Now Loading...

コストコのマスカルポーネロールはなぜ人気?実食レビュー!

コストコのマスカルポーネロールはなぜ人気?実食レビュー!

\毎月12日はパンの日!/

毎月楽しみなこの日に向けて、人気パン×お祭りを紹介していくシリーズ。今回はコストコの「マスカルポーネロール」と、チーズにちなんだお祭りをご紹介します。

マスカルポーネロールって何?どうして人気なの?

コストコで買える「マスカルポーネロール」は、ふんわりした生地に爽やかなマスカルポーネチーズの風味が特徴の、手のひらサイズのロールパンです。

1袋に36個も入って値段は税込み698円。1個あたり約19円という驚きのコスパの良さです。

消費期限は製造日から3日くらいと短めですが、冷凍保存が可能。そのため、毎日の朝ごはんやランチに、そのまま食べたりオープンサンドやパングラタンにアレンジしたりと、美味しそうでおしゃれな写真がSNSにあふれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kappo(@kayoppe0429)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

yoshie.h(@fuukisa)がシェアした投稿

味・コスパ・映えと、マスカルポーネロールは人気パンに必須の3条件をすべて満たしているようですね。また、たくさんの人が様々なアレンジを楽しんでいます。オマツリジャパンでも、大流行中の「マリトッツォ」が作れるか再現してみたので、その様子はこちらの記事をご覧ください。

では、いよいよ「味」の人気の真価を探るべく実食してみます!

注目のお味は?実食レポート!

コストコでは大きな透明のビニール袋に無造作に詰められ、これぞアメリカ!という雰囲気で売られています。予想以上に大きな袋の中に、36個のロールパンがぎっしりです。

パンの大きさは、全部のパンがおおむね握りこぶし大。でも、日本のよくある1袋6個入りのロールパンのように形がきれいに揃ってはいず、少しずつ違っていて個性的です。そこがまた味がありますね。

こちらはディナーロールのパッケージ。見た目では区別がつきません…!

実は、コストコには「ディナーロール」という、こちらも大人気の定番パンがあります。やはり大きなビニール袋に36個入りで売られていて、まるで姉妹パンといえるほど形も大きさもそっくりなので、買うときに注意が必要かもしれません。

はっきりした違いは、ディナーロールのほうが税込み458円なので、240円安いこと。
実はオマツリジャパンでは両方を買っていて、食べてから気づいたのですが、マスカルポーネロールのふんわりと柔らかい食感に対して、ディナーロールはどちらかというともちもちとしている、そこも大きな違いです。

半分に切って見比べてみたら、その証拠がはっきりと断面に!

左がマスカルポーネロール、右がディナーロールの断面

マスカルポーネロールには、大きな気泡がいくつもあって、ディナーロールのほうは生地が密に詰まっています。抱き込んでいる空気の量の違いが、そのまま食感に表れているんですね。

実際に食べてみた感想は?

オマツリジャパンメンバーで実食してみたら、いろいろな意見が!

コスパ最強のパン。ディナーロールに似た雰囲気ですが、こちらのほうが甘さがあり、バターが入ったコクや食感があります。チーズのクセはないのですが、少し爽やかな風味がありますね。(30代男性)

ディナーロールには入っていない、ブルターニュ産発酵バターが効果的!

見た目はディナーロールと変わらない?と思ったけど、生地にしっかりマスカルポーネが活きている!チーズらしいコクがあるのと、ミルキーなまろやかさが加わって美味しい!(30代女性)

コクと甘みがあって、ほのかにミルクが香るマスカルポーネの特徴がしっかり出ているんですね。

チーズがほのかに香る。香りが強すぎないので濃いチーズ味が苦手な自分でも満足できる味。(20代男性)

マスカルポーネは酸味が少なくて軽い質感のチーズ。苦手な人にもおすすめかも。

口に入れた瞬間、美味しい!と言ってしまいました(笑)うっすら甘く、優しい味。小さな子供のおやつにもおすすめ。(30代女性)

お子さんも喜ぶし、家族みんなで美味しくたくさん食べられそう。

ハムやジャムにも相性が良さそうで、何個でも食べられます。程よい大きさや、量が多いのでホームパーティーにもおすすめです。(20代女性)

他にも、朝食や食事にも合うし、カスタードやホイップクリームなど甘いものと合わせてスイーツアレンジにも使えそうといった声がたくさんあがっていました。色々なアレンジで幅広い美味しさが味わえそうですね。

チーズ以上に人が転がる奇祭!「チーズ転がし祭り」

©Dave Farrance

昔ながらの美しい田園風景が広がり、イギリスの中でも屈指の観光地となっているコッツウォルズ地方。その西側の街グロスターの近郊、クーパーズヒルで毎年5月のバンクホリデー(5月の最終月曜日)に開かれるお祭りです。

草っぱらの斜面に転がしたチーズを、参加者がただ追いかけるだけと内容はシンプル。しかし、スキー場なら上級者コースのようなキツイ急斜面を転がるチーズは、何と最高時速112キロ!追いかける参加者たちも駆け下りるどころか、ほとんどの人が勢いあまって転げながら落ちていき、毎年けが人が絶えない奇祭となっています。

「世界の果てまでイッテQ!」で宮川大輔さんがこの祭りに参加し、2位に入ったことで、ご存じの方も多いのではないでしょうか?

転がるチーズはマスカルポーネチーズではなく、地元で作られるセミハードタイプのダブルグロスターチーズというものですが、優勝した人はもらえるとか。残念ながら2021年は中止になってしまいましたので、来年の開催に期待です!

■開催日:毎年5月の最終月曜日
■場所:クーパーズヒル(イングランド)
https://www.facebook.com/cheeserolling

「チーズ転がし祭り」以外にも!驚きの「世界の奇祭」はこちら

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事