Now Loading...

「牛深ハイヤ祭り」日本の芸能を変えたハイヤ節|観光経済新聞

「牛深ハイヤ祭り」日本の芸能を変えたハイヤ節|観光経済新聞

2019年からスタートした、観光経済新聞のオマツリジャパンコラム記事連載!2020年も「お祭り」をフックに、旅に出たくなる記事の連載をして参ります!奇祭好き、ケンカ祭り好き、お神輿好き…等、様々なライターさんに記事を執筆いただく予定ですので、ぜひご覧ください♪(オマツリジャパン編集部)

日本の芸能を変えたハイヤ節

 熊本県天草市というと、「隠れキリシタン」という言葉が頭を過ぎるように、陸路でのアプローチは容易ではない。されど、大小120もの島々による入り組んだ地形は豊かな海産資源を育み、牛深(うしぶか)は、鹿児島と長崎、大阪を結ぶ海路の一大寄港地として、江戸から昭和にかけ、大変なにぎわいを見せた。

 この地に立ち寄る海の男たちを魅了したのが、「牛深ハイヤ節」という民謡だ。奄美地方の六調から影響を受けた早いテンポと、「サッサヨイヨイ」「ヨイサー、ヨイサー」という独特の掛け声や節回し、そして網ひきや櫓(ろ)こぎといった、港町らしい所作を伴う重心を低くとった踊り。情熱的な南国の雰囲気を持つハイヤ節を耳にすると、誰もが踊りださずにはいられない。

 「ハイヤ」とは、土地の言葉で南風を意味する「ハエの風」が変化したものとされる。風待ちの宴席をにぎわせたハイヤ節は、船乗りたちによって港から港へ唄い継がれ、日本各地で新たな芸能となった。「阿波おどり」や「佐渡おけさ」はみな「ハイヤ系民謡」と呼ばれ、北は北海道から南は鹿児島まで、その数は40以上に及ぶ。

 牛深では毎年4月の第3金曜から日曜までの3日間、「牛深ハイヤ祭り」が開催される。後半の2日間には祭りのメイン「ハイヤ総踊り」が行われ、色とりどりの衣装に身を包んだ3千人もの踊り子でにぎわい、港町は熱気に包まれる。総踊り前には踊り講習も行われ、一般客も「飛び入り丸」という踊りの連で参加することができる。土曜の晩には、ハイヤ節の原点である「座ハイヤ」というプログラムがある。振る舞い酒をたしなみながら、ござの上を自由な振り付けで踊る様は、かつての宴席を思わせる。

 「牛深三度行きゃ三度裸 鍋釜売っても酒盛りゃしてこい」という歌詞は、船乗りが活躍した時代だけのものではなく、21世紀になっても変わることはない。筆者のようにこの魅力に取りつかれ、次に丸裸にされるのは、あなたかもしれないのだ。

観光経済新聞のWEB版記事はこちら

祭り開催情報

名称 第49回牛深ハイヤ祭り【2020年11月21日延期・規模縮小開催・一部行事は中止】
開催場所 熊本県天草市牛深町
熊本県天草市 牛深ハイヤ大橋横芝生広場、牛深町商店街、牛深総合センター ほか
開催日 2020年4月17日(金)~2020年4月19日(日)
イベントにより異なる、詳細は要問合せ
主催者 牛深ハイヤ祭り実行委員会
アクセス JR熊本駅から産交バス天草(本渡)・下田温泉行きで2時間20分、本渡バスセンターで産交バス牛深市民病院行きに乗り換えて1時間27分、牛深港下車すぐ
関連サイト http://www.ushibuka-haiya.com/
https://www.mapple.net/spot/43000614/
大ちゃん/佐藤智彦
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
盆バサダー®︎
(盆踊りアンバサダー)/
踊り子/
着道楽/
大食漢/
大酒呑み

https://www.instagram.com/tomohikos/

あわせて読みたい記事