Now Loading...
蛭川の杵振り花馬祭り
蛭川の杵振り花馬祭り
Posted by オマツリジャパン
このページはオマツリジャパンが編集しました。 このお祭りの主催者で編集をご希望の方は「オマツリジャパンリーダーズ」にログインしてください。(登録無料)
蛭川の杵振り花馬祭り

蛭川の杵振り花馬祭り

2019年4月13日(土)~2019年4月14日(日) 【次回開催予測:2020年4月中旬頃】
岐阜県中津川市

どんな祭り

【祭り前夜祭】
 蛭川カラオケ発表会      13:00~  蛭川公民館(蛭子座)
 手筒花火打ち上げ(恵奈手筒会)19:30頃~ 安弘見神社境内

6:00~10:30 各種みこし(青年・子ども・厄年・花)が出発
10:00 神事(安弘見神社)
11:00 神楽舞(安弘見神社)
12:20 杵振り出発(蛭川総合事務所前)
13:40 神馬・花馬出発(蛭川総合事務所前)
14:40 杵振り神社到着
15:30 杵振りクライマックス
16:10 神馬・花馬駆け上がり花取り
16:20 餅投げ

みんなの投稿

まだ投稿はありません。お祭りの感想や写真、応援メッセージなど、投稿してみませんか?

このお祭りの写真

まだ写真はありません。このお祭りの写真をお持ちでしたら、投稿してみませんか?

歴史・由来

杵振り祭りの由来と伝承
杵振り踊りは、五穀豊穣を願って踊ってきたものと伝えられ、臼を思わせる笠と穀物をつく杵はこの願いに最も密接につながっている。
踊り子は厄年を迎えた数え年25歳の若者が「役もの」と称する稚児、天狗、おかめ、ひょっとこ、蠅追いをつとめ、役に厄をかけている言葉づかいが面白い。
祭りのクライマックスは、大獅子の「洞入り」と言い、踊りつかれた獅子が太鼓の乱れうちで一旦倒れる。天狗が柄杓で水をかけてやり、踊り子は互いに笠を叩き破りあう、獅子は蘇生し、踊り子は隊列を整え社前に登っていき、踊りの奉納を終える。神馬・花馬の駆け上がりで杵振り祭りは終了する。  

インフォメーション

名称 蛭川の杵振り花馬祭り
開催場所 岐阜県中津川市 蛭川1033-1
開催日 2019年4月13日(土)~2019年4月14日(日)
【次回開催予測:2020年4月中旬頃】
主催 杵振り花馬祭り奉賛会
アクセス 恵那駅からバスで35分
安弘見神社前下車から徒歩で1分
恵那ICから車で20分
関連サイト http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/b...
最終更新日:2019年3月26日(火)14時53分
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等が変更や誤記などにより実際と異なる場合がありますのでご留意ください。