Now Loading...

手筒花火ってどんな花火?由来や手筒花火が楽しめるイベントをお届け!

手筒花火ってどんな花火?由来や手筒花火が楽しめるイベントをお届け!

手筒花火とは、火薬が詰まった竹筒を人が抱えて吹き上げる花火。シューシューと天に向かって火の粉を噴射させ、最後には「バン!」と大きな音を立てて底を破裂させます。
体を張って夜空に放つ花火はとてもスリリングでダイナミックな魅力があります。今回は「手筒花火ってなに?」「聞いたことはあるけどけどよく分からない」という方のために、手筒花火の由来や魅力、手筒花火が見られるおすすめのイベントをご紹介します。

(2022.09.22更新)

手筒花火の由来や特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

不動 おはようございます 昨夜行った大清水の花火大会 手筒撮影は楽しいけどムズい(笑) いろいろあったけど撮る事は出来ました まさかの3脚置いておいてすこし目を離したらどかされとるとか(笑) まぁ、いいや!ってなったけど少しイライラしてしまった😅 修行が足りんね すこし、手筒花火と彼岸花続きます お付き合い下さい 撮影地 愛知県豊橋市 大清水小学校 撮影日時 2019/10/05 20:00 📷Nikon D5 +AF-S Nikkor70-200/f2.8GVR2 F6.3*ss1/13*iso100*-1EV #sorakataphoto #キタムラ写真投稿 #どんつき同盟 #ひろがり同盟 #ひがしみかわ #japantravelphoto #special_spot_ #bestaichipics #東海カメラ倶楽部 #nipponpic #japan_art_photography #photo_jpn #instagramjapan #japan_bestpic_ #photographclub #jalan_travel #pt_life #ptk_japan #visit_tokai #vivid_impact #ig_world_colors #japan_great_view #japankuru #ig_myshots #大清水煙友会 #手筒花火 #IGersJP #pt_life_ #ptk_japan #絶景delic

とし@1977(@tosh_photograph)がシェアした投稿 –

手筒花火とは、長さ約1メートルの竹筒に3kgほどの火薬を詰めて、揚げ手と呼ばれる人が筒を脇の横に抱え、巨大な火柱を噴出させる勇壮な花火です。愛知県三河周辺が発祥の地とされ、無病息災や五穀豊穣、家運隆盛を祈る神事(しんじ)として伝えられてきました。

ちなみに、手筒花火に使用される黒色火薬は煙で合図を送る「狼煙(のろし)」にも使われていたと言われています。
発祥の地とされている三河では徳川家康が初めて手筒花火の原型である立花火(たちはなび)を見た場所で有名です。

手筒花火が楽しめるおすすめの花火大会をご紹介!

迫力満点で縁起の良い手筒花火。お祭り好きならぜひ一度生で観てみたいですよね。手筒花火を見られるイベントは夏に集中しておりますが、これからの直に貴重な手筒花火を鑑賞できるイベントをご紹介します。

10mの高さの火柱を一斉に吹き上げる「炎の祭典~炎の舞~」

「炎の祭典~炎の舞~」は、手筒花火の発祥の地・愛知県豊橋市で開催される手筒花火の大会です。
大筒や綱火など、手筒以外にも様々な花火が楽しめますが、やはり目玉は手筒花火の一斉披露。花火師が抱える竹筒から吹き上がる火粉の迫力は、まさに圧巻です。2022年は11月19日(土)、20日(日)開催を予定しています。詳細は豊橋商工会議所ホームページをご確認ください。

 

まとめ

今回は手筒花火についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?が体を張って挑む手筒花火。他のお祭りにはない、エキサイティングな体験ができるかもしれません。お祭り好きならぜひ一度は鑑賞したいですね。

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 第27回 炎の祭典 〜霜月炎の舞〜
開催場所 愛知県豊橋市
豊橋公園内豊橋球場特設会場
開催日 2022年11月19日(土)、2022年11月20日(日)
両日とも開場16:00、開演17:00、終演18:30(予定)
主催者 炎の祭典実行委員会(豊橋商工会議所内)
アクセス 【豊橋公園 内豊橋球場およびその周辺一帯】例年開催場所

JR東海道新幹線豊橋駅から豊橋鉄道市内線運動公園前・赤岩口行きで9分、「豊橋公園前」下車、徒歩3分
関連サイト https://www.toyohashi-cci.or.jp/event...
https://www.mapple.net/spot/23010041/
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事