Now Loading...

【くりはま花の国ウィンターイルミネーション】夜空に浮かび上がるゴジラ

更新日:2020/12/25 obaq
【くりはま花の国ウィンターイルミネーション】夜空に浮かび上がるゴジラ

イルミネーションで輝く市民の憩いの場

神奈川県南東部の三浦半島に位置する横須賀市は、東京湾の入口にあたるため江戸時代から国防の拠点とされていました。戦後もアメリカ海軍が駐屯地を設けていますが、倉庫の跡地を整備して「くりはま花の国」が造園されました。市民の憩いの場となった「くりはま花の国」は例年、年末にはイルミネーションで彩られます。2020年12月5日~2020年12月27日には、「くりはま花の国ウィンターイルミネーション」が開催されています。

2020年の「くりはま花の国ウィンターイルミネーション」のポスター

入口で輝く「くりはま花の国ウィンターイルミネーション」の案内

入口広場に設置されるステージ

「くりはま花の国ウィンターイルミネーション」のメイン会場となるのは入口広場です。春秋にはポピーやコスモスの花が季節の彩りに染めるポピー・コスモス園が接する南面には円形のステージが設置され、ツリーやサンタクロース、トナカイがイルミネーションで輝きます。

入口ゲートとポピー・コスモス園を結ぶ光の通路

秋にコスモスが季節の彩りに染めるポピー・コスモス園

入口広場の南に設置された円形のイルミネーション・ステージ

入口広場の南に設置された円形のイルミネーション・ステージ

イルミネーションで輝くツリーやサンタクロース、トナカイ

入口広場の東の斜面もイルミネーションで装飾されます。

入口広場の東斜面のイルミネーション

入口広場の東斜面のイルミネーション

入口広場の東斜面のイルミネーション

冬季の夜はひっそりと静まり返るポピー・コスモス園沿いの園路はイルミネーションで照らし出され、なだらかな坂道を上って冒険ランドに向かうことができます。

イルミネーションで照らし出される園路

独特の色彩のコントラストで夜空に浮かび上がるゴジラ

冒険ランドには全長約10メートルのゴジラが姿を現します。背中を滑り台となっているのです。日中には歓声をあげる子ども達で囲まれるゴジラは、年末年始の夜間にはライトアップされ、夜空にくっきりと浮かび上がります。青と赤の色彩のコントラストがとても印象的です。

背中が滑り台となっている冒険ランドのゴジラ

ライトアップされるゴジラ

ライトアップされるゴジラ

ライトアップされるゴジラ

イルミネーションで彩られる久里浜商店街

「くりはま花の国」は、JR横須賀線と京急線の久里浜駅から南に1キロあまりです。久里浜駅から南東に延びる商店街の左右にもツリー状のイルミネーションが設けられています。

久里浜駅から南東に延びる商店街

久里浜駅から南東に延びる商店街

神奈川県横須賀市の「くりはま花の国」は、一年を通して季節の花で彩られます。年末の夜はLEDのイルミネーションで輝きます。冒険ランドのゴジラも豊かな色彩でライトアップされます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

日本の行事・風習

あわせて読みたい記事