Now Loading...

桜の季節に『アート』な盛り上がりを 「weアートブロッサム」体験レポート

更新日:2021/4/12 タカハシコウキ
桜の季節に『アート』な盛り上がりを 「weアートブロッサム」体験レポート

アイキャッチ引用:weアートブロッサム

2021年3月27日、28日、文京区関口の神田川沿いにあるシェアスペース“我楽田工房”で、桜のお祭り「weアートブロッサム」が開催されました。

「weアートブロッサム」とは、毎年、桜の季節に早稲田・江戸川橋の飲食店や雑貨屋さんそして参加者の方々が集まって盛り上がり、その様子を『アート』とよんで楽しむ、春のお祭りです。

「weアートブロッサム」が開催された場所、“我楽田工房”はシェアスペースの名称。“はじまりをつくる”をテーマにボノ株式会社が活動しており、我楽田工房はイベントスペースやシャアオフィスとして開放、様々な人や企画の拠点としての役割を果たしています。

2日間行われた「weアートブロッサム」の概要は、速報レポートにてお伝えした通り。今回の記事では、出店したグループのより詳しい紹介や訪れた人々の様子をお伝えしていきます。

weアートブロッサム 出店グループ1
引用:weアートブロッサム

陽気な音楽で体を動かすリトミックコンサート、お昼はできたて料理を楽しんで!

「weアートブロッサム」の開始と同時に行われたのは、「春いっぱいのリトミックコンサート」。我楽田工房を拠点にに活動している“ぐり~んりとみっく”が開催したもので、音に合わせて体を動かすリトミックを親子一緒に体験する、特別なコンサートです。
2日間とも行われた「春いっぱいのリトミックコンサート」。訪れた親子さんたちはウキウキしてしまう陽気なリズムを、体を使って楽しんでいました。

お昼が近づくにつれギャラリーにあるキッチンからはいい匂いが香ってきます。1日目に販売されたのは“世界のお万菜”という多国籍料理を提供するレストランによる巨大な唐揚げ揚げやお弁当。2日目は我楽多工房でパン教室を行っている“Tsumugi”によるパンが販売されました。どちらのお料理も1時間と経たず売りきれるほどの大人気。多くの人がそれぞれのお料理を楽しんでいました。

weアートブロッサム 唐揚げ

weアートブロッサム パン販売

またギャラリーと長屋を結ぶ道路には、大手町や丸の内など主にビジネス街でオムライスの移動販売をしている“OmtRak”によるキッチンカーが出店。オムライスの大きな看板がお花見をしていた人たちを引き寄せます。

weアートブロッサム OmtRak

ハンドメイド、出張駄菓子、写真展 「weアートブロッサム」で2日間行われた3つのお店をご紹介!

一方の長屋では、「weアートブロッサム」の開催と共に、3つのグループが出店を開始。
ハンドメイドの商品を扱う“KACCHAN”では、手作りで作られたエプロンやお財布などが販売され、主に大人が訪ずれていました。特に一日目は、お花見をしていたお年寄りが多く訪れていた印象。「ステキだねぇ」など感嘆の言葉を漏らしつつ、商品を購入していました。

weアートブロッサム ハンドメイド

出張駄菓子屋さんの“taba project”は、昔なつかしのお菓子を出張形式で販売。縁日のような輪投げ遊びもおこなわれ、子どもたちは輪投げを終えても離れることなく、周りで遊び続けていました。その様子は、まるで資料などで見る昭和の光景。ながめているとタイムスリップしたかのような不思議な気持ちになってきます。

weアートブロッサム 出張駄菓子

weアートブロッサム 出店様子それぞれのスペースはお客さんで賑わっていました

最後に長屋で紹介するのは、早稲田・江戸川橋の飲食店“ワセエド”の様子を撮影した写真展。実はこの写真展は、筆者がスペースを借りて開催させてもらったもの。“ワセエド”はコロナウイルスや緊急事態宣言の影響から、今回の「weアートブロッサム」への参加を辞退していました。そこでなにかれらのためにできないかと、各店舗を回り、スタッフさんやお客さん様子を撮影。コロナ禍でもくじけず運営し、お客さんから慕われているお店の様子を写真い収め、展示しました。

weアートブロッサム 写真展

ワークショップで春にピッタリの思い出作り

午後になるとギャラリーでは、1日目に桜モチーフのキャンドルホルダーをつくる「ステンドグラス体験」、2日目には「アロマワックスサシェづくり体験」がそれぞれ行われました。

1日目のワークショップ「ステンドグラス体験」はガラス作家として活動しているGlass&Art MOMOさんが主催。花びらの形にカットされた色とりどりのガラスから好きなカラーを選び、はんだごてを使って組み立てていきます。参加した方々は、ガラスにきれいさに見とれたり、「はんだごてのデコボコ感があると味が出るね」とつぶやいたりして制作を楽しんでいました。

weアートブロッサム ステンドグラス ワークショップ1

2日目に行われたのは、Le Jardin Secretさんによる「アロマワックスサシェづくり体験」のワークショップ。アロマワックスサシェとは、キャンドルの材料として使うワックスに香を混ぜ板状に固めたもの。装飾を施すことも可能で、参加した方は桜のモチーフなど飾りつけをしていました。

weアートブロッサム アロマワックスサシェ

1日目2日目と行われたそれぞれのワークショップは16:30で終了。同時に第7回となった「weアートブロッサム」も終了となりました。

終わりに

地域の様々な人が集まってはじまりをつくり、育てていく「weアートブロッサム」。今年は例年と比べ規模が縮小されたものの、コロナ禍でも途絶えることのない繋がりの強さを実感じることができました。コロナウイルスの影響がどこまで続いていくのかは定かではありませんが、「weアートブロッサム」はきっとこれからも、早稲田・江戸川橋地域の『アート』をつくりあげていくことでしょう。来年の桜の季節はぜひ、「weアートブロッサム」に参加されてみてはいかがでしょうか?


引用:weアートブロッサム

タカハシコウキ
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
地域のお祭りやインタビュー、由来を調べるのが好き。いろんなお祭りを知りたいと思っています。

あわせて読みたい記事