Now Loading...

キリストは東北で106歳で天寿をまっとうした?! キリスト祭と五輪の意外な関係とは?

キリストは東北で106歳で天寿をまっとうした?! キリスト祭と五輪の意外な関係とは?

五輪もいよいよ大詰め!というわけで今回は奇祭の中でも最もオカルトじみており、また実は五輪とも関係が深い!?とされる「キリスト祭」についてご紹介します。一説によると、あのムー公認の「オカルトかるた」にも登場するらしいですよ。

キリスト祭とは?

キリスト祭とは、東北の地で一生を終えた(?)とされるキリストの御霊を慰めるために行われる奇祭中の奇祭です。1964年から青森県の新郷村で開催されています。同村には、ひそかに日本へ渡ったイエス・キリストが天寿を全うしたという説があり、実際、キリストの墓だとされる「十来(とらい)塚」まであるのです。慰霊祭は朝10時から行われ、全90分程度。その内容は何と、神道式! 神官による祝詞奏上、玉串奉奠、獅子舞、ナニャドヤラ(この地方に伝わる盆踊り)の奉納という和風テイスト満載の形式で執り行われます。

キリスト祭に行くには?

キリスト祭が行われる「キリストの里公園」の住所は、三戸郡新郷村戸来字野月33-1で、八戸駅から車で60分。控え目に言ってもアクセスが良いとは言えません。朝早くから始まる祭りなので、参加するには前泊も視野に入れたほうがよいでしょう。

「キリストっぷ」で買えるグッズとは?

キリストの里公園には、ミニストップならぬ「キリストっぷ」も設置。記念にマストバイの「キリスト祭」タオルほかTシャツやキリスト聖米などのキリスト関連グッズが購入できるほか、キリストラーメンも味わえます。

キリスト祭と五輪の関係とは?

え? 最初に言っていたキリスト祭と五輪の関係はどうなったのかって? フフフ。実はヒントはすでに出ていたのです。第1回キリスト祭が行われたのは1964年。勘のいい読者ならもうおわかりでしょう。そう。1964年は東京五輪が行われた年。キリスト祭は、東京五輪に合わせ、村の伝承を基に始まったのです。2021年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、関係者約10人で小規模ながらキリスト祭を実施。その際、1964年の第1回キリスト祭で配布したタオルが復刻販売されました。

いかがでしたか。今回のキリスト祭。信じるも信じないも、あなたの御心のままに。それではまた、次の奇祭でお会いしましょう!

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
奇祭ハンター、奇酒ナビゲーター。「毎月奇祭」を目標に奇祭旅を行い、レポートやお祭り情報、お酒の情報を挙げています。

あわせて読みたい記事