Now Loading...

ハロウィンに国境なし!世界のハロウィンイベント・行事4選をご紹介

ハロウィンに国境なし!世界のハロウィンイベント・行事4選をご紹介

暑い夏が過ぎると、過ごしやすい秋の季節がやってきます。食べものやスポーツなど、秋には楽しいイベントがいっぱいありますが、近年、日本にもすっかり定着した感があるのが「ハロウィン」です。今回は、海外の本場5ヶ所のハロウィン・イベントをご紹介します。

ハロウィンとは?

古くはアイルランド・ケルト人の収穫祭にルーツを持つハロウィンは、日本の「お盆」的な要素を含んだ宗教行事でした。しかし現在では、アメリカを中心に賑やかで楽しい娯楽イベントとして世界に広まっています。

「ハロウィン=大晦日×収穫祭×お盆!? 不思議で不気味なハロウィンの秘密」記事はコチラ

世界のハロウィン・イベント5選を一挙ご紹介!

ここからは世界の代表的なハロウィン・イベントを4つピックアップしてご紹介します。

【アメリカ】全米最大級!サンタモニカの「ウェスト・ハリウッド・ハロウィン・カーニバル」

まず一つ目は、ロサンゼルス・サンタモニカ通りを数十万もの人がパレードする「ウェスト・ハリウッド・ハロウィン・カーニバル」です。

この全米最大級のハロウィン・イベントの見所は、なんと言っても参加者たちの派手なコスチューム。
この日を待ち望んでいた世界中のコスプレイヤーたちが、特殊メイクと思い思いの仮装で、街中を盛大に彩ります。

【アイルランド】ハロウィン発祥の地!ダブリンの「ブラムストーカー・フェスティバル」

次は、アイルランドの首都ダブリンで開催される「ブラムストーカー・フェスティバル」です。

「ブラム・ストーカー」とは、有名な怪奇小説「ドラキュラ」の作家の名前です。アイルランドの誇りである彼の名にちなんだハロウィン・イベントは、恐ろしくも心浮き立たせるような余情で、北国の晩秋を盛り上げます。

【メキシコ】ラテンアメリカのお盆!「死者の日」をオアハカで体験

メキシコの世界遺産都市・オアハカでは、10月末の「ハロウィン」と11月初めの「死者の日」が一緒になった行事が体験できます。いわゆる日本の「お盆」のようなものですが、さすがラテンアメリカだけあって、非常にカラフルで刺激的です。

生のシンボルである食物やマリーゴールドの花を捧げる一方で、死のシンボルである骸骨を笑い飛ばします。
お祭りや儀式を通して生きる喜びを強く再確認するという、非常にユニークなイベントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

💀🥀🖤 #死者の日#メキシコ#カトリーナ#Katrina#Mexico#lifeinjapan #usj#ユニバ #ポートレートモデル募集 Credit to @takasy_ht

Umi Mizuhara(@umy_7)がシェアした投稿 –

【ルーマニア】伝説のドラキュラ城でハロウィンパーティ!ブラン城の一夜

ルーマニアのブラショフには、「ドラキュラ」のモデルとされるヴラド3世の居城であった「ブラン城」があります。街も城も古き時代の面影を残し、とても美しい景観です。

この「ドラキュラ城」では、毎年ハロウィンパーティーが催され、世界中から熱心なファンが集まります。
晩秋の古城での奇怪かつ幻想的な一夜は、一生忘れられない印象を残してくれるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ルーマニア #ブラン城 #ドラキュラ城 #🧛‍♂️ #brancastle #draculascastle #rumania #🇷🇴

N.Hatori(@hatori97746)がシェアした投稿 –

まとめ

今回は、世界の面白いハロウィンイベント・行事をご紹介しました。知るだけでも楽しいですが、実際に足を運んでリアルな雰囲気を味わってみると、素敵な思い出を作ることができるかもしれませんね。

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事