Now Loading...
マツログ

りんどう湖LAKEVIEW花火大会2020をレポート。嬉しい最新追加情報も!?今年の花火大会はここで決まりッ!【速報】

りんどう湖LAKEVIEW花火大会2020をレポート。嬉しい最新追加情報も!?今年の花火大会はここで決まりッ!【速報】

栃木県の那須りんどう湖レイクビューで連休初日に花火大会が行われました。
今年はコロナウイルスの感染拡大を懸念して、ほとんどの夏の花火大会が中止になってしまい、花火の打ち上げが行われたとしても場所の非公開であるシークレット花火。
そんな中、世間一般にも情報を公開している貴重な花火大会をレポートします。

那須りんどう湖レイクビューとは

那須りんどう湖レイクビューは、大自然に囲まれたレジャー施設であり、動物たちとの触れ合いや子供たちが楽しめるアトラクションも数多く用意されています。園内での食事やお土産などのショッピング施設もあるので、早めに来て遊んでみるのもオススメです。花火目的の人には午後4:00からの入場券も有り。

また花火の日に限り、駐車場の料金が2,000円必要ですが、ありがたい事に園内で使用できる金券2,000円分が付いて来るので実質無料みたいなものです。当日のみ有効なので使い切るのをお忘れなく。

コロナ禍でも花火大会を実施できる理由

まず一般の花火大会では市などからの補助金や周辺企業などからの協賛金で成り立っています。コロナウイルスの感染拡大を懸念する花火大会は協賛金を集める為の理解が得るのが非常に厳しい現状です。
次にコロナウイルスの感染症対策が難しい事です。様々な場所から集まり観覧できてしまう普通の花火大会ではソーシャルディスタンスにしても来場者頼みになってしまいます。万が一、感染者が出た場合の責任問題など色々と難しい課題が山積みなのです。

その点、テーマパークなどの施設では資金に関しては入場料や花火席の販売で賄い、感染症対策にしても入場口での検温、一度使用したアトラクションは徹底したアルコール消毒、従業員のマスク着用など自分たちである程度の実施が可能になります。ここでは都心の花火大会の様な大混雑はないし、観覧席にしても区分けされた升席が用意されているので、ソーシャルディスタンスの問題もクリアできます。当日の有料観覧席も用意しているので、ネットで買えなかった人も購入を検討してみてください。

りんどう湖LAKEVIEW花火大会情報

タイトル:開園55周年記念りんどう湖花火大会~55キャンペーン 元気と勇気と希望を送りたい~
日時:2020年7月23日~25日 19:30~20:25(55分間)
会場:栃木県那須郡那須町高久丙414-2 那須りんどう湖レイクビュー
担当煙火店:金太郎玩具店
最大号数:4号玉
打ち上げ数:1日5,500発(小型煙火含む)
※荒天中止
※社会情勢による中止もあり

有料観覧席について

<追加最新情報>
日程:2020年8月1・2・8・9・10・15・16・22・23日
他要件は全て上記と同様。

花火大会

花火の種類を教えるレクチャー花火から始まります。最大4号玉(開花直径約120m)とは言え、打ち上げ場所が湖の対岸と言う至近距離なので大迫力です。
小型煙火が多用され大音量になるので乳幼児については多少離れた場所を検討してみても良いかもしれません。また当日の来場者からメッセージを募集して打ち上げるメッセージ花火もあります。他には湖面を使った水中花火が見所の一つでしょう。

個人的に興味深かったのは、水上じゅうたんのプログラム。詳しくは下にTwitterの動画を載せるので見て貰った方が分かりやすいと思いますが、最初の赤い炎は金魚花火になります。近年では水質汚染の問題などでなかなか見る機会がない貴重な花火です。

天候も雨は上がって良かったのですが、打ち上げ時間の間はずっと煙が滞留してしまい残念。こればっかりは仕方のないところです。

まとめ

今年は開園55周年記念として例年の倍に増量しての打ち上げだったそうです。打ち上げ数を増やすとどうしても花火の品質が落ちてしまうので、あまり数にはこだわって欲しくない所ですが、昨今の情勢からすれば、しっかりとした花火大会を開催してくれるだけで御の字です。

日本には様々なテーマパークがありますが、花火大会を行うにはリスクがあったりと二の足を踏んでしまう様です。今回、無事に花火大会を開催できた実績は間違いなくモデルケースの一つとなると思います。他の場所も是非とも続いて欲しいものです。

written by
蛭田 眞志

蛭田 眞志

花火専門カメラマン&花火専門ライターです。
日本の良質な花火文化を後世に残すために記録し、花火に携わる人達を応援しています!
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい