Now Loading...
マツログ

「第21回 四国酒まつり」が2月22日に開催 四国の銘酒80蔵大集合!四国最大の日本酒の祭典

「第21回 四国酒まつり」が2月22日に開催 四国の銘酒80蔵大集合!四国最大の日本酒の祭典
四国の中心部に位置する“阿波池田”(徳島県三好市)は、「四国の灘」とも称される、知る人ぞ知る隠れた酒処である。

試飲会や酒蔵開放など、酒好きにはたまらない『四国酒まつり』

今回で第21回を数える『四国酒まつり』では、毎回好評の特別企画「地酒試飲会:四国の銘酒80蔵大集合!」を開催。ズラリと並ぶ銘酒を心おきなく自由に飲み比べることが出来、自分好みのお酒にも出会えるはずだ。
さらに地酒試飲会場内にて、利き酒名人の称号と県大会出場をかけた「利き酒大会」や四国4県の地酒をベースに各県の特産品をあしらった創作カクテルのコンペ「地カクテルバトルロイヤル」も実施。

そして歴史を誇る地元酒蔵の「酒蔵開放」では、新酒が仕上がりを迎える2月だからこそ、酒造りの一連の工程をくまなく見学でき、杜氏や蔵人から直接お酒の説明が聞け、搾り立ての新酒も味わえるなど、酒好きにはたまらない盛り沢山の内容となっている。

マルシェや美肌温泉など、お酒を飲めない方でも楽しめる

さらに市内各所では、三好市近隣の美味しい食品や素敵な雑貨を販売する「うだつマルシェ」や「銀座よろず市」、「駅前ガーデンカフェ」が開催される他、各会場を巡るスタンプラリーも実施される。また、大歩危のホテルでは、地酒をあしらった三好市の新名物「お美姫(おみき)鍋」に舌鼓を打ち、美肌温泉を堪能できる「四国酒まつりの夕べ」が開催されるなど、各種協賛イベントも目白押しで、お酒を飲めない方でも一日中楽しめるようになっている。

とにかく酒密度が高いイベントとなっており、全国各地から日本酒愛好家が集う。前回開催時(第20回記念)はイベント全体で延べ28,000人を超える動員があり、最近では若い女性や海外からの来場者も目立つようになった。

たまたま隣り合わせた人たちが、そこかしこで日本酒談議に花をさかせる。そんな和やかな雰囲気を来場者や地域の人々と共に創り上げていることが魅力のお祭りである。

第21回『四国酒まつり』のイベント概要

・開催日:令和2年2月22日土曜日

[地酒試飲会]
三好市池田総合体育館(池田町マチ2551-1) 10時~16時
https://goo.gl/maps/zenwDwCu9cXK5oU17

■入場料 前売券:2,000円、当日券:2,300円
全国のセブン‐イレブン店頭マルチコピー機もしくはセブンチケットWEB
http://7ticket.jp/s/081659/p/20200222/1
全国のファミリーマート店頭端末もしくは楽天チケットWEB
https://ticket.rakuten.co.jp/event/rtshkke/
※当日券は売り切れる場合があるため、前売り券の購入をおすすめしている。
当日一人1回限り有効。変更・払い戻しはできない。
※飲食物の持ち込み禁止・再入場不可。
※お酒を飲まない方も入場料が必要。
※原則、未成年者の入場はできない。
※お酒は十分用意しているが、万が一品切れとなる場合もある。
※飲み過ぎに注意する。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されている。
※飲酒運転は絶対にしない。
※来場の際は公共交通機関を利用する。

[酒蔵開放] 11時~15時 入場無料
・今小町(池田町サラダ1756)
・三芳菊(池田町サラダ1661-3)
・芳 水(井川町辻231-2)

※芳水酒造へは、阿波池田バスターミナルより無料シャトルバスで送迎あり
※1便の座席数には限りがある

 [四国酒まつりの夕べ]
サンリバー大歩危(山城町大歩危) 20時~21時30分
https://www.mannaka.co.jp/hotel/hotel.html

■ 入場料 3000円
※当日一人1回限り有効。変更・払い戻しはできない。
※ 温泉を割引価格200円で入浴できる特典付き。
※ サンリバー大歩危へは、無料送迎バスを運行。(行きは、阿波池田バスターミナル19時発。)

詳細は下記公式サイト参照。
■四国酒まつり公式HP:http://www.shikoku-sakematuri.com/

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい