Now Loading...

大根まつり2選!お江戸の年末年始は待乳山聖天、最勝山上妙寺でご利益をもらおう!

更新日:2020/6/8 高橋 佑馬
大根まつり2選!お江戸の年末年始は待乳山聖天、最勝山上妙寺でご利益をもらおう!

大根まつりに行ってみよう!

2020年、新しい年を迎えましたが、年末年始に都内でご利益をもらえるお祭りを2つご紹介します。その名も「大根まつり」です!

大根!?と思った方がいるかもしれませんが、冬のこの時期は甘くみずみずしい大根が収穫できる旬の時期です。その大根にご利益が宿り、お祭りを行っているお寺が二ヵ所あります。待乳山聖天(まつちやま しょうでん)と最勝山上妙寺(さいしょうざん じょうみょうじ)の大根まつりをぜひご覧ください!

年始は浅草の聖天様へ

毎年1月7日に大根まつりを行っているのがこちら、浅草にある「待乳山聖天」です!1月7日は人日の節句として春の七草粥を食べる日でもありますが、その材料の一つ「すずしろ」が大根の葉と言うことからも大根に感謝する日なのですね!

待乳山聖天は浅草駅から北へ10分程度歩いた場所にある浅草寺の子院のお寺です。浅草寺と並び浅草名所七福神の一つに数えられていて、毘沙門天が祀られています。大根まつりの日は、特別に毘沙門天を拝観することができるのもチェックポイントです!

境内は大根だらけ!

大根まつりが行われるお寺と言うだけあって、境内は大根だらけです!

まずは社殿へと続く階段に大根の飾りがありました。

階段を登り切った先の提灯にも大根のイラストが!かわいらしい絵ですね。

もちろん赤提灯にも大根が描かれています!

境内を歩くと古い石碑がありました。こちらの奉献はなんと文政三年(1820年)!待乳山聖天と大根の関係には長い歴史があるようですね。

大根を紹介してきましたが、待乳山聖天の魅力は他にもあります!浅草に位置しながら隅田川沿いの小高い山の上にある待乳山聖天は、江戸時代には風光明媚な場所として知られていたようです。隅田川を一望できることから人気だったこの場所。現在同じ所から眺めてみると河岸整備でわかりにくくなってはいますが、隅田川とその側を走る首都高越しに東京の新名所・スカイツリーを望むことができます!

お供えされる大根と儀式

大根まつりと言うだけあって、お供えするものも大根です!境内ではお供え用の大根を販売しているので、チェックしてみてください。

大根のお供えはお祭り以外の日にも行われているのですが、大根まつりの日は一層多くの方がお供えしています。

本堂の前にはお供えされた大根がたくさん並んでいました!ちなみに前日にお供えされた大根は、聖天様のお下がりとして無料でいただくことができるのでチェックしてみてください。

さて、11時からは檀家の皆さまを中心に「大般若家内安全法要」が営まれます。住職さんが出てきました。

本堂に向けて階段を登っていく姿はどこか厳かです。たくさんの参拝客で賑わっていた境内も一旦ピシッとした雰囲気に包まれます。

大根を求めて長蛇の列

11時から30分の大般若家内安全法要が終わると、いよいよ大根まつりの目玉「ふろふき大根」のお振舞がはじまります!ご利益のある大根を食べられるとあって、朝から長蛇の列ができています!

列はなんと境内を通り越して、お隣の公園まで延びていました!2000杯のふろふき大根が振舞われるとのことですが、早めに並んでおかないとなかなかたどり着けないかもしれません。

ふろふき大根お振舞に先立ち、振舞酒のスタンバイが完了していました!

法要が終わり、11時30分をむかえました!ふろふき大根のお振舞がはじまります!

甘辛い柚子風味の味噌と合わせていただけるのが特徴的です!

ふろふき大根がお振舞されている間、境内の神楽殿ではお囃子の演奏などが行われています。

天狗の登場もありました!

年末は江東区の上妙寺へ

お次は昨年末に戻り、江東区東砂にある最勝山上妙寺の大根まつりを紹介します!

上妙寺のご本尊様は烏頭薩摩明王。なんでもトイレの神様・しもの守り神として知られているんだとか。そして、あつあつのふろふき大根には「寝たきりにならない」「しもの世話にならない」と言った力があると考えられており、毎年12月下旬に烏頭薩摩明王のご縁日に合わせて大根まつりが開催されています。

境内ではありがたいことに、しもの無病息災祈願を済ませた大根が販売されています!しかも無農薬!

“しも”つながりだからでしょうか?赤パンをはじめ、多くの下着が売られています。

アットホームに大根をいただけます

境内では随時ふろふき大根のお振舞が行われています!こちらは待乳山聖天とは違い、あっさりとした醤油味です。出汁の香りが境内を包んで食欲がそそられます!

1ついただきました。優しい味付けでおいしかったです!

境内は老若男女問わず、たくさんの方で賑わっていました。子ども縁日やお菓子教室などの子どもが楽しめる仕掛けもあるので、家族での参加もおすすめです!

大根まつり、いかがでしたでしょうか?お江戸の年末年始に大根からご利益をもらえるお祭り。大根がおいしく、ありがたい機会でもあるので、ぜひ次の年末年始は注目してみてください!

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事