神事。女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる淡嶋神社に、全国各地から奉納された雛人形と願い事を書いた形代が届き、この神事が行われます。

3艘の船に乗せられた人形達が海に流されます。この流された人形はその後回収されお焚き上げがなされ供養されます。

ひなながし

この淡嶋神社は、人形供養で有名な神社。全国に1000社もある「淡嶋系統」の総本社となっています。また、全国で行われているひな流しの原型は、加太の淡嶋神社だと言われています。

和歌山で見に行くのは難しいと思いますので、気になった方はぜひ過去のレポートをご覧ください!

ひな祭りオリジン、淡嶋神社のひな流し 君は人形たちの声を聴いたことがあるか?

まとめ

7月11日のラーメンの合わせて、和歌山が誇るご当地グルメ「和歌山ラーメン」と「天かけラーメン」をご紹介させていただきました!
どちらも和歌山人にとっては、小さいころから食べているソウルフード!どちらが好きかと聞かれても、なかなかどちらかに決めるのは難しいとのこと!

ということで、勝負は引き分け!
ぜひ和歌山へ行かれた際は、どちらも食べてみてください。

祭り開催情報

名称 淡嶋神社 雛流しの神事【2020年雛舟渡御については中止】
開催場所 和歌山県和歌山市加太
淡嶋神社
開催日 2020年3月3日(火)
12:00〜 毎年3月3日 ※令和2年度の雛舟渡御については執り行いません。雛納神事(本殿)と雛流し神事(桟橋)のみ執り行います。
アクセス 加太・南海電車 加太駅 下車徒15分
関連サイト http://www.kada.jp/awashima/
http://www.wakayamakanko.com/sightsee...
オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事