Now Loading...

リニューアルした西武園ゆうえんち!混雑を回避しながら楽しむには?

更新日:2021/7/2 高橋 佑馬
リニューアルした西武園ゆうえんち!混雑を回避しながら楽しむには?

埼玉県所沢市の「西武園ゆうえんち」が、開業70周年を記念して2021年5月にリニューアルオープン!

「心あたたまる幸福感に包まれる世界」をコンセプトに1960年代を再現した様子をすでにネットやテレビで目にした方も多いと思いますが、口コミがさらに注目を呼びオープンしてから1ヵ月ほど経った現在も連日大盛況。いま多くの人々から注目を集めているこのテーマパークに、混雑を回避しながら遊び尽くす方法はあるのでしょうか?

そこで、この記事では筆者自らが西武園ゆうえんちに足を運び徹底レポート。リニューアルした西武園ゆうえんちの見どころを、快適に楽しむためのテクニックと合わせてご紹介します!

生きた昭和の熱気がほとばしる商店街

まずはリニューアルした「西武園ゆうえんち」の見所をご紹介していきます。

西武園ゆうえんちへのゲートを抜けると、目前に広がるのは商店街!まるで昭和30年代の世界にタイムスリップしてしまったかのような、どこか懐かしい光景が広がります!この新しいのに懐かしい非日常のエンターテイメント体験に巻き込まれる世界こそが、グランドオープンの醍醐味なんです!

西武園

歴史がある、と言うことを逆手にとって、古さをレトロな魅力に変えてしまうと言う演出が光ります!お肉屋さん、魚屋さん、八百屋さんなど、専門に特化したお店が並ぶのも当時の商店街ならではの光景。まだスーパーマーケットが身近には存在しなかった時代の、活気のある商店街の街並みがどこまでも続きます!

西武園

商店街を進むと魚屋さんがありました。半纏にねじり鉢巻き、白い長靴と言う風貌がなんともリアルです。屋号の「魚勝」と書かれた前垂れもカッコいいですね!

西武園

こちらでは焼魚まで並んでいます。ここで一品買うことができれば、夜ご飯のおかずにも事欠かないですね!(注:買えません)

西武園

この魚勝さんの前にあるのが八百屋の「青果八百八」さん。こちら商店街の名物の1つなんです!ひょうきんな店主が出迎えてくれました!

西武園

軒先には新鮮な野菜が並びます。地場産野菜にこだわっているのか、所沢産の長ねぎ、お隣群馬県産のごぼうなどがありますね!

西武園

さあなぜ名物なのかと言うと、こちらの店主はかなりの芸達者!バナナのたたき売りから、この時は野菜や魚を使ってのけん玉を披露していました。一たび芸がはじまると道行く人も足を止め、人だかりができていますね!

西武園

もう一つの名物は、紙芝居屋さんです!商店街の中で不定期で開催されている催しです。紙芝居がはじまる前には、自転車に乗って「紙芝居はじまるよー」とアナウンスをして回っています!

西武園

拍子木を使って音を出したり、独特な口上で紙芝居のストーリーが展開されている様子は、まさに昭和の風景。当時子どもたちが熱狂した娯楽を、ぜひご堪能ください!

西武園

懐かしい遊び場も!

この商店街の中では、独自の通貨「西武園通貨」を手に入れることで、遊んだり、食べたりすることができるんです!西武園通貨は、チケット売り場や商店街内の郵便局などで購入できますので、ゲットして楽しみましょう!

※西武園通貨の使用は当日限り、返金不可なのでご注意ください。

西武園©TEZUKA PRODUCTIONS

西武園西武園通貨が手に入る、入口のチケット売り場の様子。(TM & © TOHO CO., LTD  ©TEZUKA PRODUCTIONS)

西武園通貨が手に入ったら、商店街に並ぶこんな射的場でも遊べますよ!昭和を思い出す、駄菓子屋グッズを狙ってみてください!

西武園

懐かしいゲームを楽しめる遊技場もありました!

西武園

うまくレバーを引いて、大当たりを狙いたいですね!

西武園

昭和グルメを楽しもう!

西武園通貨を使えば、昭和グルメを満喫することもできます!例えば、こちらのお店では「所澤のせうゆ焼だんご」が手に入るんです!他にもテイクアウトでは、お肉屋さんのクロケットなどが購入できますよ!

西武園

こちらの左手にあるお食事所「食堂 助六屋」では、店内での飲食ができます!お昼時になると、たくさんの人がのれんをくぐっていました。

西武園

町の定食屋さんと言うメニューがいいですね!和洋中、お好みのものをお選びください!

西武園

商店街中腹にある喫茶ビクトリヤさんでも飲食が可能です!レンガづくりのおしゃれなお店ですね!

西武園

こちらでは、あの頃親に百貨店のレストランへ連れて行ってもらった時を思い出すような、メニューラインナップが展開されています。クリイムソーダは定番ですね!

西武園

スパゲッティやカツサンドも並びます!何を食べようか悩んでしまいそう!

西武園

商店街裏で不定期に製造される、ポン菓子も西武園通貨で購入することができます!懐かしい味ですよね!

西武園

商店街の見どころは他にもあります!このような壁紙チラシから、あのアニメを彷彿とさせるような土管まで。細部までこだわった昭和の世界をお楽しみください!

西武園

西武園

西武園

西武園商店街の全体図が分かる地図です。

どこか懐かしい遊園地&ゴジラ・ザ・ライド

商店街を抜けると、その先にはどこか懐かしさを感じる遊園地が広がっています。こちらは踊り狂うタコのアトラクション「オクトパス・アドベンチャー」です!

西武園

西武線との共演を見られるスポットもあります!

西武園

他にも回転空中ブランコや地上62mの大観覧車などが楽しめます!

西武園

西武園

西武園

対して、グランドオープンに合わせて新しく登場したのがこちら、「ゴジラ・ザ・ライド」!丘の上にある映画館「夕陽館」の中で体験できます!

西武園TM & © TOHO CO., LTD

昭和の怪物、ゴジラとキングギドラが繰り広げる激しい戦いの中に入れられてしまうこちらのアトラクション。「ALWAYS 三丁目の夕日」などを手掛ける映画監督の山崎貴さん制作の映像に包まれながら繰り広げられる、興奮の5分間を味わえます。これは体感すべきです!

西武園TM & © TOHO CO., LTD

混雑を回避しながら楽しむために知っておきたい3つのポイント!

ここまでで園内の主な見どころをご紹介しましたが、気になるスポットやアトラクションはありましたか?

この西武園ゆうえんち、リニューアルオープンしたばかりというところで混雑具合も気になると思いますが、注意すべき3つの混雑スポットと、その回避テクニックを知っておくだけで快適に楽しめちゃうんです。

その1:チケット売り場

西武園ゆうえんちへ入るためのチケット売り場ですが、土日祝日を中心にオープンの10時からお昼過ぎごろまでは込みやすくなっています。事前にWEBチケットを購入しておくことで、チケット購入列に並ばずに真っすぐ入場口へ行くことができおすすめです。西武園通貨付きのチケットも販売されていますので、事前購入することでこちらを買う手間も省けますよ。

その2:飲食店

記事でご紹介した「食堂 助六屋」、「喫茶ビクトリヤ」が店内で飲食のできるお店になりますが、お昼時には大変込み合います。12時を過ぎるとどんどんお店に入るための列が長くなっていくので、これらのお店で飲食したい方は早めに行ってしまうことをおすすめします。なお飲食には西武園通貨が必要になるので、事前の入手も忘れずに!

その3:ゴジラ・ザ・ライド

商店街と共にグランドオープンの目玉である「ゴジラ・ザ・ライド」。人気のアトラクションと言うこともあり、土日祝日は混雑が予想されます。開園時を狙う、もしくは可能な方は平日に行くことをおすすめします。

アクセス情報

西武園ゆうえんちへのアクセスですが、最寄りは西武山口線の西武園ゆうえんち駅です。駅から西武園ゆうえんちへは直結になっています。新宿や池袋からでも西武線を乗り継ぎ50分以内で訪れることができます!

引用:西武園ゆうえんち

西武園

心あたたまる幸福感に包まれる世界へとリニューアルした西武園ゆうえんち。この記事だけでは伝えきれない魅力がたくさんつまった空間となっています。ぜひ現地でその魅力を体感してください!

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事