Now Loading...
マツログ

カラフルに映える、富山の春の風物詩!となみチューリップフェアの魅力とは?

カラフルに映える、富山の春の風物詩!となみチューリップフェアの魅力とは?

「となみチューリップフェア」は、国内では規模が最高峰に高い300品種、300万本から構成されるチューリップのフェスティバルです。祭りの期間中は、フラワーファッションショーなど色々なイベントも計画されています。

なぜ砺波市がチューリップ?

皆さんは、砺波市がチューリップフェアを開催するほど、チューリップとなぜ深い関係にあるのかをご存じですか?砺波市とチューリップの関係の歴史は実は古く、2017年には県産チューリップの球根栽培が100年目を向かえたほどです。
今から100年ほど前にチューリップの栽培を始めたのが、東砺波郡庄下村(現在の砺波市)の水野 豊造(ぶんぞう)氏です。大正7年(1918年)、水野さんは、チューリップの球根を購入し、商品にするにはどうすればいいのか試行錯誤をしていました。
これを切花として商品化したところ、そのころの日本ではまだ目新しかったことから、高値で売れ、球根も併せて売ってみたところ、種苗商が高く購入したことから、本腰を入れてにチューリップ球根の栽培にとりかかるようになったとのことです。やがて、チューリップ球根の栽培、販売、輸出と全般的にチューリップと関わるようになり、「チューリップの父」と呼ばれるまでになりました。

となみチューリップフェアの見どころとは

このお祭りでは300万本ものチューリップが咲き誇りますが、その中でも特におすすめなのが「花の大谷」です。富山県といえば、「雪の大谷」が有名ですが、こちらはその雪の大谷をイメージして作られた花の大谷になります。道の両側にできたチューリップの壁は圧巻です。

また「水上花壇」もおすすめです。水上に浮かぶチューリップの花壇はなんだかとても幻想的です。

チューリップのことをもっと知りたい方には、「チューリップ四季彩館」はいかがでしょうか?原種系や変わった咲き方のチューリップを展示しており、ひと味違ったチューリップを楽しんでいただけます。

となみチューリップフェアの基本情報

・開催日時:2019年4月22日(月)~5月5日(日)
8:30〜17:30(最終入園は17:00)
・開催場所:砺波チューリップ公園
・料金:大人(高校生以上)1,000円(団体20名様以上 900円)、小人(小・中学生)
300円(団体20名様以上 200円)、小学生未満無料
・アクセス:北陸自動車道砺波ICから車で約5分、JR城端線砺波駅から徒歩約15分(無料シャトルバス・タクシーで5分)
・駐車場:約3,700台(駐車場整理料:普通車500円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円)

 

ゴールデンウィークは青柏祭や福野夜高祭など、富山県内のお祭りが盛んです。他のお祭りと合わせて楽しむのも一興ですね。

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい