Now Loading...

羽黒山梵天まつりは栃木・上河内の秋の風物詩!ホイサと担がれた梵天が山頂へ駆け上る

更新日:2023/12/18 高橋 佑馬
羽黒山梵天まつりは栃木・上河内の秋の風物詩!ホイサと担がれた梵天が山頂へ駆け上る

栃木・上河内の秋祭り

栃木県の県庁所在地、宇都宮市。その市内北部に、東北自動車道を走る方にはサービスエリアでお馴染みの上河内地区があります。この上河内地区で毎年11月第三土曜日とその翌日に二日間で開催されているお祭りがあるんです。その名は「羽黒山梵天まつり」!

梵天まつり

梵天とは大型の幣束のことで、神様の目印になるものと言われています。この梵天を上河内地区では約15mの竹竿の先に和紙やビニールの房を付けることで作り、勇壮に担ぎながらお祭りの日は進んでいくんです。それでは本祭が行われた11月18日のお祭りの様子を、ここからはご紹介していきます!

梵天が賑やかに進む

お祭り当日の上河内地区へとやってきました。梵天ゆず街道と名付けられた県道63号はお祭りに合わせて歩行者天国となっているのですが、11時を過ぎると集落の方向からはじめの梵天の姿が登場。「ホイサ!ホイサ!」と掛け声を上げながら元気に進んでいきます!

梵天まつり

この青空を目掛け投げられているのが梵天です。道中このように空に向かって上下させながら進んでいくのも注目ですよ。

梵天まつり

無事着地。棒部分は竹でできているので、結構しなるんです。

梵天まつり

露店の立ち並ぶ梵天ゆず街道を羽黒山への入り口に向け進んでいきます。沿道には梵天を見ようと多くの方が集まっていました。

梵天まつり

こんな高く梵天が上がっちゃうんですよ。

梵天まつり

梵天と共に進むのは、米俵でできたお神輿。今里地区の皆様が先頭で進みます。

梵天まつり

周りには畑が広がり羽黒山への入り口も近づいてきました。ですがまだまだ梵天は投げ続けられ盛り上がります!

梵天まつり

こんなに投げられる梵天ですが、支える役も重要です。視点部分では布団が巻かれしっかりと担がれていますよ。

梵天まつり

梵天の後方を担うのは子どもたち。前方の上下の動きに合わせ、竹竿のしなりの調整を行っていました。

梵天まつり

さあ、羽黒山への入り口の一の鳥居へと到着しましたよ。鳥居をくぐったらここからは山道になりますが、鳥居の前でも盛大に梵天を投げ上げます!

梵天まつり

「ホイサ!ホイサ!」と一段と気合いが入りますね。

梵天まつり

そして鳥居の前で梵天を見守るのは獅子舞なんです。軽やかなお囃子が心地良いものでした!

梵天まつり

山中へと進んでいく梵天の姿と一緒に、お囃子の音色をどうぞ。

2つ目の梵天もやってきました。こちらは紫色の梵天です!

梵天まつり

半纏の色も紫で揃えられかっこいいですね。

梵天まつり

女性の皆様も加わり、空高く梵天を上げていきます!

梵天まつり

続いては緑色の梵天にも遭遇!

梵天まつり

赤い梵天もやってきます。角度が付いてかなり高くまで上がっていますね。

梵天まつり

梵天まつり

勢いよく投げ上げられていく梵天です。

梵天まつり

鳥居より高くも上げちゃいます!

梵天まつり

上げ終わったらそのまま鳥居をくぐり山頂へ。約1,600mの山道を進んでいきますよ。

梵天まつり

羽黒山神社での奉納

山中の道のりを進む梵天ご一行。先頭の今里の皆様が山頂近くまで登ってきました。

梵天まつり

ラストスパートはかなりの勾配がある坂道です。これは難所ですね。

梵天まつり

一歩一歩ゆっくりと、間違いなく登ってきます。

梵天まつり

坂道を登り切りました!羽黒山の標高は458mですが、この辺りまでくると関東平野を見渡す眺望も楽しめます。

梵天まつり

三の鳥居へと到着。この鳥居をくぐれば羽黒山神社はもうすぐそこです。

梵天まつり

こちらでも梵天を上げるんですね。これは盛り上がります。

梵天まつり

赤いのぼりの連なった参道を進み、まもなく羽黒山神社へ。

梵天まつり

長い道のりを進んできた梵天が、羽黒山神社の社殿前へと到着しました!たくさんの見物客が先回りして来ており、梵天の到着を出迎えましたよ。

梵天まつり

無事到着した梵天ですが、この後どうするかというと立てられるんです。長い梵天なので男衆が一致団結しないと立てられないのですが、ぐわーんと持ち上げ上手に立てて無事奉納が済まされました。

梵天まつり

梵天の奉納が終わると、続いては縁起物撒き。祝い餅をはじめお菓子等が撒かれ、これは見物客の皆様も嬉しいですね!

梵天まつり

最後には社殿の前でお祓いや祝詞奏上等の神事が行われていました。

梵天まつり

ちなみに社殿横の社務所では、お祭りに合わせた限定御朱印の頒布も実施されていたんです。これは要チェック。

梵天まつり

露店もたくさん

梵天の通り道だった梵天ゆず街道には、たくさんの露店がお祭りに合わせて出ているんです!バナナチョコやじゃがバター等のお祭りグルメも楽しめますよ。

梵天まつり

道に沿ってたくさんのお店が連なり、いろんなお祭りグルメが味わえそうですね。

梵天まつり

北関東のお祭りといえば「煮いか」が定番ですが、上河内でもその姿を見ることができます。良い香りを漂わせていて、常に人が集まる人気のお店でした!

梵天まつり

ボールすくいのような遊べる露店もあり、こちらを賑わすのは地元の子ども達。

梵天まつり

そして上河内周辺は柚子が有名なんだそうですが、朝採れの柚子が販売されているというのも地域性がありますね。また柚子と一緒に並ぶのは朝採れの白菜。この二つを合わせて買って帰れば、鍋が作れそうなところ。

梵天まつり

アクセス

■上河内地区まで

・宇都宮駅より車で30分。上河内地区に複数の無料駐車場が設置されていますので、「上河内地区まちづくり協議会」のホームページでご確認ください

■上河内地区から羽黒山神社まで

・上河内地区市民センターより周回バスが運行(羽黒山頂への道はお祭りに際して通行止めになっていますので、羽黒山神社へ行く際はこちらの周回バスをご利用ください)

 

毎年11月第三土曜日とその翌日に二日間で開催されている「羽黒山梵天まつり」。勇ましく進む梵天の姿を見に、ぜひ上河内へ来てみてください!

梵天まつり

祭り開催情報

名称 羽黒山梵天祭り
開催場所 栃木県宇都宮市今里
羽黒山神社及び今里町地内
開催日 2023年11月18日(土)、2023年11月19日(日)
アクセス JR宇都宮駅から関東自動車今里・玉生車庫行きバスで40分、今里下下車、徒歩5分
関連サイト https://www.mapple.net/spot/9000455/
https://www.utsunomiya-cvb.org/touris...
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事