Now Loading...
マツログ

オマツリジャパンが選ぶ2018年のお祭り総集編ベスト5!奇祭編

オマツリジャパンが選ぶ2018年のお祭り総集編ベスト5!奇祭編

いろいろあった2018年、オマツリジャパンのスタッフがが勝手に選ぶお祭り総集編ベスト5!オマツリジャパンのメンバーもみんな大好き!シュールな「奇祭」のお祭りをまとめました!

1.松明あかし

高さ10m重さ3トン巨大松明が30本!もはや大火事のようなダイナミックファイヤー系奇祭!福島県で420年続く歴史ある日本三大火祭りのひとつ!

戦国時代、伊達藩から須賀川城を守ろうと戦死した多くの人々の霊を弔う為にはじまったお祭りです。

この火祭りは松明がとにかく巨大で、その大きな松明30本を1.5kmの道中ずっと人力で運び多くの人の力で松明を立てます。1本直立するたびに観客からは歓声が湧き上がります。

火を灯された巨大な30本の松明は、秋の夜空が昼のように明るくなるほど燃え盛り息をのむ程の大迫力です。

開催:毎年11月の第2土曜日
場所:福島県須賀川市
神社:岩瀬八幡神社、二階堂神社

松明あかしの開催情報はこちら

2.悪態祭り

悪態をつきながら山を登ったり、お供え物を奪いあったりする奇祭。

年末に鬱憤晴らしてスッキリしたい方にオススメ!このお祭りは、不満を吐き出すというガス抜きの意味あいや、悪霊や疫病を退治するといった様々な説があります。

観客達は白装束を着た13人の天狗に「バカヤロー」など普段言えないような罵詈雑言を浴びせまくります

お供え物を手に入れると幸運が訪れるとも言われていて、ふもとから山頂の神社に着くまでに16ヵ所の祠で、神官が奉納したお供え物を奪いあいます。

開催:毎年12月の第3日曜日
場所:茨城県笠間市
神社:飯綱神社

悪態祭りの開催情報はこちら

3.かなまら祭り

今や世界中から人が集まる、言わずと知れたピンクのお神輿が有名な奇祭。境内や周辺で販売されている「子宝飴」も有名。

「でっかいまーらー」「かなまら」という掛け声と共に、女装者たちがピンクの”あれの形”をした「エリザベス神輿」を担ぐという異様な光景が、世界的に有名なお祭りです。

性病除け、子宝、安産、商売繁盛、など性に関するあらゆるご利益があるとされているます。

若宮八幡宮内にある金山神社の祭神は、本来「ふいご(鉄などの金属の精錬で使う道具)」の神でした。「ふいご」の動きが男女の営みを連想させることから、江戸時代の川崎宿の娼婦達が性病除けと商売繁盛を祈願して神社を訪れるようになり、性の神様として崇められるようになったのです。周辺の露天はまるで出張秘宝館のようで必見です。

開催:毎年4月の第1日曜日
場所:神奈川県川崎市
神社:若宮八幡宮内金山神社

かなまら祭りの開催情報はこちら

4.日向ひょっとこ祭り

約2千人のひょっとこと、おかめときつねがキレのある腰つきで踊りまくる、世にも奇妙な奇祭。全国各地からひょっとこ踊り愛好家が集まる宮崎を代表するお祭りのひとつです。

このお祭りは、子宝祈願のため農夫婦がお稲荷様にお参りしたことから始まった「ひょっとこ踊り」が由来で、昭和59年から開催されています。

参加者がコミカルなお面をつけ、赤い着物に白いふんどし、豆絞りの手ぬぐいを被り、ユーモアなキレのある踊りで街を練り歩く様子は思わず笑いを誘います。

前夜祭では最も表現力のある踊り手を決める、ひょっとこ踊り個人戦も見どころです。

開催:毎年8月第1土、日曜日
場所:宮崎県日向市上町(駅前周辺)

日向ひょっとこ祭りの開催情報はこちら

5.セルフ祭

セルフ祭

シャッター商店街の活性化のために始まった、平成の奇祭。非常にカオスなお祭りとして徐々に認知度が上がっている。

「自由に参加し、自由に楽しむ」というコンセプトのもと行われている、誰でも参加可能な21世紀型のお祭りです。常識を逸脱した感性を持ったアーティスト達が繰り広げるパフォーマンスは見応えがあります。

お祭りの内容は、開催の儀式「ふんどしテープカット」から始まり、「人並べの儀式」「仮装散歩」「UFOの儀式」「インド相撲」など独特な世界観で、なんとも奇妙なお祭りとなっています。貸衣装もあるので是非参加して、思いっきり頭おかしくなってみてはいかがでしょう。

開催:未定
場所:大阪市浪速区(新世界市場)

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい