Now Loading...

2022年の節分は、ほっともっとの恵方巻で3本食べ比べ!

2022年の節分は、ほっともっとの恵方巻で3本食べ比べ!

こんにちは。人一倍食いしん坊なライターのカワグチです。もうすぐ節分。この2月は以外と繁忙期というデザイナーさんも多いかと思います。しかも、フリーランスの方は確定申告の時期とも重なり現実逃避したくなることも。この記事では、そんな忙しいデザイナーさんにもオススメしたい、ほっともっとの恵方巻をご紹介します。手軽に節分を楽しめる、ほっともっとの恵方巻はいかかですか。

人気のお弁当が恵方巻に!

ほっともっと(恵方巻)お弁当の具材が巻かれた恵方巻

今回、ご紹介する恵方巻は、「のり弁巻」「からあげ巻」「チキン南蛮巻」の3種類。いずれも「ほっともっと」で大人気のお弁当を恵方巻にアレンジしています。「ほっともっと」のお弁当のおいしさをそのまま詰め込んだ恵方巻。これは、期待できますね。

ワンハンドで人気のお弁当を食べ比べ!

のり弁巻

ほっともっと(のり弁巻)のり弁巻 400円(税込) / ハーフ220円(税込)

ほっともっとの「のり弁当」のおいしさをそのまま詰め込んだという「のり弁巻」。白身フライ、チクワ天、きんぴら、おかか昆布、たくあんと具材も「のり弁当」そのものです。

ほっともっと(のり弁巻)

白身フライはしっかりと味付けされているため醤油は不要。コリコリとしたたくあんの歯ごたえ、もっちりとしたチクワ天とおかか昆布はどこか懐かしさを感じます。レギュラーメニューに加えて欲しい一品です。

から揚巻

ほっともっと(から揚巻)から揚巻 500円(税込) / ハーフ280円(税込)

から揚げを恵方巻にした、お弁当屋さんならではの「から揚巻」。具材は、から揚の他に,だし巻玉子、桜でんぶ、小松菜と油揚げの和え物とボリューム満点。桜でんぶの甘さが、から揚げの美味しさを引き立てます。

チキン南蛮巻

ほっともっと(チキン南蛮巻)チキン南蛮巻 500円(税込) / ハーフ280円(税込)

食欲が刺激される甘酸っぱいチキン南蛮と具沢山のタルタルソースの入った「チキン南蛮巻」。

ほっともっと(チキン南蛮巻)

甘酢がじんわりと染みこんだチキン南蛮と酢飯との相性もバッチリ!

節分とは?その意味を簡単に解説!

日本には古くから伝わる伝統的な行事がたくさんあります。「節分」もそのひとつ。節分とは、その文字の通り、春、夏、秋、冬の季節を分ける日のこと。正確には、新しい季節が始まる日の前日を意味します。つまり、本来節分は1年に4回あります。

では、春の節分のみを「節分」というのはなぜでしょうか。古くは立春を年の初め、その前日である春の節分は年越しの日と捉えていました。年越しの日である春の節分は、1年のなかで最も重要な日であったことから、いつしか春の節分だけを「節分」というようになったと考えられています。

↓↓↓ 詳しくはこちら ↓↓↓

まとめ

ほっともっと(恵方巻)

この記事では、「ほっともっと」から発売されているお弁当屋さんならではの恵方巻をご紹介しました。お仕事で忙しくゆっくり食事をとることができないデザイナーさんも、Macを前にしてワンハンドでかぶりつけるお弁当で節分を楽しみませんか。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事