Now Loading...

荒川自然公園をピンク、白の桜が飾る!アスレチックなど子供の遊び場も充実

更新日:2021/5/1 高橋 佑馬
荒川自然公園をピンク、白の桜が飾る!アスレチックなど子供の遊び場も充実

荒川自然公園の桜

荒川区の中央部にある荒川自然公園。多くの樹木や花が植えられ、季節ごとの景色を楽しめる公園となっています。新春の時期には梅や山茶花、夏に向けてはアジサイや水仙、秋にはバラなどが楽しめ、春真っ盛りの4月には桜が咲き誇ります!

荒川自然公園

公園へ入ると、早速出迎えてくれるピンク色の桜!緑の木々の中に紅一点、映えますね!

荒川自然公園

公園一面が、ピンク色に包まれて春の装いです。

荒川自然公園

こちらはソメイヨシノでしょうか?桜並木の通りもありました!

荒川自然公園

荒川自然公園

咲きはじめの桜も美しいですね!新しい季節が到来する、勢いを感じさせてくれます。

荒川自然公園

荒川自然公園

アクティビティの場も充実

荒川自然公園は桜が見れるだけでなく、お子さんと来ても楽しい遊び場が充実!

まずは白鳥の池です!ビオトープのような、水辺の生き物に出会えるかもしれません!

荒川自然公園

続いては、西洋式ガーデン。こじんまりとしてますが、散策にはちょうど良いかもです!

荒川自然公園

お次はアスレチックコーナー!木を使ってつくられたアスレチックや滑り台など、充実の遊び場となっています!

荒川自然公園

この他にも広場や昆虫観察園(夏場にはカブトムシが登場!)やオオムラサキ観察園など、自然を感じられる施設があります。季節ごとの見どころは、荒川自然公園のホームページで情報が発信されていますので、ぜひチェックしてみてください!

荒川自然公園ホームページ

下水処理発祥の地

ご紹介してきた荒川自然公園ですが、下水処理発祥の地にある公園なのです!しかも下水処理場は現役。1922年(大正11年)に誕生したこの施設は三河島水再生センターと名前を変えて、なんと荒川自然公園の下で稼働しています!

荒川自然公園

下水を処理する施設の上につくられた、荒川自然公園。その北部では水を処理している様子が眺められる場所があります。

荒川自然公園

水を再生している側には桜並木があり、美しく咲いていました!

荒川自然公園

アクセスは都電荒川線で!

荒川自然公園へのアクセスは、さくらトラムと呼ばれる都電荒川線が便利!公園北部から来る際は荒川七丁目駅、南部から来る際は荒川二丁目駅が近いです。両駅からとも荒川自然公園の桜が見え、電車と桜の競演を楽しむことができます!

荒川七丁目駅は、三ノ輪方面へ発車した電車が桜並木に向かって進んで行きます。

荒川自然公園

荒川自然公園

荒川二丁目駅は、線路に並行して桜並木が続いています。

荒川自然公園

荒川自然公園

四季折々の自然が楽しめる荒川自然公園。春には桜スポットになり、遊び場も充実の環境です。さくらトラム(都電荒川線)と桜の競演を楽しめる貴重な場所でもあるので、ぜひ桜の時期に来てみてください!

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事