Now Loading...

山形市初市【2021年新型コロナ対策有。※要HP確認】

次回開催日未定
2021年1月10日(日)  【次回開催予測:2022年1月中旬頃】
山形県山形市十日町~七日町

江戸時代初期から続く伝統行事で、商業の株を象徴しての「かぶ」、長寿を表す「白ひげ」などの野菜、初あめ、団子木の縁起物や、臼、杵、まな板などの木工品、家庭用品などの露店が立ち並ぶ。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

祭りに参加するには

2021年

※山形市初市では、新型コロナウイルス感染対策として来場者のマスク着用及び消毒、検温を実施いたします。

※山形市初市では、新型コロナウイルス感染対策としてご来場のお客様に次の通り「お願い」と「お知らせ」がございます。
●会場に7か所の入口を設けますので、入口からのご入場をお願いいたします。
●マスクのご着用をお願いいたします。※着用されていない方のご入場はお断りさせていただきます。
●検温と体調確認のご協力をお願いいたします。
※37.5℃以上の発熱等の症状がある場合は入場をお断りさせていただきます。
●手指消毒の徹底をお願いいたします。※アルコール消毒液を会場入口に設置しておりますのでご利用ください。
●山形県の「新型コロナ対策パーソナルサポート」を登録したうえで来場にご協力をお願いいたします。なお、複数名で来られる際は代表の方1名の登録をお願いいたします。
画像※山形県で作成したLINEを利用したシステムであり、 右記のQRより登録願います。仮に初市会場にて新型 コロナウイルス感染症の感染発生が疑われる場合に、 山形県よりLINEメッセージが届きます。

歴史・由来

初市の起源 は、最上義光公治世の当時、山形には定期の市が立つ市日町があり、それらの市の中心として十日町に「市神(いちがみ)」が祀られた、毎年1月10日に市神祭りとして十日町から七日町にかけて縁起物をはじめ様々なものを売る多くの露店が立ち並ぶようになったのが始まりといわれる。

豆知識

主な販売物
縁起物(初飴、かぶ、白ひげ、団子木、船せんべい、だるま等)
木工品(まな板、臼、杵、はしご等)
野菜、穀類

みんなの投稿

祭りの思い出を投稿しよう

このお祭りはまだ投稿はありません。
お祭りの感想や写真、応援メッセージなど、投稿してみませんか?

このお祭りの写真

このお祭りの写真はまだ投稿されていません。
このお祭りの写真をお持ちでしたら、投稿してみませんか?

このお祭りの記事

インフォメーション

名称 山形市初市【2021年新型コロナ対策有。※要HP確認】
開催場所 山形県山形市十日町~七日町
山形市 十日町・本町・七日町大通り
開催日 2021年1月10日(日)
※10:30~17:00 ※交通規制/9:30~18:30
【次回開催予測:2022年1月中旬頃】
アクセス JR山形駅から徒歩15分
関連サイト https://www.yamagata-cci.or.jp/user/e...
http://www.kankou.yamagata.yamagata.j...
最終更新日:2020年12月4日(金)16時45分
※ 最新の情報ではない可能性があります。お祭りへ行かれる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等が変更や誤記などにより実際と異なる場合がありますのでご留意ください。

こちらもオススメ

このお祭りの特徴