Now Loading...

筑波山ガマまつりが開催中!スタンプの捺し巡りで完成するオリジナルの御朱印

更新日:2021/10/15 obaq
筑波山ガマまつりが開催中!スタンプの捺し巡りで完成するオリジナルの御朱印

2021年は10月1日~11月30日に開催される「筑波山ガマまつり」

各地で開催されるオマツリの会場などには、屋台が軒を連ねることがよくあります。店先から威勢のよい声が聞こえると、商品に視線が向いてしまうものです。茨城県の筑波山では、ガマの油売り口上の伝統が生まれました。例年8~9月には「筑波山ガマまつり」が開催されていますが、2021年は新型コロナウイルス感染症の影響で、10月1日~11月30日に時期を変更して実施されています。

つくば市に聳える筑波山

2021年の「筑波山ガマまつり」は「ケロロ軍曹」とのコラボ

「筑波山ガマまつり」と「ケロロ軍曹」のコラボステッカー

江戸時代からの伝統が受け継がれる筑波山のガマの油売り口上

筑波山のガマの油売り口上は、「さあさ、お立ち会い。ご用とお急ぎでない方は、ゆっくりと聞いておいで」で始まります。「正調筑波山がまの油売り口上」は1769年頃から受け継がれています。永井兵助が初代の名人に任命されて以来、20代にわたって名調子が語られます。つくば市の地域無形民俗文化財の第1号に認定され、筑波山ガマ口上保存会が組織されています。

ガマの油売り口上の案内

筑波山で販売されるガマの油

筑波の名物としてすっかり定着したガマの油やガマの焼物

ガマの油は江戸時代から傷薬として利用された軟膏です。口上によるとガマガエルは、「鏡の前におくとタラリタラリと油を流す」ようです。筑波の名物としてすっかり定着したガマの油は、口上で「前足の指が4本、後ろ足の指が6本。これを合わせましては、蟇鳴噪(しきめんそう)は四六のガマ」から油をとると解説されます。筑波山の周辺では、様々なタイプのガマの油が販売されています。筑波山の土産店には、四六のガマの焼物も豊富に並んでいます。

筑波山名物のガマの油

筑波山名物のガマの油

筑波山名物のガマの油

筑波山名物のガマの油

四六のガマの焼物

筑波山ガマまつり×ケロロ軍曹の捺し巡り御朱印

例年の「筑波山ガマまつり」では、ガマの油売り口上の公演が行われるのですが、2021年10月上旬は見合せとなっています。メインイベントの「筑波山がまレース」も中止となりました。カエルの被り物を頭に着けて筑波山の門前通りを駆け上がる写真を眺めれば、例年の熱気を感じるとることができるでしょう。

例年の「筑波山がまレース」の様子

2021年の「筑波山ガマまつり」の最大の楽しみは、「筑波山ガマまつり×ケロロ軍曹・捺し巡り御朱印」です。御朱印用の台紙を購入し、筑波山中を歩きスタンプを捺してオリジナルの御朱印を完成させるのです。

「筑波山ガマまつり×ケロロ軍曹・捺し巡り御朱印」の案内

御朱印の台紙

スタンプ台

スタンプ台は筑波山神社の授与所横、ケーブルカーの宮脇駅、山頂駅など6か所に設置されており、各々のポイントには幟が立っています。

スタンプ台の設置ポイントに立つ幟

筑波山神社の授与所横のスタンプ台設置ポイント

筑波山神社のスタンプ

ケーブルカー宮脇駅のスタンプ台設置ポイント

ケーブルカー宮脇駅のスタンプ

ケーブルカー山頂駅のスタンプ台設置ポイント

ケーブルカー山頂駅のスタンプ

スタンプの押し方の案内

6つのスタンプが捺された御朱印

コマ展望台で味わう限定メニューやご当地グルメ

「筑波山ガマまつり」の開催日には、筑波山頂のコマ展望台のレストランには期間限定メニューの「ガマでんがく」が登場します。1日5食限定なので、間に合った人には幸運が訪れるかもしれません。他にも「つくば鶏親子丼」や「つくばうどん」などのご当地グルメを味わうことができます。屋上の展望台からは眼下に関東平野や霞ケ浦の眺望が広がります。

筑波山頂のコマ展望台

コマ展望台のレストラン

期間限定メニューの「ガマでんがく」

コマ展望台のレストランのメニュー

コマ展望台の屋上

コマ展望台の眼下に広がる関東平野や霞ケ浦の眺望

茨城県の筑波山では、江戸時代からガマの油売り口上の伝統が受け継がれています。例年8~9月に開催される「筑波山ガマまつり」は、2021年は10月1日~11月30日に時期を変更して行われています。筑波山中のスタンプ設置ポイントを巡り、オリジナルの「筑波山ガマまつり×ケロロ軍曹・捺し巡り御朱印」を完成することができます。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事